エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

ライブにはせかされるが。

  • チケットが手に入らない。

2020年新春ライブは、PAO先行で外れ、オフィシャルサイト先行でも外れ、残すはプレイガイド一般発売でしょうか。当たる気がしない。新春ライブは中継か商品化はあるんでしょうが、やはりナマで見たい。ましてやエレファントカシマシの4人のライブですよ。売れることはいいことだけれど、ここまでライブのチケットが外れるとは思わなんだ。

  • Do you remember? 特典盤収録曲も発表。

https://miyamotohiroji.com/assets/images/music/img_cover_4.jpg
女性ジャケットですよ。これからMVも公開になると思うので、そこで全貌(?)が明らかにされるのでしょうか。

5.going my way(Live from WILD BUNCH FEST. 2019.8.23)
6.解き放て、我らが新時代
(Live from WILD BUNCH FEST. 2019.8.23)
7.昇る太陽(Live from ROCK IN JAPAN FES. 2019.8.10)
※5~7 初回限定盤のみのボーナストラック

ここは個人的には圧倒的に「going my way」に期待したい。元々ライブ映えするポジティブな曲で、さらにライブ会場ならば是非「お客さんの絶妙な手拍子」が収録されていることも期待。そして9月27日の「宮本から君へ」映画版公開日に配信開始ということで、上記CDは一ヶ月のおあずけになりそうです。



  • 宮本から君への熱さと不思議さ。

今更なんですが、朝日新聞のインタビュー記事を読んでいたら、世の中の不可思議さを感じずにはいられない。

www.asahi.com

記事中何度も「宮本が」「宮本は」と連呼されていて、最後の作品情報で

主題歌:宮本浩次「Do you remember?」(ユニバーサルシグマ)

のクレジットは面白い。「モデルになった人が主題歌歌ってるのかい!」的な。原作も二十年以上前の作品で、宮本浩次も53歳。この作品と歌手が令和の時代に「FLYER」的に落ち合う不思議。こういう出来事に俺は小さな感動ややる気を貰って、ようするに「たゆまずにやらなきゃいけないな」。誰もこんな展開は思ってもみなかったけれど、日々の仕事なり目の前のことを真剣に熱を込めてやっていれば、(全部が全部結実するわけでは無いけれど)こういう想像だにしない組み合わせ、結果が伴う。素直に「頑張らないと」と思う日々です。

Do you remember?(初回限定盤)(DVD付)