エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

宮本浩次、連日稼働中。

昨日は主題歌がオンエアされただけですけど、まあ今日はTBSにて「宮本浩次」と「エレファントカシマシ」で歌ったので。そういえば「昇る太陽」初オンエアもTBSの同じ番組でしたよね。

www.youtube.com
メロディラインもキレイで、宮本浩次の高音も凄くよく出ている。ただ「宮本、独歩。」の『Fight!Fight!Fight!』でも気になってしまったのだけれど、フレーズの使い回しと言えばいいんでしょうか。過去の歌詞のフレーズが再度出てくる所が目立ってしまう。今は通勤中に『Do you remember?』『花男』『扉』をランダムで聞いていたりしていて、特に『花男』の歌詞は未だに痺れる。恐るべき早熟真正性。

きさまに言うこと何もない 聞きたいことも何もない 俺は口もと笑い浮かべて きさまを信じるさ

これを10代で作ってしまうのだから、とっくにダブルスコアの年齢も超えた俺は何を思えばいいのか。いや本当に例えば信頼出来る男同士というのはこうだと思うんですよ。最近そんなことをとみに感じています。だからか、最近の歌詞にはありきたりさを感じてしまうのかもしれません。


TBSでの「俺たちの明日」はファンの方がリモート出演ということで、一対一くらいでエピソードを語るのかなと思いきや、30画面、40人(多分)。そう来たか!よく見えていますよたまに画像が荒れてしまうけれど。
また(いつもだけれど)残念なのはショートバージョン。そして宮本歌詞をとちる(P.S I love youの序盤でも間違っていた)。頼むぞ宮本浩次

  • 慣れの怖さ

例えば昔のライブハウスの映像を見てしまうと「おお、何という密状態。今ではどうやっても有り得ない」と思ってしまう、このコロナ状態・ソーシャルディスタンスが始まっていつの間にやら半年近くが過ぎてしまい、真夏でもマスクを付けるのが日常になってしまった、これらがいつ解けて熱狂が取り戻せるのか、今年も一年の半分が過ぎましたが一向に分かりません。
今月は(公表されている分では)24日の新曲配信と、26日のWOWOWオンエアを楽しみにしたいと思います。特にWOWOWではMy番組登録者数がどんどんあがっており、今現在6位、数々のスポーツ、映画、音楽番組がある中で、この数字は掛け値無しに凄いと思います。
www.wowow.co.jp