エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

様々な人の魂がしみ込む街。

タイトルは「飛べない俺」の『俺の魂がしみ込む街』より。このフレーズは本当に秀逸。

  • 日比谷野音はリプレイすら出来ず。

半分この結果は読めていた、結局水曜夜までアーカイブスを見る時間がなかった・・・。加筆も出来ませんがプロライターも素敵なレポートを書いていますし、Blu-ray発売を期待する日々です。


これがちょっと意外と衝撃が合い混ぜになっている。昨日の「The Covers」もリアルタイムで見られず(これから楽しみに見ます)、早めに寝て、しかし夜中ふと起きてツイートを確認すると、下記ツイートが目に入る。


完全に寝てたので「宇多田ヒカルが歌うのか?」と思ってしまい、漫画のようにツイートを二度見してまた寝た。朝起きても現実。
というのも、他の曲達が所謂「昭和の歌謡曲」、俺にとっては「リアルタイムで知らない曲」なのに対し、宇多田ヒカルの「First Love」はさすがにリアルタイムでヒットしたのを知っている。宮本浩次も当然当時は「職業・ロック歌手 所属・エレファントカシマシ」ということで、言わばライバル的に争っていた(時期的には「ガストロンジャー」「good morning」を出していたころでしょうか)。その曲をトリとしてカバーすることに単純に驚いている。「慣れ」の問題なのでしょうが、この曲をチョイスしたことについてはインタビューか何かで心意気を知りたい。

sp.universal-music.co.jp



また、「翳りゆく部屋」でユーミンが反応したように、これらのカバー曲で原曲アーティストが何らかの反応を示すかもしれませんし、アルバムによってのコール アンド レスポンスも期待したいです。一方でこのカバーアルバム、特に(繰り返すけれど)「First Love」は未だに現実味が湧かないというか、「やるんですか先生」と思っちゃうのだけれど。

  • 「ロマンス」配信開始。

ロマンス

ロマンス

こうなると発売前くらいにもう一曲ぐらい配信がありそう。配信全盛自体と「going my way」路線は非常に相性がいい。いやこのアルバム、または曲達は売れると思います。


  • 様々な人が街を見下ろしている。

というのも、前々回の記事で「この町を見下ろす丘が好きだ、どこだか分かるでしょうか」という訳の分からない写真を出したら、Twitterとメールでそれぞれ、計お二人から「回答」を頂いて、ピタリ正解!俺は故郷の「街並み」を出されても正解する自信がないです(笑)。それは俺の呆然性なのでどうでもいいとしても、世の中本当に色んな人が色んな景色を見て、様々な想いを持っているということに今更ながら、またこの年になって改めて気がつかされました。そうすると多様性というか、「俺のこの考えは正しいんじゃないか」と突っ走ることもあるけれど、たまには横から斜めから「こういう意見もあるぞ」というささやきに耳を傾けることもとても大事だ。これだけの街にこれだけの人が住んでいる。そして恐らく世界中の街並みの1%も見ずに死んでゆく。ならばせめて自分が見渡せる街は愛していきたい。

エレファントカシマシ 2020年10月4日 日比谷野外大音楽堂

第一部
M1 「序曲」夢のちまた
M2 DEAD OR ALIVE
M3 Easy Go
M4 地元のダンナ
M5 デーデ
M6 星の砂
M7 何も無き一夜
M8 無事なる男
M9 珍奇男
M10 晩秋の一夜
M11 月の夜
M12 武蔵野
M13 パワー・イン・ザ・ワールド
M14 悲しみの果て
M15 RAINBOW
M16 ガストロンジャー
M17 ズレてる方がいい
M18 俺たちの明日


第二部
M19 ハナウタ〜遠い昔からの物語〜
M20 今宵の月のように
M21 友達がいるのさ
M22 かけだす男
M23 so many people
M24 男は行く
M25 ファイティングマン
M26 星の降るような夜に
M27 風に吹かれて

en1
待つ男

(後ほど多分追記します)。

エレファントカシマシ@日比谷野音はどうやって視聴しようか。

全く決められないまま2日前になってしまった。とは言っても二社(2システム)択一な訳で。

  • イープラスとぴあ、どちらが良いのか。

本当は配信専用システムアプリ(YouTubeGYAO!)などで配信してくれればいいんでしょうけれど、プレイガイドのシステムを使っているというのはツアー中止の補填や来年以降のお話など大人の事情がありそうです。こちらは与えられた条件下で選ばねば。

俺の基本受信環境は以下の通り。

PC HP製Windows10
スマートフォン Apple iPhone11Pro iOS 14
タブレット Apple iPad Air(2019) iPadOS 14
テレビ SONY ブラビア(もはや10年くらい前のフルHD)
NetflixYouTubeなどはChromecastでミラーリング

出来るのであれば大画面で受信したい。PCで見るのは事務的になってしまうので、スマートフォン→テレビへの出力を検討。
しかしイープラスもぴあも公式ではミラーリングを歌っておらず、またアプリでもないため、Castという正式な選択肢がそもそもない。今回はChromecastは全く役に立たず。



取り出したるは買っては余り使っていない、iPhone(Lightning)→HDMI変換コネクタ。これを使ってテスト動画を見てみるとどうなるか。
まずはイープラス。

f:id:mpdstyle:20201002194609p:plain

f:id:mpdstyle:20201002194626j:plain
解像度めいっぱいでミラーリングが出来そう、音もテレビのHDMI経由でAVアンプから出力されている。

引き続きぴあ。
・・・こちらは上手くミラーリングが出来ない。全画面での視聴→ミラーリングがうまく出来ず、俺のやり方の問題かもしれませんが、どうしてもテレビでは「ブラウザの一部に映っている映像」がテレビで見られる状況。

ということで、イープラスを選択することにしました。Apple純正HDMI変換コネクタがこれほど役に立つことがあろうとは。
上記環境に似た方、すなわちiPhoneiPadを使い、HDMI端子があるテレビをお持ちの方は、この変換コネクタをお試ししてみてはいかがでしょうか。

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

  • 発売日: 2015/04/16
  • メディア: Personal Computers

但し俺の環境上、テストで上手くいっただけで、明後日どうなるか分かりませんし(俺自身がいささか不安です)、みなさまも自己責任にてお願い致します。
そしてその後のThe Covers、俺はバカなので月曜は遅出扱いにしてしまいましたとさ。

この投稿をInstagramで見る

#宮本浩次 #宮本独歩

宮本浩次 hiroji miyamoto(@miyamoto_doppo)がシェアした投稿 -


  • 横山健さんのブログが炎上している。

いやいや勿論いい意味で。iPhoneで見てたのですが、画面から熱が出るんじゃないかという熱気ぷり。

www.pizzaofdeath.com

もう密度が濃すぎて引用しきれません!横山健さんは10代の頃、双啓舎に電話して「なんでもいいからやらせてくれ」というエピソードもありましたが、男同士のこの熱さ。一つだけ言うとしたら、信念というのは何かを突き刺すのかなと。横山健さんも2011年のアラバキ宮本浩次に無茶苦茶な挨拶をした。そして8年後に宮本浩次からの逆オファー。信念を持って行動して、それを熱く続けていれば、人は見ていて何かの化学変化をもたらすのでは。それがロックかもしれない。駄文な感想ですがそう感じました。
しかし蔦谷好位置さんのエピソードといい、宮本浩次は男を熱く熱く刺激する何かを持つ人間なのかもしれない。そこには血と汗と涙とそれ以上の何かを感じてしまう。

lineblog.me

これが早くも3年半前。蔦谷好位置さんもすっかり戻り(ツアー用の楽器も買ったというのに、それが見られないのが残念だ、来年こそ)。今度の「赤いスイートピー」ではプロデューサーを務めるというのもつくづく嬉しい。


  • 町を見下ろす丘で泣く男。

これはリアルタイムの話ではないのですが、首都圏某所で仕事を終えて、外へ出ると、真下に駅のホームがあり、その先には延々たる住宅街、町並みが広がっていて、思わず見とれて少し泣いてしまった。
f:id:mpdstyle:20201002194635j:plain
前にも書いたのですが、こういう町並みを見ると、「こうして俺も色々考えて悩んで不安だらけだけれど、この町にも同じように沢山の人たちが、楽しみ、悩み、怒り、食べ、明日を思い、誰かを思い、日々過ごしているのだろう」という不思議なオーラを感じてしばし立ち尽くしてしまう。これがどこか宮本の武蔵野や「シグナル」とリンクしていて、町を見下ろす丘にも伝播していて、余計好きなアルバムなのかもしれません。

(この場所がどこか分かった方には「ROMANCE」CDを差し上げます、本気で)。


宮本浩次エレファントカシマシを追う心はただただ尽きない。

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

Apple Lightning - Digital AVアダプタ

  • 発売日: 2015/04/16
  • メディア: Personal Computers