エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

宮本浩次、ソロで紅白歌合戦出演か・・・。

www.nikkansports.com

今朝付けの日刊スポーツより。エレカシサイドと同紙との癒着繋がりは深いので、そういう話が進んでいるのは間違いないんだと思います。

・・・うーん、四人。で、出て欲しかった。
いや推測記事、良く言っても内定記事を鵜呑みにして書くのもどうかと思うんですが、まあ日刊スポーツなので。

ただどうしても四人で出て欲しかった。今更書くことも無く宮本浩次エレファントカシマシの総合司会であり、ボーカリストであり、ギタリストであり、日本でも希有なボーカリストなことは間違いなく、今秋のコラボ企画を踏まえた(もしくは見込んだ)出演なんでしょうけれど、俺としては「世界一カッコいい四人ではないか」と信じて疑わないユニットがエレファントカシマシな訳で、デビューを出発点としてカウントしただけでも30年、勿論実質それ以上な歴史を持つ四人が、ここまでやってきて、50歳を超えてさらに力強くなってくるということに大きな意義があるんだと思います。

いつでもパワフルなトミのドラムに圧倒され、いつも目線を宮本に送りながら健気にギターをつま弾く石君の愛を見つめ、寡黙だけれどガシッと締めるベースを掻き鳴らす成ちゃんをずっと見てきた。そしてその男達を誰よりも信頼し、激励し、泣き笑う宮本を見てきた。

そりゃ世間から冷静に見れば、宮本浩次のトリッキーなキャラとボーカル力で目立ってしまうだろうけれど、基本は25:25:25:25で100のエレファントカシマシなんだろうと思います。宮本浩次一人か・・・。

救いなのは「エレカシ出場で良いじゃん」という声が多いこと。上記の記事の下部のヤフコメもそういった声で溢れていて、「四人の波動」というのはテレビやYouTubeを通じて思いのほか広がっているのかもしれません。これが仮に30歳代だとしたら「宮本浩次のキャラ」がもっと立っていたのかもしれません。この年代になって、オッサン4人で熱くかつ真摯にロックをやっている姿というのが世の中に広まっているのかもしれません。個人的には「Easy Go」か「風と共に」でも全くもって紅白に相応しいとは思うんですが。それらの曲を光り輝くステージで四人が放つからこそさらに過激かつピカピカに光り輝くはずだ。「やはり」「もしや」「まさか」といろんな思いが錯綜しています。

報道段階ですが、みなさんどう思いますか?