エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

宮本を男と呼ぶとしよう

タイトルはまんま「それを愛と呼ぶとしよう」の引っかけです。


今朝から「桜の花、舞い上がる道を」の携帯用ビデオクリップが
ダウンロード開始されました。
5分16秒のプロモーションビデオが携帯でいつでも見られます。
もう携帯用というのは困ったもので,「STARTING OVER」も
CDで買ったのにやれ着うただ,着うたフルだ,と出てしまうと
ダウンロードしてしまい,やべえ今月1000円分も使っちゃったよ
ってな具合になります。
そりぁCDと比べたら流通コスト諸々が安いダウンロード系に
音楽業界が流れるよなあ,と今更ながら思った次第。


今日発売の「rockin'on JAPAN」購入。
なんでもエレカシ全員登場は10年ぶりだとか。
「bridge」でもこないだトミが倒れて全員登場したのが創刊以来
初なんだから,それぐらいレアなんですよねえ。


読んでるとエレカシ自体が非常にいい雰囲気なので面白いのですが
苦笑してしまったのが
宮本「でもリハ週に5回ぐらいやってるから。しかも俺,その
合間の日は石くんちにいますからね」
おい!(笑),結婚してる石くんの家にそんなに行っちゃ
いけませんがな先生。
微笑ましいのと同時にヒヤヒヤさせる宮本浩次


しかしまあ今は売り上げも好調でメロディや歌詞も前向きというか
現代風の路線だったりしますが,そのうち宮本がこれに飽きてまた
「不安定路線」に行ったりしそうだなあ,と思ったのも事実。
矛盾するようですが,その「どこに行くかわからない宮本の力」
というのがエレカシのパワーの根源だったりしますからねえ。
ガリガリの独自路線に行ったり,売れ線のポップ路線に行ったり
そしたらまた「俺の道」なんか作っちゃったりしてはや20年。
僕はこれからもずっとこの「日本においては希有な」ロックバンドを
応援し続けて行くんだろうな,なんてことを思った次第です。