エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

雨の日々

今回は小ネタ集になります(探偵ナイトスクープみたいですね)。

  • PAOから「あの動画」無くなる

PAOがリニューアルされ、7月1日より動画と壁紙サービスが無くなってしまいました。そうすると「あの動画」まあ唯一の動画だったんですが、宮本が病気から復帰してのメンバー四人のご報告動画がなくなってしまった。その動画を思い返してみると、病気から復帰への一年間は、まさにハラハラドキドキだったことを思い出す。まず消息不明(今となっては笑い話ですが)、何をやってるのかがよく分からない。それこそSNSで「見かけた」という話がチラホラ出る程度で、でも帰ってくるはず、けれどいつだろう。そんな中の6年前だった。自分で書いた記事ですが、異常にテンションが高い・・・。
orenomichi.hateblo.jp

いやでも本当にそう思っていて、今だってそう思っているんだから仕方が無い。動画が無くなってしまったのは残念ですが、アミューズの次なるサービスに期待したいと思います。

  • 384という選択肢

車の見積もりを依頼したら、ディーラーの営業の方に「希望ナンバーはございますか?」と聞かれ、思わずフリーズしてしまった。考えがことが無かった。あるとすれば「612」(宮本浩次の誕生日)でもつまんねえしなあ、ああそうか、「冬の花」の384だ。ということで「有り」と答えました。
前に水曜日のダウンタウンという悪い番組で「矢沢ファン 基本 車のナンバー「830」にしてる説」という仮説の元に検証をしてたんですが、思いのほか少なくて、逆に矢沢永吉さんに縁がある他の数字(それこそ誕生日だとか)が多かったのは印象的だった。ただ「830」車同士ですれ違うとクラクション鳴らして挨拶するっていうエピソードは素敵だったなあ。
384ナンバーの車で、風車の下で爆走すればいっちょあがりですね(違うって)。

今もiPhoneではエレカシかYouTubeMusicランダムか、ラジオを聞いてるのですが、赤羽駅が近づくと「きちんと」イヤフォンを外してエレカシの発車メロディを聴きます。これは不思議な感覚なんですよ。電車の中だからサラリーマンも学生も酔っ払いも乗っている、そんな中で「今宵の月のように」「俺たちの明日」が流れる。雑多な人の中でみんななにを思っているんだろう。でもそんなに大したことを思ってないと思う。というのも、これが知られてない曲であったり、赤羽にゆかりのない曲であれば逆に「何でだ」と違和感が出るかもしれませんが、両曲ともメジャーソングで、じゃあ「エレカシ 赤羽」「今宵の月のように 赤羽駅」と言ったキーワードで検索すれば、赤羽と宮本浩次の縁というのもすぐ分かるでしょうし、違和感がないというのが逆にこの曲の威力の大きさなんじゃないかと思ってます。かと言って赤羽駅でそんなアンケート出来ないですけど(笑)。赤羽駅が近づくとそっとイヤフォンを外して、静かにメロディを聴いています。
 

  • 歌詞掲載可に

というのもこのはてなブログJASRACと包括利用契約を結んだので、引用以外でも堂々と(?)歌詞を載せられるようになりました。今のところ歌詞をまるっと載せることはありませんが、今までは正直「引用」になるように多少は気をつけていた、のが特に気にせず載せられるようになったのは、静かに嬉しい。


さてさて日比谷野音まであと数日。俺は今年は全く入場出来ませんが、いい天気、いいセットリストで、なによりいい演奏で熱気溢れるステージになることを期待しています(セットリストを見てガックリ来るのは織り込み済みだ!)。行かれる方はドーンと楽しんできて下さい。

www.elephantkashimashi.com
「ピンバッジE 風を受ける四人」が激シブ説。

昇る太陽(初回限定盤)(DVD付)

昇る太陽(初回限定盤)(DVD付)