エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

蔦谷好位置さんと宮本浩次の最高な曲ってなんだろう?

蔦谷好位置さん 祝・入籍、ご結婚!ということで、今回は蔦谷さんの名前を先にしてみました。


その前に蔦谷さんが関わってる曲ってどのくらいあるんだろう、とJASRACのサイトで
調べてみると「桜の花、舞い上がる道を」と「幸せよ、この指にとまれ」しかない。
ああそうか、上記二曲は作曲者としてクレジットされているんですけど、他の曲は
編曲・アレンジャーとして参加しているのでこういう結果になるらしいです。


ということで、歌詞カードを引っ張り出して調べてみると・・・。
『今はここが真ん中さ!』『笑顔の未来へ』『こうして部屋で寝転んでるとまるで死ぬのを待ってるみたい』
『リッスントゥザミュージック』『さよならパーティー』『翳りゆく部屋』(勿論ユーミンですけど)
『Sky is blue』『ハナウタ〜遠い昔からの物語〜』『あの風のように』『ジョニーの彷徨』
『ネヴァーエンディングストーリー』『桜の花、舞い上がる道を』(共同作曲扱い)
『moonlight magic』『明日への記憶』『旅』『彼女は買い物の帰り道』『歩く男』
『いつか見た夢を』『赤き空よ!』『幸せよ、この指にとまれ』(共同作曲扱い)。
mixやadviserのみの曲は除外しています。
(もし抜けている曲がありましたら教えて下さい)。


もうユニバーサルミュージックに移籍してからのコアな、代表的な曲は全部蔦谷さんが
手掛けていると言っても過言ではない状況です。
移籍初期から、最新曲までまんべんなく関わっていて、宮本との蜜月っぷりがよく分かります。


上記の中でも個人的にとりわけ印象深いのは『笑顔の未来へ』。


最近は宮本もMCで言うことは殆ど無くなったのですが、元タイトルは「涙のテロリスト」だった。
移籍後、発売前からライブで「涙のテロリスト」「涙のテロリストもとい、笑顔の未来へ、です」と言いながら
披露してたんですが、原曲は相当トゲトゲしかった記憶があります。
ライブで披露する段階でもトゲトゲしいということは、デモテープやリハーサルではそれより相当に
トゲトゲしい、荒々しい曲じゃないだろうか、ということは想像出来ます。
でもライブを経て洗練されて、CDではえらいキレイなんだけれども、宮本節が入っているという
絶妙な曲に仕上がっています。トゲトゲしいけれど聞き込んでみると美しい。逆もしかり。


そう考えると「涙のテロリスト改め笑顔の未来へ」はやっぱり良くて、もしも宮本のギラギラしたロック魂を
日本刀の真剣部分に例えるならば、蔦谷さんのアレンジはそれを優しく、でもちょうどフィットするように
格好良く包む日本刀の鞘のようなイメージなんですよね。
宮本の鋭すぎる真剣を蔦谷さんが作った鞘に収めるとジャストフィットで格好良くて、つい腰に付けたくなる。
そんなイメージです。そして格好いいからって甘く見てるとやたら斬れる真剣(つまり名曲)が出てきて斬られる、という。


でもこれだけ「笑顔の未来へ」について書いておきながら、実はそれよりも好きな曲があって(笑)
「さよならパーティー」と「彼女は買い物の帰り道」はどうしても外せない。
「さよならパーティー」は最初聞いたときの独特のリズム感と、ポップだけれどロック、ロックだけれどポップという
絶妙なバランス感覚が忘れられない。これは「笑顔の未来へ」にも言えることなんですけれど。
個人的には「そこを突いてくるか!」ってな絶妙な音楽ポイントをズバズバって押される感覚です。
だからライブで「消えねえココロの古傷に・・・」ってイントロやられるだけでもう狂喜しちゃいます。
会場の中で一番喜んでるの俺なんじゃないか、ぐらいに(笑)。
「彼女は買い物の帰り道」はもう今まで書いてきたとおり号泣曲の一つ。


勿論蔦谷さんがエレカシに関わることについての批判もあって、まあ関わりすぎだとかアレンジしすぎとか。
その気持ちは分かるんですけれど、でもアウトプットとして上記の楽曲が出来て、それを聞いちゃうと
黙って聞いてしまうしかないというか、出来た音楽が悪ければ「蔦谷さん関わりすぎなんじゃないの」とも
思ってしまうのかもしれませんが、出てきた音楽がいいので「じゃあ蔦谷さんドーンと行ってくれ」と
期待してしまうんですよねえ。
あとはその「蔦谷好位置さんに頼りすぎる危機感」というのは宮本自身が一番深く考えて、そして例えば
前回のツアーは蔦谷さん抜きでやってしまうとか、「明日への記憶」「歩く男」「いつか見た夢を」はもう一度
四人でやってみようとか、そこらへんの感覚は宮本が一番考えて実行してるんじゃないでしょうか。
そりゃ四人なら四人でやっぱり嬉しいけれど、最近の曲は蔦谷さんやサニーさんなどのピアノが入った方が
明らかに映えたりするので、今ぐらいのバランスが一番いいんじゃないかな、と思ったりします。


色々と書いて長くなってしまいましたが「笑顔の未来へ」「さよならパーティー」「彼女は買い物の帰り道」。
蔦谷さんが関わった曲の中でこの三つは抜けてますね。ちょっと順位つけられないレベルです。
皆さんは蔦谷さん関連の曲ではどんな曲が好きなんでしょうか?


あとはJCBホールで「新婚ホヤホヤ、蔦谷好位置!」と先生が言うことをちょっとだけ期待してます(笑)。


忘れてた、明日はその蔦谷好位置さんと宮本浩次の対談が入った「キーボードマガジン」発売です。
生まれて初めてキーボード専門誌を買います。これは買うしかないです。

(Amazonアソシエイト)