エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

三十代の武蔵野と青春と。

  • 今年の日比谷野音は7月6日、7日。

30回目ということで、十数年前に初めて参戦した当時は「あの歴史あるエレカシ野音に参加するんだな」と思っていたのが、あっという間にその半数以上に参加しているという。月日が流れるのは本当に早い。旧事務所のフェイスさんは「日比谷野音」主催を得意としていたようで、おそらく今回も前もって段取っていたんでしょうが、果たしてアミューズにそこまで引き継がれていて、ちゃんと来年も開催されるか、いささか心配ですがそんなことを気にしてもしょうがないので、まずは今年のチケットをゲット出来て、当日行くことを大目標としたいです。

30年連続の日比谷野外大音楽堂公演が決定しました!
日比谷野外大音楽堂2019
■7月6日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂 開場16:30 / 開演17:30 
■7月7日(日) 東京・日比谷野外大音楽堂 開場16:00 / 開演17:00 

  • 「獣ゆく細道」LiveVer

椎名林檎さんもプロモーションを兼ねているとは言え太っ腹で、昨年行われたライブのうちいくつか、「獣ゆく細道」も全編公開されています。5月27日発売のBlu-ray(DVD)にも収録!

www.youtube.com

三毒史(初回限定生産盤)

三毒史(初回限定生産盤)

  • 年齢を経ることと武蔵野と。

ここ1ヶ月くらい、これを書きたかった。けれど書くことの照れや恥ずかしさも同居している。

宮本浩次は昔、「36歳になって頭使うと頭痛しちゃって」などと言っていて、それに対し渋谷陽一さんは「36歳なんてこれからだよ」と言っていた。

宮本「ちょっと疲労のせいかもしれないですけどね、年齢なのかなあ?頭使うと頭が痛くなってくるんですよ、最近」
渋谷さん「はははは」
宮本「頭も体力がなくなってくるのかなあって、ちょっと思いましたね」
渋谷さん「何言ってんだよ、36なんてこれからだよ」
宮本「そう思います、それこそ頑張んなきいけないっていうふうには思うんですけどね」
bridge Vol.36 95ページより。

当時そのインタビューを見て「36歳というのは、まあそんなものかな」と思っていたのが、冒頭の日比谷野音じゃないけれど、いつの間にか自分がそうなってしまった(笑)。知力体力は特に変化ないんですが、感情の起伏がなくなってる気がするんですよ。良くも悪くもフラット・客観的になっているというか。色々経験を積んできて、ちょっとやそっとのことでは感情が揺らいだり、感動することも減ってきた。あとは日中の頭の中が95%は仕事に追われているというのが大きいと思う。曲も昔は「デーデ」あたりの激しいロックが好きだったのが、最近は「大地のシンフォニー」「今を歌え」あたりが好みになってきた。

そんな経年の変化を感じつつ、先月、うららかな春の平日を埼京線(北戸田駅浮間舟渡駅あたり)に乗っていて、その後の打ち合わせのことなどを考えながらぼんやり車窓の外を見ていたら、目の前には低層の町並みが延々と広がっていて、その先には富士山がそびえていた。その瞬間に「あ、これは武蔵野だ」という不思議な感情とココロに春の風が吹いた気がしたして。いや間違いなく春の風が吹いたんですよ。宮本が想う「武蔵野」もこんな感じかもしれないし、なにより春の空と町並みと富士山が絶妙にマッチしてココロを揺り動かしたんだと思う。これが本当の都心、いわゆる高層ビルが乱立しているところだったらここまでココロが動いていないと思う。その直後、世田谷を歩いたけれどもまた違う。そんな感情は抱けなかった。これを言葉で説明するならば「春の陽気とどこまでも続く低層の町並みと、その先にある富士山」に琴線に触れたということだろうが、しかし言語化するのも難しい。極めて感覚的。けれど間違いなく「俺の武蔵野」はあの瞬間にあったと思う。

またそういうことを感じられたことが自分でもビックリして。というのもココロは乾燥しきって仕事のことばかり考えていたのに、ふと車窓から町並みを見ただけなのに、瞬間的にココロを揺り動かされることがあるんだ、まだ自分にそんな情緒を受け止める感情があったんだ(笑)、と。宮本浩次は『三十七になり オレの青春は終わったけれど』と歌っているけれど、おそらくまだ宮本浩次の青春は終わっていないし、俺の青春(というより感動)の余地も多少残っているのではないか。

3月のある春の日、電車の中でそんなことを考えていました。もうしばらくは歩いて行きます。

(たまたまでしょうけど)日本武道館ライブのBlu-rayとDVDの発売日は宮本浩次の誕生日ですね。
きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

男たちの大全力疾走

  • 「俺たちの明日」がTBS系『集団左遷!』の主題歌に。

誰ですか「主題歌になるとは考えにくい」とか書いてたバカな人は(笑)。いやでも2007年リリース、本当に干支を一回ぐるっとまわっての既ソングのドラマ主題歌起用というのは異例かつエレカシでは初めてなのではないでしょうか。これは勿論原曲のパワーがあってかつ、今現在のエレファントカシマシ宮本浩次の勢いを見ての起用でしょうし、今年の紅白歌合戦はあっさりこれで出演してしまうのではないかという勢い。

www.tbs.co.jp


NHKを見ていると、「スポーツ×ヒューマン」の番宣で今度は「風と共に」がよく流れますし、かつ今度はこの曲も。

「全力失踪」の続編「大全力失踪」なので、主題歌も「今を歌え」なんでしょうが、良い曲なんですよまた(笑)。「大地のシンフォニー」的な、情緒ロックというか、こういう今日は本当に年齢を経て出来る曲なんじゃないかと思います。
・・・NHKには『何度目のタイアップだ』と「パワー・イン・ザ・ワールド」並みに出ていますし、今度はTBS(こちらも番宣で結構流れていますね)。テレビをつければ、エレカシが自然と流れてくるという、本当に今がエレファントカシマシとしても、宮本浩次としてもキャリアハイというか、テンションと売り上げ・露出が凄く噛み合っているように見えます。良い風が吹きすぎていて怖いくらいだけれど、でもこれも今までの積み重ねなんですよね。

また名曲来ましたね。

これはハードル高いですよね。エレカシファン、宮本浩次ファンならほぼ漏れなく(初プロデュース曲ということで)買うでしょうし、そのカップリングにエレカシの名曲。高橋さんワクワクとドキドキが非常に交差してる説。

・・・ああ、青春と武蔵野について書けなかった。次の記事ではまた新しいリリース情報やライブ情報を書いててまた機会を逃してしまいそうだ。宮本浩次を見習わねば。

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

きみに会いたい-Dance with you-(初回限定映像盤)

春の風は宮本浩次を様々な舞台上に立たせる

タイトルは「心の生贄」より。同時進行で色々なものが動いていて、何が何だか分からないレベル。

  • 高橋一生さんへ楽曲提供し、プロデューサーへと。

宮本浩次、思わず歌い出さなかったんでしょうか(笑)。それは冗談としても、スカパラ・「俺たちの明日」繋がりでまさかのプロデュース役。ちょっと前なら考えられないけれど、今はとにかく「自由」路線なんでしょうね。坂本一生ではなく高橋一生さんです。

一生さんの魅力が声に乗ってみんなに届くとことを第一に考えました。
一生さんも全力の人なので非常に波長が合ったのではと勝手に思っています。ご本人にも伝えましたが、私が初めて人に提供することになった「きみに会いたい」が一生さんの歌によって非常に素晴らしくかっこいい曲になりました。一生さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

常に「自分の歌がどう届くか」を考えに考えている男が、それをある程度委ねる。勿論早く聞きたいんだけれど、こちらもドキドキしてしまう。Instagram開設以降非常にドキドキしっぱなしです。

  • CMにも出演。

こちらも「宮本浩次」として。

4月1日からオンエアということですが、ウェブサイトでは既に見ることが出来、新曲であろう「going my way」も聞くことが出来ます。
www.youtube.com
冬の花」とは対局に位置するような軽快ロック路線ですが、その振れ幅の広さはエレカシ時代から存分に発揮していたので、今更驚くことではありませんが、しかし引き出しを沢山持っている。今年、「宮本浩次」としてアルバムを出す気がするんですが、ポップロック路線の代表に載ってきそうな曲だと思います。
しかし出るCM、「自由」「縛られるな」というのばかりですね。そこからも宮本の内心を感じたりもします。

これで「風と共に」はNHKダブルタイアップですよ(笑)。ただ今までは純粋に喜んでいたのが、今後「ビジネスジャーナル」あたりのPV稼ぎサイトあたりに「アミューズに移籍したエレファントカシマシが、その効果でタイアップ拡大」とか書かれるんでしょうね。大手に移籍するとその裏の批判というのも合わせ技で出てくることになりそうです。ただそんな「PV稼ぎサイト」あたりに負けるなよ、とも思います。

これで「宮本浩次ソロ」「ソロの音楽プロデューサー」「エレファントカシマシ」と、本当に「音楽、やりたいように、活発的に!」というのは凄く見て取れるのですが、心身共に大丈夫なのか?とも思ってしまう。本人は「やりたいようにやれてるからさらに元気」と言いそうですが、まずは身体、喉を大事にやってほしい。

これは未知数なところがあるんですが、TBSの新ドラマ「集団左遷」の告知用CMの楽曲に『俺たちの明日』が使用されています。ただこの前までウルフルズの「ガッツだぜ」が使用されていたという話もあり、かつTBS期待のドラマ主題歌が『俺たちの明日』というのは普通考えにくいので、番宣用の限定使用の可能性が大きいと思います。ただ勿論主題歌としてエレファントカシマシなり宮本浩次の新曲が起用される可能性もあると思いますし、まあそこらへんは待つしか無いようです。

  • #ありがとうフェイス、ラスト。

明日には新元号発表ですが。もう仕事も何もかも「西暦にしてしまえ」としているのであまり関係ないのですが、まあでも一つの大きな区切りですよね。「#ありがとうフェイス」も4月5日締め切りで、あとは4月中に送ることを目標にしています。
ただ同時にやることも滅茶苦茶多く・・・、仕事で20~30ぐらい「やらなきゃいけないこと」「やりたいこと」を抱えてる説(自分で自分の仕事を増やしているんですが)。

次回記事では「武蔵野」「青春」といったここのところ思っていることを書きたいです。が、いつ更新になるかは分かりません。


(せっかくだから「the shot」を買おうと思ったら、現時点ではAmazonでは売ってないようです)。