エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシ、宮本浩次ファンブログ

人生の正午過ぎくらいに

最近「good morning」と「扉」をよく聞いています。いよいよ年齢的には「午後」に差し掛かってきた模様だ。

  • 6.11記

宮本浩次縦横無尽の「完結編」、二次抽選以降を申し込む気力が無くなってしまった。注釈つき指定席もイープラスにて先着順で申し込めると言うことは分かっていたんだけれど、何故だかクリックすることが出来なかった。それで「ああ、完結編すら見られないんだな」とぼんやり考えながら過ごそうと思ったら、11日も急遽ヘンテコな仕事で出勤になり、「どの道見られなかったんじゃないか」。

一方、Twitter、コメント欄で「お譲りします」というお誘いを頂いて、本当に感謝で有り難い。
ですが自分なりのなんとなくのモラルとして「ブログを介してのチケットの融通は止めよう」というのがあり。まあ勿論記名者以外入場禁止というルールは守り、プラスして、ルール守った上でのチケット融通もやっちゃいかんな、と、10年位前から考えています。

話は極端かもしれませんが、贈収賄で有罪となった公務員の訴訟記録などを見ていると、本当に発端はちょっとしたモラルの崩壊、言わば「これくらいなら」というところから脱線が始まっていて、気づいたら修復不可能な所までモラルは逸脱して、いつしかそれらは法をも犯してしまう。
俺自身もそういった誘惑に弱いんじゃないかという自己診断をしていて、ならば自分自身に手枷足枷をしないと、どこからか崩壊してしまうんじゃないかという気持ちを持っている。モラルは常に崩れゆくものだと思うので、緊張感というか、「これはマズいな」というところは自重するようにしています。
勿論「知恵の共有」レベルならば全然いいと思っています。こうやってきちんとしたルートでチケット取ったとか、ライブでこんなこと言っていたとか、宮本はこんな本を読んでいるとかは非常に有り難いけれど、お金が絡んだり、チケット以降になると「こりゃいかん」と考えています。
現実の友人が読んだら「オマエがモラルとか言うな」と怒鳴られそうだけれど、本当に大好きなロックバンドだけに、意地と覚悟は張っていたい。

・・・好意でそういった話を頂いて居るのに、本当に面倒な男ですね。書きながらつくづく思います。


1ヶ月くらい前の話。
diamond.jp
これらの記事を読んでいて、「おお、いよいよ国立国会図書館にて宮本浩次の『明日に向かって歩け!』が見られるのか」といささか期待していましたが、残念。刊行年数がまだ浅すぎたようで、公開されていません。適当に「エレファントカシマシ」「宮本浩次」のキーワードで検索すると(後者は同姓同名の方がいるようです)、月刊の文藝春秋2000年5月号に「ロックの神髄」、また同年7月号に「私の散歩道」という記事を書いてきたことが見られる、けれど「著作権の範囲内のため」等々で公開はされていない。

一方で通常の本Verの「明日に向かって歩け!」はこの間まで貸し出し中の表記だったはずが、今は国立国会図書館に在庫(?)があるようです。AmazonKindle化のリクエストボタンが出来てから結構押してるけれど、まあ全く電子化の話がないですね。分からないけれど著者の意向でしょうか。ニーズは間違いなくあるはずですが。


今年中にはエレファントカシマシには会えるだろうか、「そちら方向」のニュースを期待したい。

我らに・・・

一気に蒸し暑くなってきたので、数年前ハイキングに行った際の尾瀬の写真でもお楽しみください(スマホで見ている方へ)。

  • またも夢を見ている。

エレカシ、生宮本浩次を見ないせいか、夢に出てくる頻度が高くなっている。数日前はエレカシのツアーのディレクションをしてる夢を見ました(笑)。どこのホールで開催してどう移動してどこに泊まってとか。勿論実生活や仕事でそんなことをしたことはないのですが、あまりにライブで見られなくて「そっち側の景色」を見に行ったのか。自身の深層心理がよく分からない。

  • しのぎは自然と削られてゆく説

数年前に中居正広岡村隆史とラジオで話していた際に挙げていた説。
『しのぎって自分でも分からないうちに削られてゆくことってあるじゃないですか』、そんな発言を聞いて、今になって思えばエレファントカシマシは非常に、また異常にしのぎを削り削られ鋭くなっていった説。デビューからロックシーンで削り、そしてエレカシは自身たち、バンドの練習であったりリハーサルであったり、そしてライブであったりで削られていくイメージが強い。宮本浩次という激烈かつ希有なアクティビストの周りにいるというのは、日々しのぎが削られていくと思う。またそのことに無自覚(であると推測する)こともエレファントカシマシの特長であるとも思う。
エレカシというのはその成り立ちやデビューからの過程も歴史に残る存在だと思う。真剣にそんなことを考えています。この「説」はもっと考察して書きたいものだ。



  • 我らに、我らに都合のいいチケットを。

宮本浩次・代々木競技場第一体育館(6月11日版)のイープラス二次抽選も普通に外れてしまった。いやはや。
コメント欄であったり、Twitterでもよくリプライを頂くのですが、PAO会員データとe+のデータは一致させてはいます。そもそも個人用携帯電話は20年くらい前に初契約してから番号すら変えていない。今回はPAO会員限定ではなく、イープラスの単独抽選のハズなので、そういったエラーではない純粋なハズレのはずですが。
(そもそも購入するときに悪意がなく、PAOとe+のデータが軽過失程度のエラー(不一致等)で外れるのであれば、チケット購入時にエラーを発するなど、システム的な対策を講じて欲しい)。
単純に切ないんですよね。PAOで外れて、イープラスに申し込む、そして「1回で4名分まで」。こうやって大々的な興業をやる以上、色々大人の事情があるのは分かるけれど、ただただ適正に配分してほしい。
これで第三次抽選などあろうものなら、イープラス、ユニバーサルミュージック、そして富士山近くに移転したというアミューズの前で避暑地代わりに3カ所横断無言デモしてしまうぞ(こういうこと書くからダメなんでしょうか)。
このままだと3年、生エレカシはおろか宮本浩次を見ることなく過ぎてしまいそうだ。

今回の記事タイトルは、本心は「我らに適正なチケット配分を」でした。生々しいから避けましたけど。難しいでしょうけど、適正に、本当に適正にしてほしい。

夢ばかりを見ている

  • こんなに更新していなかったのか・・・。

最終更新が1月だったとは。もう最近は仕事か寝ることしか記憶にない(出来れば何も予定を入れずにただただ寝ていたい)。

  • 夢ばかりを見ている

最後に宮本浩次のナマ姿を見たのが2019年のオハラ☆ブレイクになっている。コロナ禍とはいえチケットは当たらないし、当たったとしても仕事でボツになる。・・・先日のエレカシ新春武道館も、急に仕事関係のマイナスなことで行かざるを得なくなった。だからか先日のWOWOWでの放送も、楽しみに見ながらそのことも一緒に蘇ってしまうんですよ、「ああ、あのドタバタの裏側、当たったエレカシのライブ行けなかったんだ」って。

一方でエレカシ宮本浩次は『夢に出てくる頻度が多くなった』。会いたいのに会えない(恋愛か)状態が長く続いているせいか、夢となって出てきている、以下、ここ1~2ヶ月で見たエレカシ・宮本関係の夢。覚えているレベルで。

(1)ライブハウスで「ファイティングマン」を歌う宮本。
狭いライブハウス、お客さんでぎゅうぎゅうとなった空間の中、俺は観客席の最前列でエレファントカシマシを見ていた。「ファイティングマン」が流れる中、宮本が人差し指を突き出し、俺もそれに呼応して人差し指を出し、触れるか触れまいかのところで終了。

(2)チケットが取れないことに夢で悩む。
現実で悩むなら分かる。けれどそれを夢で悩んでいた。イメージとしてはスマホとかPAOとかに囲まれながら、あれも取れない、これも取れないと慌てふためく夢。

(3)どこかのホールでエレカシの曲を歌って怒られる夢。
これが内容としては一番覚えていない。どこかの公会堂的なホールのステージ上で、どういった理由かエレカシを歌うハメになり、周りに怒られる夢。

以上、最近見た夢を覚えている限りで。

しかし、(1)については、朝を迎えてよく考えてみると、もうそういう局面が来ることはないんじゃないか、とも思う。すなわち・・・。

  1. 今後「エレカシ」が「ライブハウス」でライブを開くことがあるのか?
  2. コロナ禍が収まって、観客がぎゅうぎゅう詰めになることがあるのか。
  3. そもそもチケット取れるのか(笑)、取れたとして最前列に行けるのか?(整理番号的にも、年齢的にも)。

自分で考えて寂しいけれど、「ファイティングマンを歌う宮本と、それに呼応して触れるぐらいの距離にいる俺」というのはもはや現実味がなくなっているのではないか。逆説的に自分自身の脳がそれを「夢」で叶えさせたのかもしれない。


実際、チケットが全く手に入らない。今回の代々木第一体育館「縦横無尽完結編 on birthday」、ピンポイントで6月11日、PAO枠の1枚でどうだ→当然の落選。
イープラスから来るメールもあまりに「抽選の結果、チケットをご用意することができませんでした」ばかりだから、2021年から今日まで、その落選メールを数えただけで、エレファントカシマシ宮本浩次縦横無尽ツアー、通算で計12通。2022年エレカシ新春の先着以外全て外れている。東京から地方都市まで当たったことがない。オレナニカシマシタカ。

当選率、落選率など分かりようもないけれど、全く困った、一方でPAOからは

会員期限が近づいています。1年間ありがとうございました!
次の1年間もPAOとともに楽しい時間を過ごしましょう!

せめてたまにはチケット当選させてください(笑)、いやPAOが云々してるからじゃなく、やってるのはイープラスなんだろうけどさ。ああ、でも俺はアミューズユニバーサルミュージックに散々ぱらケンカ売ってたからなあ(例のアンコールプレスの件)、そういうのが影響するのかしないのか。

『もはやどうでもいいや 俺の全てでこの世を愛してゆこう』(Do you remember? より)。


バックデータのないチケットのことについてぐだぐだ言ってもせんない。毎日やたら色々ありますが、自分のやることを果たし、元気に過ごしていることに感謝し、その上でいつの日かエレファントカシマシ宮本浩次のライブに行き、(出来れば近い距離で)ナマを見られることを渇望している。