エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

たとえ胸にはナミダ溢れてても

14日に行われた大杉漣さんのお別れ会の記事にて(スポーツ報知)。

f:id:mpdstyle:20180417202724j:plain

f:id:mpdstyle:20180417202717j:plain

生田斗真さん「好きなエレファントカシマシの話をしたり、下ネタジョークで撮影現場をなごませてくれました」。
二人はエレカシのどんな話をしたんだろう。大杉漣さんをよく直接お見かけしたのは「町を見下ろす丘」当時。はてさて生田斗真さんはラジオで「季節はずれの男」をかけてしまうほどのガチっぷり。「ファイティングマン」か「シグナル」か、「俺たちの明日」か、宮本浩次のパフォーマンスか、きっと話題は尽きることなかったと思うんです。改めてご冥福をお祈りします。

  • 絶妙なタイミングでの「大地のシンフォニー」。

この間電車に乗っていて、いざ降りようと扉が開いて歩き出した瞬間に、iPhoneの「ランダム選曲リスト」から「大地のシンフォニー」。この曲は街中を歩くときに、その土地土地と一体となれる感じがして、またリズムも「歩くリズム」に合わせているようで、楽しい散歩だった。またその駅もPVロケ地と近かったので、余計一体感なり「宮本浩次はこんな感じでこの曲を作ったのではないだろうか」という余計な想像も出来た。生きているうちには歩いて行かなければ。

これは自分でおっしゃっています。石田ゆり子さんのInstagramにて。

そして翌日。

確かに雰囲気、漂うオーラは似ている!俺は個人的に宮本浩次を評する時には「イノセント」という言葉を使ってしまうのですが、共通項を探すとすれば石田ゆり子さんもイノセントな女優さんだと思うんです。そういえばエレカシファンの有名女優たる本上まなみさんや麻生久美子さんもイノセントさを感じる。次はライブ会場でお目にかかりたいです(笑)。

nlab.itmedia.co.jp

ただInstagramのコメントで「エレカシ宮本さんをフォローしてるのかと思いました」ってなコメント見て、一瞬だけ宮本浩次Instagramをする光景を想像してしまいましたが、やっぱり先生には似合わないのと、やり出したら「こっちが非常にドキドキしてしまう」。宮本浩次にはやはり歌と演奏とライブで勝負して欲しいし、都度都度山崎洋一郎さんのインタビューに姿を現すくらいがちょうどいいのではないかと思っています。

エレファントカシマシ、たまアリ振り返りインタビュー+レポート、そしてレコーディング初潜入も|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

ただこう見ると欧米なロックスターにも見えますね。中指にゃ金属的なモノも見えますし。これも個人的には使い古されていますが、少年顔にも見えればオッサンの剛毅さも垣間見えて、本当にこの51歳(トミと成ちゃんは52歳!)は分からない。


先日、長時間の移動をしていたらまた宮本浩次についての新説が頭に浮かんだので、まとまれば近日中に。


生きているうちは、ゆっくりでも止まっててもいいので、歩いて行きましょう。

エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute To The Elephant Kashimashi~

エレファントカシマシ カヴァーアルバム3 ~A Tribute To The Elephant Kashimashi~