エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「これはエレカシからの贈り物だよ」っていえたら

タイトルは「ハナウタ〜遠い昔からの物語〜」より。


いよいよエレカシライブブートレグBOXの発送が始まり、早い人ではもう届いた方もいるようです。
「俺はまだだな、予約開始から三日ぐらいしてから予約したしな・・・」と思ってたらこんなメールが。


最近の物流とITのミックスは凄いんですね。例えばクロネコさんのクロネコメンバーズっていうサービスに登録しておけば
荷物が俺宛に発送された時点で、クロネコさんから「あなたに○○さんから△×という荷物が発送されました、○月×日到着予定です。
もし都合が悪い場合、配達時間の変更やクロネコの営業所やコンビニでの受け取りを変更して下さい」ってメールが届くんです。
一人暮らしにとっては有り難いサービスで、クロネコさんも無駄打ちがなくなって両方ともにメリットあるんでしょうね。


って本題だ。こっちにもエレカシのCD-BOXが発送されたようです。
また嬉しいのは(狙ってはないんでしょうが)ご依頼主に「エレファントカシマシ様」って入ってて、品名も「デビュー25周年記念商品」。
まるでエレカシからの記念ギフトのよう。ただ相当高いお金払って自分で買ってるんですけれど(笑)。
発送メールにこう入ってるって事は、箱のラベルにもこういう風に記入されてるんでしょうね。届くのが楽しみです。



もう一つオフィシャルさんからニュースがありました。
エレカシのエピック時代の事務所、双啓舎社長にしてマネージャーさんだった綾部和夫さんが今年8月に東京ビックサイトで骨董についての
展示会をやるそうですが、そのポスターに宮本浩次がコメントを寄せています。


http://home1.att.ne.jp/sun/jambokun/antique/ayabe.html


コメントって言うから短いのかな、と思ったら短編のエッセイのような文章で、「THE BEST 俺たちの明日」での文章を思い出しました。
坂崎幸之助さんの写真も素敵で、きっと素敵な展示会なんだと思います。


この文章読んでたら、蔦谷好位置さんが宮本浩次と石君と京都に骨董品探す旅に行って疲れたという話を思い出しました(笑)。
蔦谷さんの旧ブログなので、もう記録には残っていないのですが、2007年の5月頃、宮本、石君、蔦谷さんで京都の街を訪のうて
先生がずーっと骨董品屋さんを巡って、最初は蔦谷さんも付き合って歩いてたんですが、一日中探すもんだからさすがの蔦谷さんも疲れて
「宮本さん、今日はもう休みませんか?(一旦帰りませんか?)」という話(記憶の限りなので、もし間違っていたら教えて下さい)。


しかしそんな話も3年ぐらい前かなと思ったら、もう6年になるんですね。蔦谷好位置さんとの仲もそんなになるのかとちょっとビックリしました。


いやでも宮本浩次はロックについてはどう考えても信念の人ですよね。それは間違いないと思います。