エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「扉の向こう」を見ることが出来ない

昔は年に数回見て、4人の男達の生き様を見て自分を奮い立たせたりしていたけれど、昨年あたりからだろうか、見ることが出来なくなってしまった。

一番の原因は自分自身の年齢にあると思う。エレファントカシマシの4人、何より宮本浩次の撮影当時の年齢に達してしまった...。
画面の中の宮本浩次は激情的で、かつ繊細で、練習を好み、良い仲間を持ち、秘めた優しさを持つ男である。そして何より音楽、仕事への情熱があまりにも深い。それを自分と対比したときに恥ずかしささえ出てきてしまう。「こうも激烈に目の前のことにのめり込めるか?」「ここまで真剣勝負で仕事に向き合えるか?」、『扉の向こう』を見ると、そう問われているような気がして、心の中で避けているのかもしれない。

もう一つ理由を挙げるとするならば、作品の中でのエレファントカシマシの4人が極めて活動的であるからだと思う。宮本浩次のソロ活動が増している今、相対的にエレファントカシマシの活動量は外観上は低い。『扉の向こう』を見てしまうと、現状との違い、ギャップ、「15年前はこうだったのにな」という変な懐古が頭をよぎるということもある。
けれど、やはり理由の多くは「宮本浩次と同じ年齢になった」ということにあると思う。

この作品を劇場に見に行ってた頃は「十歳以上も年上の男達」をまるでヒーローを、それが大げさだとするならば良き兄貴達を見るような感覚で楽しめたのが、いつの間にかそんなことを言えなくなってしまった。
それならばまだ『エレファントカシマシ 25 years of the fighting men’s chronicle』の方が見ることが出来る、こう言っては言い訳になるけれど「まだ年上の男達」をそこに見ることが出来るからだ。


ただ、自分で言っておきながら、「見ることが出来ない」というのは悲観的すぎる。
そこには激烈に働いた結果、「上映後」さらなるキャリアハイを迎える男達がいる。ややもすれば「希望の轍」、それこそ「扉の向こう」が映っていて、『中年の良さを出してよ』と懸命に叱咤激励をした結果、その先には『町を見下ろす丘』そしてレコード会社を移籍してのヒット曲を生み出す男達がいる。努力の道筋、またはその結果が分かっている私たちにとっては決して厳しいフィルムでは無く、むしろ「希望に満ちた記録」のはずなのだ。

エレファントカシマシ 25 years of the fighting men’s chronicle』を監督した山下敦弘さんのトークショーで、何度か「言葉にすると安っぽいけれど」と口にしていたことを思い出す。きっと動画の中の男達は、激情や繊細、仲間といった一般的な言語化では表現しきれない空間を共有している人間なのだ。それらを記録した映画のはずだ。

orenomichi.hateblo.jp

考えすぎずに、週末は久々にこのDVDを見るとしよう。新しい何かが見えてくるかもしれない。

扉の向こう [DVD]

扉の向こう [DVD]

25 years of the fighting men’s chronicle 劇場版 エレファントカシマシ ディレクターズカット [DVD]

25 years of the fighting men’s chronicle 劇場版 エレファントカシマシ ディレクターズカット [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサル ミュージック
  • 発売日: 2013/11/20
  • メディア: DVD

宮本、独歩。(初回限定612バースデーライブatリキッドルーム盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定612バースデーライブatリキッドルーム盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤)(DVD付)

無敗の男 中村喜四郎 全告白

無敗の男 中村喜四郎 全告白

(今、読んでいる本。名前は深く覚えていたけれど、実際はとんでもない男だった...。)

宮本浩次、『夜明けのうた』『ハレルヤ』続々オンエア。

令和2年の1月も半分経ったばかりですが、この男はフル稼働。なにやら先ほどはPAOさんからも楽しげなメールが届いていましたね。

ガイアの夜明けは時によってその会社の株価やらイメージまでも左右してしまうのが面白い。
www.tv-tokyo.co.jp

2曲を聴いたばかりですが、個人的には『夜明けのうた』が先進的かつポジティブで好きです。けれど、どちらも音のみではなく、あくまで「主題歌」「エンディング曲」なので純粋に聞けないのがまだ先への楽しみを持たせているよう。

テレビ東京系だと全国では見られませんがYouTubeではアップしている人も居ますしテレビ東京ビジネスオンデマンドを使えばネットで見ることが出来ます。しかも初月は無料なので、やり方次第では実質タダで見られます。オンデマンドでも曲は流れている、はず(未確認)。またBSデジタルのテレビ東京chで月曜夜8時から再放送されているので、ほぼ全国で網羅出来そうです。

テレビ東京ビジネスオンデマンド【BOD】WBS、ガイアの夜明け、カンブリア宮殿などが見放題

最近は医療系や警察系のドラマが多くて、このドラマも埋もれてしまうんではないか、と要らぬ心配をしていたのですが(昔「Destiny」が主題歌をした『ホワイトラボ』がそんな感じだった)、今回は初回視聴率も良いらしく、「ごめんなさい」(誰に謝っているのだか分からないけれど)。
こちらはテレビ朝日、地上波のためTVerで見られます、先ほど見てみたら、PR動画で次回の「ケイジとケンジ」予告が流れ、それで『ハレルヤ』も聞けました(笑)。

例えば俺自身が昔、テレビ東京テレビ朝日YouTubeも見られない環境だったらどうするんだろう、と思ってしまうほどの便利さ。果たしてこれらの2曲の解禁はアルバムまで待つのか、配信開始されるのか、「新曲にせかされて」の日々が続きそうです。



  • ドローンで昔を、江戸を感じる。

去年末に小さなドローンを買って、年末年始に少しずつ飛ばしていました。小さい駆体なのに遠くまで飛んでいくので、帰還したときには「えらい!」と声をかけてしまいます。
会津にある福満虚空蔵尊・円蔵寺というお寺が好きで、たまに撮影していますが(余談ですがこのお寺の近くにはいつも行列が出来ている粟まんじゅう屋さんがあり、多角化しているのか先日、東京でもそのお店を見かけてビックリしてしまった)、とにかく雰囲気がよろしい。

話がそれました、一昨年そのお寺を「車道から」撮った写真。
f:id:mpdstyle:20200118194741j:plain

今回はその全景をドローンで撮影しました。
f:id:mpdstyle:20200118194328j:plain
1枚目の写真は、上の赤色の車道(鉄橋)の歩道部分から撮影したんです。

撮影しながら、また画像を確認しながら様々なことを感じていた。お寺の前には狭い車道があるんですが(そこに粟まんじゅう屋さんもある)、そこが昔のメインの道路で、それこそ江戸時代は参拝客や荷物を運ぶ人、地元の人やらで賑わっていた。けれどその道はお寺と川に挟まれていてこれ以上拡幅出来ない。そのため赤い鉄橋がバイパス的に設けられて、車はそちらを流れるようになったのではないか。これらは推測なので、詳しくは地元の役所か教育委員会にでも聞かなきゃいけないんですけど。
とにかくドローンを撮って、「全景」を撮ることにより、様々な景色を改めて見られるということに気がつきました。今年もボチボチ撮影していきます。

昨年末は「ドローンチーム」という名の男三人が集まり撮影していたのですが、まあその三人というのが、昔「ワインディングロード」のMVロケ地を追ったメンバーと全く同じだったのです。
orenomichi.hateblo.jp
あれから7~8年が経ち、機材もフルHDビデオカメラ→4Kビデオカメラ、コンパクトデジカメ→一眼レフ、さらに全員がドローンを持っているという謎の三人となり、当然(?)狙うは「冬の花」MVロケ地なのですが(あのビデオでも恐らくドローンが使われている)、ロケ地自体が私有地で、そこのネゴが正直面倒。正直「ワインディングロード」も面倒だったのですが、「冬の花」はより面倒。さらに地主が大手企業という厄介さ。出来るかなあと思いつつ、でもあのビデオも何かを掻き立てられるビデオなので、なんとかしたいですね。ルールとコンプライアンス遵守のロケ地巡り。

宮本、独歩。(初回限定612バースデーライブatリキッドルーム盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定612バースデーライブatリキッドルーム盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤)(DVD付)

上記リンクはAmazonアフィリエイトなのですが、これまでの売り上げデータを見させてもらうと、バースデーライブと2019ライブベストは、おおよそ8:2ぐらいの割合で、バースデーライブの方がよく売れているようです。

エレカシ新春ライブ 留守組のつぶやき

  • アンラッキーとラッキーのはざまに

新春ライブはファンクラブ抽選からプレイガイド抽選まで5連続ぐらい外れた気がします。e+からのメールが怖くなってしまうくらい。けれど拾う神あらば捨てる神あるというか、ITの進化というのも面白いなと思っていました。

やっとセットリストを見ることが出来ました。なかなか見づらくて。
rockinon.com

  • とは言え。


宮本浩次のインスタもフォローしていないのに、安藤ニコさんのインスタはフォローしているという不思議。


これを見て「SWITCH」1月号を買ってしまいましたよ。伊賀大介さんもガーッと熱く書いていて、まあ普段触れない世界なので面白く読んでいます。
しかしこうして安藤ニコさんは勿論、庄司信也さんや、それこそ佐内正史さんのInstagramも見られるというIT界の不思議さと便利さよ、いや勿論宮本浩次という男もやってるんですが、恐れ多くて宮本のインスタは・・・。
「SWITCH」1月号にはエレカシファンなら「おっ!」と思うページもあるので、機会があれば是非。

そして俺はこれからHDDに録画したWOWOWライブバージョンを見ます。今年の野音こそはなんとか行きてえもんだ。ガイアの夜明けも見なければ。



  • 人生の不思議さよ。

そのWOWOWのライブ中継があった10日は、とある空港に居ることになっていて、まあ空港なら安定したWi-Fiがあって、スマホWOWOW中継を見られると思っていた。けれど運命はとかく気紛れで、なんとその時間には赤羽駅に行くことになった。大阪では4人がライブをやっているときに、赤羽駅の周辺を歩きながら「今宵の月のように」「俺たちの明日」の発車メロディを聴いている不思議。まあでも10年前は新春や日比谷野音もやたら行けたし、その埋め合わせもあるのかもしれないなと、一見分かるような分からないような理論で自分を納得させていました。

そして時間が出来たときには・・・。
f:id:mpdstyle:20200114202329p:plain
そりゃそうですよ。

しかしほら見なよ、富士に太陽、いや空に富士山ちゃんとある。
f:id:mpdstyle:20200114200445j:plain
禍福は糾える縄の如し。


宮本、独歩。(初回限定612バースデーライブatリキッドルーム盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定612バースデーライブatリキッドルーム盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤)(DVD付)

宮本、独歩。(初回限定2019ライブベスト盤)(DVD付)

SWITCH Vol.38 No.1 特集 佐内正史 無限の写真家

SWITCH Vol.38 No.1 特集 佐内正史 無限の写真家