エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

祝!「未来の生命体」を超えゆく生命体、宮本浩次、52歳!

アルバムリリース祭りからも取り残され、いつの間にか6月12日。今日の世界の注目はシンガポールに集まっていますが、赤羽が生んだロックスター宮本浩次の52歳の誕生日です!

  • 宮本浩次、「未来の生命体」を越え行く生命体説。

・・・何を言ってるのか、まあ聞いて下さい。エレファントカシマシは2002年の「DEAD OR ALIVE」で『未来の生命体』という歌を出した。これは『停滞と病経て今 自ら堕ちてゆく我が身を見る好条件』『退屈さえ飼い慣らされて』『どうやら体力も落ちていくオレ』と一歩先の自分を見据えて、それらを「未来の生命体」と定義づけているんだと捉えています。そして最後に『越えろ』でエンド。
今の52歳宮本浩次は、36歳宮本浩次が想定していた「未来の生命体」は確かに到達したんだけれど、それを既に越えているのではないだろうか。本気でそう思う。ぼんやりと「不惑」の年を間近にして、その未来を悟った。その先まではさすがの宮本浩次も見通してはいないんだろうけれど、歌い続けていたらあっという間に過ぎ去ってしまった。そして今、16年前を振り返れば、自ら定義づけた「未来の生命体」をいつの間にか(「今を歌え」風に)越えているのではないだろうか。自らが想定し、それに対して希望と絶望を両方背負った「近未来のオレ」を遙かに超えた52歳の男がここに居るのではないか。最近の獅子奮迅たる働きを見るとそう思います。

とにもかくにも世界一カッコいい(当社比)52歳、エレファントカシマシの総合司会、宮本浩次。誕生日おめでとうございます!今年もひたすらに期待しています。

www.ntv.co.jp

今回の番組テーマは「こんな私でも心が折れましたSP」。宮本は曲作りができなくなるほど大好きだった彼女にフラれてしまったときの失恋エピソードを語る。また「観客がトイレに行けない、微動だにしない、想像を絶する雰囲気のコンサートだった」と振り返るデビュー当時のライブ映像が公開されるほか、宮本が尊敬するある人物からのサプライズプレゼントも登場する。

「宮本が尊敬する人物」ってもう永井荷風とか偉大なる作家が真っ先に浮かんじゃうんですが(笑)、上記の36歳の時には、こうやってまたバラエティ番組に出ることなんて想像もしていなかったし、出る気もなかったんだろうけれど、きっかけはなんだって構わないと思います。「エレカシ宮本って面白いな」「一度歌を聴いてみるか」「・・・なんだこのロック歌手は」という流れをいつも期待しています(16年前のオレがまさにそうだった!)。

  • 去年の誕生日と異なる点。

そうだ忘れてた、去年の誕生日の時点では髪が長かったんですよね(笑)。去年秋にバサッと短くして。今はまた元に戻っているようですが(今ぐらいの長さにヒゲがちょうどいいのは俺だけでしょうか)。まあこのオッサンは基本、どうやってもカッコいいっすから。身体の芯から格好良さが溢れてるんだと思います(バカ)。


  • 「WAKE UP」は「余裕が感じられる」。

まだまだ聞き足りませんが、そんな感想がつい出てしまいます。特に『旅立ちの朝』『いつもの顔で』『オレを生きる』のラスト三曲にそれを強く感じる。ややもすると「RAINBOW」は『デビュー30周年』『47都道府県ツアー』『目指せ紅白歌合戦!』という言わば「決めなきゃならないアルバム」の後だから余計そう感じるのかもしれないです。『オレを生きる』は余裕さと老練さが同時に感じられる曲で、またラストがね。「こう格好良く落とすのか!」と思わせつつのフェードアウト。いろんな意味で余裕が感じられます。みなさんはどうですか?

news.yahoo.co.jp
今回のインタビュー群の中で一番好きな、かつ食い入るように読ませる記事。写真も素晴らしいし、何よりこのクオリティのインタビューが無料で読めるなら、そりゃ雑誌離れが進みますよ(笑)。最近のYahoo!ニュースは本当にクオリティが高い。一流雑誌の特集ページを思わせるほど。


はてさて、6月12日、世界はどんな日になるでしょうか。何はともあれ世界に平和が戻りますように。



23rd Album「Wake Up」ダイジェスト映像

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

音楽と人 2018年 07 月号 [雑誌]

音楽と人 2018年 07 月号 [雑誌]