エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

あちこちを歩いて行く

金曜日の『スペシャル座談会「エレカシあるある」』はチケットもろとも外れてしまったので、とりあえず赤羽駅の発車メロディだけは聴いてきました。

www.youtube.com

www.youtube.com

一言で言えばまだ不思議。雑然かつ騒然した赤羽駅に、キレイなエレファントカシマシのメロディが流れる、しかもわりとひっきりなしに。ただこういう光景もあっという間に「赤羽駅のいつもの風景」に溶け込んでいくんだと思います。もう赤羽駅で対象の電車に乗れば自然の「お、今宵だ」「俺たちの明日」てな具合に、日常に溶け込む。それでこそ発車メロディ。しかしでも「日常にエレカシが現れる瞬間」というのは嬉しいもので、都度赤羽駅に寄ってしまいそうです。
上記の動画もiPhoneで撮っただけなので、音量調整とかしようかなとも思っていたのですが、ホームにはスピーカーにマイクを直付けして専用機器で録音している方がいらして、伺ってみるとそういう発車メロディの音源を集めてデータにして、YouTubeにも後日アップするということなので、餅は餅屋理論で、高音質で聞くならばそちらの方がいいと思います。

最近埼京線によく乗るのですが、「浮間舟渡駅」が琴線に触れちゃって。すごい駅名だと思いませんか?おそらくは昔、荒川を渡る浮間があって、船渡場があって、その「武蔵野的風景」が四文字の駅名を見ただけで浮かんでくる。そこまで行っておいて降りたことないんですが(笑)。通る度に「この風景は昔は・・・」と一瞬だけ頭の中が武蔵野になる。いい駅名だ。

紅白歌合戦はご存じのように「椎名林檎宮本浩次」になって。いろんな意味で世の中どうなるか分からない。「獣ゆく細道」の冒頭の『この世は無常』というのも重く聞こえてしまう。どうしても「3人はモニター越しなんだよな」とも思ってしまう。ただコメント欄も見ていると、確かに今回のコラボでエレファントカシマシにさらに「白い風流し込み」来年はまた四人で出場というのもあると思いますし、でも四人で出て欲しいし、けれど年末に宮本浩次の歌声が響き渡る、この嬉しさと心のひっかかりみたいなのが綯い交ぜになっているこの頃です。

そうだコメント欄といえば前に「犬のモカは元気ですか?」とありましたが、元気です。もう俺のことなど記憶の彼方にないくらい元気です(笑)。犬のことまで心配して貰って有り難い限りです。

あとはもはや恒例になりつつあるユニカビジョンですね!これはまた見に行きたいと思います。
www.yunikavision.jp


獣ゆく細道

獣ゆく細道