エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

俺の祖国よ・・・

なんだか世の中お盆ということで一夏の休憩ムードが高まってますが
ワタクシは「ここが稼ぎ時!」と一踏ん張りしてきました。
帰ってきて疲れ果てた身体に「俺の道」が身に染みる。
『季節はずれの男』『ろくでなし』とか泣きそうだ。


さてさて同時に衆院選ムードが高まっていますが、疲れてると
逆にハイテンションになるのか、おーしおしと批判覚悟で
「当選してもらいたい候補者」をズラズラっと書きます。


まずは新党日本支持者として
東京11区 有田芳生新党日本
兵庫8区 田中康夫新党日本
有田芳生さんは事情が許せば選挙ボランティアをしたかった。
(今回は出来なくて本当に残念)。
誠実なる人柄、「市民感覚」なる知性、戦後の政治知識等々
まさに「今、日本に必要な国会議員」だと思います。
選挙戦は苦戦・接戦が伝えられていますが、是非!
新党日本代表の田中康夫氏は言わずもがな。
長野県知事時代の実績、また参議院議員としての活動を
議事録などから見ても、まだまだ国会で世の中を動かして欲しい。



その他、新党日本以外から「この人は良い!」リストを。
(何も言わずとも当選する人は除いております)


福島3区 玄葉光一郎(民主)
地方分権のスタンダードというか、この人が地方分権
きちんとリードするならば少なくとも間違った方向には
行かないと思います。


栃木3区 渡辺喜美みんなの党
至極真っ当な事を主張しています。
他の候補者と違うのはそれで「自民党を出る」という勇気が
あったかなかったかの違いなんじゃないかと。


埼玉5区 枝野幸男(民主)
幼少期の経験がそうさせたのか、常に「弱者への視点」に
眼を向けています。


神奈川15区 河野太郎(自民)
この人はいわゆる「四世議員」で、本当ならもっと出世しても
おかしくないのに、『与党内野党』を貫いています。
自民党議員として外務委員長になったのに核密約についての
政府答弁を追及するなど、本当に自民党四世議員?と
良い意味で期待を裏切っています。
今僕が一番注目している議員の一人でもあります。


東京8区 保坂展人(社民)
社民党は好きじゃないのですが、この人は「権力監視」として
国会にいて欲しい。ただ当選出来るかなあ・・・。


東京21区 長島昭久(民主)
この人の安全保障理論は崩れることがない。
少なくとも民主では一番真っ当な外交理論を持ってると思います。
ナマで講義を聴いたこともあるんですが、とにかく熱血漢。


岐阜1区 野田聖子(自民)
「保守」というスタンスを考えれば後述の城内実と同じく
最も真っ当な位置に居ると思います。


静岡5区 細野豪志(民主)
国会質問の王者、スペシャリスト。
スキャンダルさえなければもっと出世出来ただろうに・・・。


静岡7区 城内実(無所属)
「保守」の王道なんだよなあ。当選後の位置づけに注目です。


奈良1区 馬淵澄夫(民主)
この人も国会質問のスペシャリスト。


鳥取1区 石破茂(自民)
二世議員で「軍事オタク」とも呼ばれていますが、防衛相当時の
国会答弁を読む限り至極真っ当。
農水大臣より防衛相をずっとやって欲しかった。


徳島3区 後藤田正純(自民)
またまた国会答弁のスペシャリスト。あまり与党的な答弁をしない。



と、国会での活動を元にズラッと挙げてみました。
そうなると自然と現役議員が有利になっちゃうのがダメな所ですね・・・。


あと二週間とちょいですか、どんな結果になろうともこの先
四年近くの日本を託す人々を選ぶ選挙です。
後悔無く「この国の行く末」を考えて投票しましょうぜ!