エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレカシ日比谷野音2020 Blu-ray&DVD発売。今度こそは・・・。

  • めでたい!即買い。

Live Blu-ray & DVD「エレファントカシマシ 日比谷野外大音楽堂 2020」発売決定!

31年連続開催という前人未到の記録を更新し続ける、エレファントカシマシの“聖地”日比谷野外大音楽堂 2020を完全収録した映像作品のリリースが決定!
史上初のオンライン生配信も行なった同公演を、長年エレカシの映像を手がけている丹修一監督が改めて映像作品として、再編集し完全ノーカット収録。エレファントカシマシ各年代の名曲の数々が披露された本公演を完全収録!
完全受注限定生産となるデラックス盤は、メンバーを知り尽くしている友人のカメラマン岡田貴之氏撮影の100ページに及ぶ写真集ブックレットを収録。そして、さらにメンバー4人のインタビューを含む当日の貴重なドキュメントである日比谷野外大音楽堂 2020.10.04を収録したBONUS DISCがついたBOX入りスペシャルパッケージ仕様。

配信をリアルタイムで見て、その後のリピート配信が結局一度も見られなかったため非常に嬉しい。新春ライブもなく全体的に身体が「エレカシ不足」、エレカシを欲している。落ち着いて何度でも見たい(生放送だと配信越しとはいえドキドキしてしまう)。

当日の映像も良かったのに、丹修一さんが監督し再編集するとなると即買いでしょう。



  • けれども。

<<デラックス盤 【A!SMART/UNIVERSAL MUSIC STORE限定 完全受注生産】>>
※デラックス盤は、2021年2月8日(月)12:00(正午)までの予約限定商品です。
Blu-ray(2Blu-ray) PROS-4908 ¥8,800(税抜)   
DVD(3DVD) PROS-3907 ¥7,800(税抜)
・ライブ写真集(オールカラー100P)
日比谷野外大音楽堂 2020.10.04 (当日のドキュメンタリー映像)
デジパック仕様
スペシャルBOXケース

豪華版を出すのも嬉しいんだけれど、「完全受注生産」「○月○日までの予約限定商品です」と言っておきながら「アンコールプレス」という訳の分からないことをエレファントカシマシ「Wake Up」、宮本浩次「宮本、独歩。」の2度やっているので、今度もまたやるのではないかと勘ぐりしてしまう。
私は日常生活では(一応)会社員で、日々企画・売上・利益・今後の方針を考えざるを得ないけれど、そんなことは到底やれない。それをやってしまったらせっかく「初弾発売」(正式には完全受注生産・予約限定商品)の時に買って頂いたお客様から「おたくの会社はそういうことするの?もう信用出来ないよ」と言われてしまって、それに返す言葉がない。『目先の利益よりも、その先の信頼・信用』というのはどの商売でも基本のはずだけれど、この業界ではそういったことが通用しないらしい。
このことは前にも書いているので蒸し返したくはないけれど、私は上の経緯があるため(あとから気をもんだり、落胆したくない)Blu-rayの市販のモノを淡々と楽しみに買います。
orenomichi.hateblo.jp
・・・今読み返すと凄い悪態ついてますね。でも気持ちは変わらない。

昨日、文春オンラインで公開された(私は本当に文春が好きですね)、元公取委委員長のインタビューが非常に興味深い。
bunshun.jp

芸能界という場所においても「独禁法違反につながるおそれがある行為が存在する」とメッセージを出せた意味は大きかったと思っています。公取は市場における違反行為を摘発するだけが目的ではありません。あらゆるマーケットで公正な競争が行われるよう、誰かが思いのままに独占支配的な経済行為ができないよう、注意喚起する機関であると思っています。

芸能界は不思議なところで、スキャンダルも事務所の大小によって扱いが大きく変わってしまう。それがここ数年で一気に世の中に「可視化」されていて、案外その流れに気がついていないのが「芸能界の中の人」だと思っています。公取委という言わば霞ヶ関の行政機関によってそれらの慣習・勢力図が大きく変わりそうで、それらが良いことなのか悪いことなのかは今は分かりませんが、時代の節目にあることは確かだと思います。


  • 「宮本語録集」「エレカシ2021年カレンダー」も到着。

開けながら「そもそも最近グッズ売場に並んだこともないし、それ以前にライブに行っていないな」と感慨深く思い返してしまった。

f:id:mpdstyle:20210116190626j:plain

f:id:mpdstyle:20210116190632j:plain

カレンダーは11月の写真が好きだ。場所もそれとなく分かるようになっているので・・・、いやさすがに行かない。

ライブの前後、現場の熱気にやられ(思わず高い金額にも関わらず)並んで買ってねえ。今はクレジットカードも使えたりしてハードル下がってヤバいですよね(笑)。この間、役所に行って証明書を取ろうとしたらPayPayが使えた。それはどうでもいいですね。
今年の祝日はオリンピックをやる設定で変わってしまって、このカレンダーも遅めの発売だったので、もしかすると反映されるかなと思っていましたが、旧祝日だった。こういう制度があると余計紙の手帳やカレンダーでは無くてスマホタブレットのカレンダーに依存してしまいますね(さすが、そちらはもう反映されている)。
余談が過ぎました。次のライブ、エレカシ宮本浩次かは分からないけれど、いいデザインのタオルがあればそれを買って首に巻いて参戦しよう。今はただ待つだけだ。