エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

年末も、来年も「なんとかしろよ」

タイトルは『達者であれよ』より。この『達者であれよ』と『友達がいるのさ』はよくセットで聞いていて、宮本浩次が絞り出すような声で「なんとかしろよ」と叫んでいるのを聞くと「ああ、なんとかしないといけないな、いやなんとかなるのではないか」と思ってしまうのが不思議。宮本も決してせかしてる訳ではないんでしょうけどね。
この「扉」「風」の2アルバムは『1年で2枚出しなさいとレコード会社から言われてせかされて出したアルバム』と宮本は後日談で述べていますが、結果「締め切り」がよく出たパターンだと思うんです。人間誰しも締め切りないと動かないですからね(笑)。それは冗談としても「いついつまでに作らなきゃ」というモチベーションも大事だと思います。『夜と朝のあいだに....』も凄く好きな曲で、それこそ夜、散歩しながら聞いていますが、こちらは宮本はこう述べている。

単に夜中に詩が出来なくて、夜中に煮詰まって散歩して、家に帰ってきて。っていうだけの話なんだけど。それが成立したのがすげえ嬉しかったんだよな。レベルが低くて大変申し訳ないんだけど、自分の観念的な見合いとか、観念的な絶望とかじゃなくて、今のそのままをちゃんと歌えたんですよ。観念の絶望とかじゃなくて。思ってることをストレートに歌ったら、それが深遠な哲学以上の感動を与えるっていう、そういう人にいつも憧れてるんですけど、自分の言葉でそれができるといいなっていう。自分の基準でそれがちゃんと出せたら一番いいなっていう風には思えた。そういう曲はすごいシンプルなんだよね。
(ロッキングオンジャパン 2004年10月号より)

これも例えばエピック時代の「せかされてない時」では出来なかった、当時38歳の男が夜中を歩いていただけ(本人談)が、結果的には渋い感動を与える曲になるという経緯が面白い。耐震化の話も出ていて来年はどうなるか分かりませんが、暑い夏の野音あたりで聞きたい曲ですね。

  • 今年はほぼ後悔ない年だ。

まだ10日ぐらい残ってますが、今年はやりきった。仕事面においては想定以上の結果は得られたと思いますし、ブログで何回か取り上げた会社さんと大きい仕事をしているというのもやり甲斐がある。良い調子で一年を終えられたと思いますし、そんなことが堂々と言えるという有り難さ。色々な縁も感じて、「こういうことが世の中あるんだな」と泣き笑いした良い意味でバタバタした一年でした。ただ(ネガティブ思考では無くて)そんなに良いことは連続して続かないと思う。来年嫌なことばかりでも変に落胆しすぎないように、気持ちを常にニュートラルに持つことが大事ではないだろうか。良いことがあれば素直に喜んで、悪いことがあればうまく気持ちを切り替えて。将来的になんとか良いことがあるようにたゆまずに努力して、常に全力を出し切れるよう知力体力を鍛えるのがいい大人なのではないか、と思ったりもします。あとは健康維持がなにより大事。『どうせなら俺は笑いたい』という年男の一年の適当な総括でした。

  • そしてあと10日。

個人的には出川哲朗さんが紅白歌合戦のゲスト審査員というのが面白い。俺の子供の頃から汚れ役をずっとずっとやっていて、今じゃCM王というのも不思議。またナインティナインのオールナイトニッポンリスナーとしては、岡村隆史出川哲朗が揃って紅白歌合戦出るというのもなんとも(笑)。まあでも年末ってそういう「なんでもあり」なテンションになりつつありますよね。宮本浩次はもうリハーサル漬けなんでしょうけれど、去年とは違う角度でドキドキした大晦日を迎えそうです。

  • あとは新春ライブ。

1月4日の大阪に参戦予定。武道館はWOWOWで楽しむ予定です。秋冬を「コラボ」で挑んだ宮本浩次が、エレファントカシマシとしてどう2019年を幕開けるかに非常に注目しています。希望的観測でしかありませんが、どうしても期待してしまうのだ。宮本浩次が「やはり四人のエレファントカシマシが一番カッコいい」と叫ぶ姿を・・・。