エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「君への贈りもの」 宮本浩次、カバーアルバム『ROMANCE』発売へ

宮本浩次の「作業場」での作業内容が発売化されるようです、これは売れるでしょうねえ。

2020年春、新型コロナウイルスの蔓延に伴い、初のソロアルバムを披露する場であった全国ツアー「宮本、独歩。」の中止が決定し、さらに緊急事態宣言が発令され、自粛生活を余儀なくされる中、宮本は独りで自身の作業場で歌い続け、エレファントカシマシとしてデビューするよりもさらに前の歌が大好きな少年・宮本浩次が親しんでいた楽曲を弾き語り、1日1曲をカバーする、と自身に課したのだという。作業に没入する中で、オリジナルの歌のもつ力、そして歌に登場する主人公たちを愛するあまり、時に号泣しながら歌っていたといのこと。緊急事態宣言が明けてから宮本は録りためた弾き語り音源から精選した十数曲を携えて、信頼するプロデューサー小林武史のもとを訪問。これを受け、小林はわずか数日でほぼアルバム1枚分のアレンジを完成させた。また、宮本が大好きな歌と公言している“赤いスイートピー”は、自身が信頼を寄せているという音楽プロデューサー・蔦谷好位置にアレンジを依頼した。



【収録予定曲】
喝采
・ジョニィへの伝言
・あなた
・二人でお酒を
・ロマンス
木綿のハンカチーフ
・化粧
・異邦人
恋人がサンタクロース
赤いスイートピー
※オリジナル発売年順

どれも以前にカバーした曲や有名曲ばかり、特に赤いスイートピー蔦谷好位置さんがプロデュースしたこともあって非常に楽しみです。もう間違いなく上手く歌ってる自信があります(笑)。池田エライザさんなんて歓喜しそうですね。ただ一方で恐らくは今年もエレファントカシマシの新曲が出なさそうなのが寂しい。無理くり順番を付けると、どうしても「エレファントカシマシの新曲」「宮本浩次の新曲」「カバー曲」てな順番になってしまう。
最近も(未だに)「町を見下ろす丘」を聞いていて、『ああ、この歌詞はこういう意味だったのか』『こうも解釈できるな』(「地元のダンナ」の鮮烈さを見よ!)と思う日々。宮本浩次、4人の紡ぐ曲、54歳の歌詞を本当に楽しみにしている。

広報Twitterさんは相変わらずキレッキレ。いやでもEテレ→総合にほぼ連続で出演というのは珍面白い。狙ったかどうかは分かりませんが、編成の人も「おおっ」っとなったでしょうね。



  • これよりDVD視聴

昨日届いてましたが、今日やっと開封して特典盤DVDも見ます。殆ど冗談で期待していたのが(作業場でのライブは無人だったので)もう一人の主役であるカメラの機種名がズラーッと書かれているのを妄想してました。そんなこと現実的ではないんですけれど。ああいうプロが使うカメラの機種が知りたかった。「完全版」これから楽しみます。


外環道の話は次回(そして大した話でもない)。

P.S. I love you(初回限定盤)(DVD付)

P.S. I love you(初回限定盤)(DVD付)

  • アーティスト:宮本浩次
  • 発売日: 2020/09/16
  • メディア: CD

Number(ナンバー)1010号[雑誌]

Number(ナンバー)1010号[雑誌]

  • 発売日: 2020/09/03
  • メディア: Kindle