エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

宮本浩次、激動を経ての53歳。

今日、誕生日なわけですが、ここ一年を振り返っても、本当に驚かされることが多かった。思えば昨秋の椎名林檎さんやスカパラさんとのコラボは序説に過ぎなかった感があります。

ソロでの紅白歌合戦出場、ま、ましてや今年に入ってからはInstagram開設という予定外すぎる展開を見せ(ただ、Instagramは更新頻度が落ちているようで早くも飽きてるんじゃないかと思ってます)、事務所の移籍、高橋一生さんのプロデュース。

思えば「風と共に」でも『行き先は自由 胸には勇気を抱きしめて 行こう チケットなんかいらない 行き先は自由』とまで歌っていたのは前兆あるいは強い希望と感じるべきで、しかし52歳である意味バンドも安定してきているのに、ここまで自由に振り切るとは思っても見なかった。

本日、ソロライブを迎え、ただエレカシの日比谷野音も近づいている今、宮本浩次は何を想っているんだろうか(いっつもこんなことを考えています)。どこへ向かって「散歩中」はどこまでなのだろうか。

一方で「行き先が見えない」「安住しない」というのはエレファントカシマシ宮本浩次の最大の魅力でもある。52歳でのこの決断、Instagramという新しいものへのチャレンジ。新曲出し続けたり、ソロとライブ活動を並行するという自由かつアクティブさ。同年代の日本を生きる男として、「俺だったらここまで自由に出来るだろうか?」といつも思ってしまうのだ。またこの男はその先できちんと結果を出すんですよ。ライブパフォーマンス然り楽曲然りですけれど、最近はその影響力が日増しに強まっている感すらあります。
年齢を経ての経験さ、円熟さもプラスされている感があると思います。例えば「冬の花」。

『いずれ花と散る わたしの生命』 『わたしという名の物語は最終章』 『悲しくって泣いてるわけじゃない 生きてるから涙が出るの』

特に最後のフレーズは、最初はなんてことなかった歌詞なのですが、聞き込むうちに「ああ、そういうことなのか」と深さを知ってきて、今ではそのフレーズを聴くためだけに「冬の花」を再生してたりもする。これもこの年になって、様々なことを経験して、決意したからこそ書ける歌詞だと思います。


宮本浩次の生き方を見ても、とても追いつける気はしないけれど、せめて背中を見続けて、追いかけて行きたい。心からそう思います。

改めて誕生日おめでとうございます!身体には気をつけて、今年も自分を、音楽を、あらゆるモノを解き放って、いいパフォーマンスを見せて下さい。

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

宮本浩次、6月12日に初ソロライブ開催

PAOでは少し前からお知らせされていましたが、漸く一般情報解禁です。

これはどこまでいっても推測でしかないのですが、エレカシ日比谷野音の倍率が非常に高かった。それでチケット受付期間にソロライブ開催決定、どうせなら宮本の誕生日、エレカシ日本武道館ライブ作品発売日にやってみようか、という流れなのかな、とも思えます。PAO自ら「タイトなスケジュールになりますが」と述べていますし。

冬の花」ほか数曲は『宮本浩次』の曲はありますが、ライブとなると何を歌うのか、エレカシの曲も入るのか、スペシャルゲストもあるのか(石君に期待してしまう)。楽しみは尽きませんが、俺は行けなさそうな・・・。
色々エレカシ絡みのに行けなくて、そこに結構落ち込んで(?)います。カッコいいオッサンたちに一向に会えない。

  • 椎名林檎さん「SONGS」にインタビュー出演。

6月1日放送分に出演、以下要約。去年の紅白の模様も流れたあとで。

「私がどうしても自由な歌い方をすると、『ここは宮本さんこうです』と最終的には音符と専門用語じゃ伝わらないってことで、歌詞の横に記号をつけて渡してくれました」。「母性とかいろんなものがちゃんと統一されて、昔ははっちゃかめっちゃかで、俺も人のことは言えないんだけど、凄く優しさと女らしさと、歌うってことを大切にされている、一致している、そんな印象を受けています。生きてるってことと一致している」。

『はっちゃかめっちゃか』って表現がなんとも宮本ぽい。再放送は6月7日(金)深夜25:10~25:40とのことです。

ナインティナイン岡村隆史オールナイトニッポン、5月2日放送回に中居正広さんがゲスト登場。連休中だったのでナマで聞けて、面白かったからradikoのタイムフリーで聞き直しと録音をして、未だに結構聞いている。バラエティに本気な二人(ジャニーズのアイドルに「バラエティに本気」というのもおかしいですが)、めちゃイケSMAP×SMAPという大きな仕事を終えた男達が話す内容が示唆に富んでいた。

中居正広「25~6年前に描いてた自分になってるんだろうかね?50歳の前の自分とか・・・」「アイドルって不思議ね。不思議な力を持ってると思わないですか?圧倒的な歌唱力があるわけでもない、芝居力があるわけでもない。プロのミュージシャンがいて、プロの俳優さんがいて、技術的なものがあるわけでもないのに」。
岡村隆史「時代に選ばれるんじゃない?そこで選ばれたからには頑張っていくしかない。俺たちなんかいい時代に流れて、ここまでやってこられたかもしれない」。


中居正広「今、テレビじゃ無くてネットとか、表現する場が増えてるから、『普通さあ』とか『一般的に言うと』という表現を止めるようにしました。10歳ぐらい違うと、今まで使っていた物差しが長さも太さも違って通用しなくなる。物差しを柔軟にしなやかに使わないといけないと思いますね。僕が若い頃に年上の人に『俺らの時代はさ』とか言われてたのとはちょっと違ってきていると思う。しなやかにいないといけないかなと思う」。

バラエティのラジオなのでくだらないことも沢山話しているけれど、非常に二人はクレバーかつストイックで、自分たちを、さらには今の時代を客観的に見て、見据えている。やはり長期間に渡ってトップを張っている人間は知力と努力と熱意を兼ね備えていて、それは勿論エレファントカシマシにも通じるものがあると思う。

男たちの真剣面白話はいつも刺激的かつ本当に示唆に富んでいる。生きている世界は違えど、同じ日本に生きている男から何を学び取るか。最近そんなことを考えています。


きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

この夏が終われば

ってまだ5月なんですけどね。

これは地味に嬉しい。直接的ではないにせよ、ひっさびさに間接的にエレカシの仕事をして、また今度は直接仕事をするタイミングを待っている。

【追記】配信開始されました!

赤い薔薇

赤い薔薇

www.youtube.com
買おうか買わないか迷ってるんですが、やっぱり最後の「男」たちの姿を見ると迷いますね(笑)。

そして、初回限定盤には、CDショップ大賞の入選作品にも選ばれた最新アルバム『Wake Up』をひっさげて行われた【TOUR 2018 "WAKE UP!!"】より、ツアーファイナルとなったZepp Nagoyaの映像を、全編に渡りフルサイズで全曲完全収録。

音源化じゃなくて「映像」ですよ。ダブルライブBlu-rayじゃないですか。しかも喉不調により延期になったZepp Nagoyaとは。男達の意地と義理と心意気みたいなのを強く感じます。これで購入決定。

  • 日比谷野音はあっさりと外れる。

先週金曜日ですか、日中に「落選!」のメールが来て、そのときは意外となんともなかったんですが、帰り道にがっくりとうなだれてしまった。「野音聞けない」というのと同時に「あの光景も見られない」。つまりは都心の乱立する文明の狭間に立つオッサン4人達を見られないのが・・・。WOWOWでもどこかでも生中継してくれないもんですかね。行ける人はドーンと楽しんで下さい!

  • 昭和から令和まで。

ステマじゃないですよ(笑)。YouTubeMusicを「お気に入りランダム」モードで聞いていたら、いきなり激シブの「too fine life」が演奏されてぶったまげる。
f:id:mpdstyle:20190527202923p:plain
ちゃんと検証しておけばよかったんですが、前はYouTubeMusicはエピック時代の楽曲はなかったと思うんですよ(間違ってたらごめんなさい)。それが時の経過か事務所の移籍か(俺の勘違いか)初期のエピック時代からガンガン入っている。「俺の道」からは「心の生贄」も入っていてビックリした。しかも冒頭無音5分間はなく、いきなりイントロ。まあただこういうサービスで冒頭に無音5分間入れたら苦情来ると思いますが(笑)。「RAINBOW」の「歩いてゆく」がないくらい、またCD特典のアレンジVerがなかったりしますが、もうエレカシのありとあらゆる音源を聞けるようになっていて、このデジタル時代は凄いことになって参りました。
ここまで来ると錯覚というか、ネット上・パソコン上・スマホ上でエレカシを全部手に入れられるような錯覚になりますね。ただやはりエレカシ宮本浩次の真骨頂はライブ。まあ野音は行けなくなったんですが、アナログ的にあの波動をまた肌で感じたい。

前の記事で書いた「オハラ☆ブレイク」は本当に8月11日出演になり、宮本フェス三連チャン。

この暑さが終われば きっと気分も晴れてくる、はずだ。

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)