エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

5月25日「The Covers」が『エレカシ三昧』な件。

もう公式Twitterが自分で「エレカシ三昧」って言ってますもん(笑)。この番組はエレカシが好きすぎですね。

Coversゲスト:エレファントカシマシ
トリビュートゲスト:菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)、manaka from Little Glee Monster
5月25日(金) 22:00~22:59(BSプレミアム

【披露楽曲】
エレファントカシマシ
「さよならの向う側」/山口百恵(1980年)
いとしのエリー」/サザンオールスターズ(1979年)
「Easy Go」/エレファントカシマシ

manaka from Little Glee Monster
「悲しみの果て」/エレファントカシマシ(1996年)
菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
「風に吹かれて」/エレファントカシマシ(1997年)

www4.nhk.or.jp

もう一時間、エレファントカシマシが独占ですよ。昨年のオハラ☆ブレイクで話題をかっさらった、そして俺も凄く聞きたい「いとしのエリー」。新曲もテレビ披露。そしてカバー二曲と、いくらアルバム発売直前とはいえ、「中の相当偉い人がエレカシ好きすぎる説」「NHK全体でエレカシ熱が上がってる説」様々挙げられるんだと思いますが、なんだかんだ言って「エレファントカシマシのパフォーマンスが高まってる説」は間違いないと思います。いくらプロモーションに熱を入れてもさすがに実力伴ってなければNHKでここまでやらないでしょうし、むしろNHK、または番組をそこまで掻き立ててるのは間違いなくオッサン四人組なんだと思います。

  • オレがミツメテるのは、通常盤と決まった!!

なんとなく「生命賛歌」風に叫んでみましたが、ニューアルバム「Wake Up」は通常盤を買うことにしました。ライブCDは魅力的ですが、もう純粋純粋にアルバム一枚を楽しんでしまえ、と。エレカシのアルバムで通常盤を買うのは「町を見下ろす丘」以来のはず(そもそもそのアルバムは通常盤しかないはずですが)。そのアルバムはベスト3に入るくらい好きなアルバムなので、個人的には原点回帰でいいや、と思っています。
ただ誤解を受けてもしょうがないところはあるんですが、デラックス盤の内容をくさす意図はないので、そちらの感想等もコメントなどで教えて頂ければと思います。この流れで「今年もNHK大露出!」→「年末の歌合戦も出演」→「それを記念してデラックス盤再発」とかなったら笑いながら怒りそうですが(笑)、何はともあれオッサン4人が情熱に情熱をたたき込んだ全12曲を楽しみにしたいと思います。

  • 蔦谷好位置さんのブログの比喩がストンと腑に落ちる件。

相変わらず蔦谷好位置さんが人間としても好きで(勿論話したこともないんですが)、久々のブログも感服してしまいました。

lineblog.me

これもどっかで言ったか昔ブログに書いたか忘れたけど、人間はみんな最初は川の上流にある岩とかでっかい石みたいなものだと思います。それが学校教育とか社会とか資本主義とか、いろんなものに篩いにかけられてみんな角が取れて丸く、小さくなっていく。そうして篩いにかけられた小さな同じような綺麗な砂になる。
ゴツゴツした岩や石は、普通じゃないから篩いの上で踊り続けるんです。それはそれは誰も見たことないようなカッコいい踊り方をしている石もあれば、綺麗な砂たちから見たらまるで見せ物のように滑稽に見えるときもあるんです。
でも篩いにかけられてるほうは必死で、落ちたくないし、篩いの中で踊り続けていることが一番輝いていると感じられるんです。

比喩も巧みなので、読みながら「なるほどなあ」と素直に頷いてしまった。そしてその比喩の対象をどうしても宮本浩次に例えてしまう。この例えを当てはめると、宮本は相当ゴツゴツした岩や石だと思うんです。篩いにかけられるかは別として、必死に抗い続けて51年、または31年。キャラが作られた芸能人だったらば「丸い小さい芸能人」つまり社会と折り合える芸能人になるんでしょうが、そんなことなんて出来ない「不器用な人間」はもう輝くか輝かないか、世に咲くか咲かないか、下手すりゃ二者択一に近いレベルなのかもしれません。
それで蔦谷好位置さんはそういうゴツゴツした岩や石を探して、プロデュースして世に出したい(そういう人を常に探している)。そう考えると宮本浩次蔦谷好位置さんの蜜月期間・相思相愛期間というのもさもありなんと今更ながら思います。歌い手とプロデューサーが上手く噛み合えば二乗三乗になるということは、「笑顔の未来へ」以降目の前で散々繰り返された光景だった。


未だに俺はエレカシ蔦谷好位置さんの共作を期待していますが(いつか絶対にそのタイミングは来ると思っています)、とにかく蔦谷好位置さんはゴツゴツした岩や石的な人を探しているようなので、心当たりのある方は是非!蔦谷好位置さんは作品は全部見る宣言をしているので、考える前に動き出しましょう(篩いにかけられて丸くなってしまった砂より)。

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

Wake Up(通常盤)

Wake Up(通常盤)