エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレカシの来年はどこだ

タイトルは「何度でも立ち上がれ」より。いやポジティブな意味で書きたいんですが、ドキドキもしています。というのも山崎洋一郎さんのこのツイート。

宮本浩次、ソロの始まりを語る!|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

実はもうここから、エレファントカシマシとはまた別に、新たにソロ・宮本浩次の季節が始まっているのだ。その決意と経緯を初めて、全て語ってもらった。

「ソロの始まり」ですよ。椎名林檎スカパラでも十分濃厚なソロ活動(しかも紅白歌合戦出場つき)だと思いますが、ここからがスタートなのか。エレファントカシマシとして新春のライブも決まっており、もう春フェスも決まりつつある時期だと思うのですが、この意味深なインタビュー。
短いこの記事から推測すると、エレファントカシマシとしての活動と並行してのソロ活動という風にも読めますが、果たして心身共に大丈夫なのか(いや宮本浩次のことだろうから「逆に知力体力が上がる」となりそうですが)。
また無理はしてほしくないという思いと共に、俺としては心のどこかで「四人で全力でやってくれ」という希望があるんだと思います。今までもインタビューでソロへの思いなどは散々語ってきましたが、この年齢になってのソロ活動開始(この年齢でソロを始めるというのも逆に凄いというのは重々分かってはいるですが)。

宮本浩次としては、エレファントカシマシという「安定した基盤」が出来たからこそのソロなのかな、とも思います。この間の「スッキリ」のインタビューも深読みすると、「男だったら両方出来ますよね。引きずり回して自由に向かう」というのも、エレカシとしての活動とソロの両方を指してるのかな、と勝手に思う。

思えば総合司会・宮本浩次のソロ活動、またその先というのはまとまった記事を読んだことがなかった。なんだかステマっぽいですが、今回のロッキングオンジャパンというのは、来年への思い、エレファントカシマシへの思い、そしてボーカリスト宮本浩次としての思いが詰まっている気がします。俺も久々にドキドキしながらのロッキングオンジャパン待ちとなりそうです。

どこへ?