エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

中身もダンディーな成ちゃん

Zepp Tokyoの11月21日分が当選してきたので引き換えてきました。
今のところ行く予定なのは東京の二日間のみですが、楽しみですね。


PAO Vol53は去年の野音の号なのですが、メンバー全員に
Q&Aということで、質問と答え(直筆)が掲載されています。
その中の成ちゃんの答えが格好良すぎる。

Q. ご自身が20歳の頃に、20歳年上の方々に抱いた気持ちはいかがでしたか?

A. 名実ともに大人

Q. 逆に現在、20歳年下の方に贈るメッセージをお願いします。

A. 実際この年になってみると思っていたほど大人ではない。
  焦らず成長して行けばいい。

これ、凄く蘊蓄があって深い回答だと思いませんか?


僕も子どもの頃、例えば25歳の人なんてもう大人で知識も沢山あって
経験豊富で、本当に「大人」ってなイメージがあった。
でも実際自分が25歳になってみると、まあ子どももいいところで(笑)
毎日下らないことを言ってるわ、責任感は半端だわ、まあダメでしたね。
子どもの頃にイメージしてた「25歳」とはだいぶ違った。
でもそんなことを周りの友達に話してみると「俺もそうだ!」みたいな
話になって、なんのことはない、みんなそう思っていたらしい。


そして成ちゃんの下段の答え。
「成ちゃんにそう言って貰えるとホッとする」。
あの成ちゃんが「この年でも思っていたほど大人ではない」。
「焦らず成長して行けばいい」と言ってくれると、あ、そんなに
焦らなくても大丈夫なんだ、マイペースでもいいんだ、みたいに
読んでかなりホッとした覚えがあります。
さすがエレカシダンディー担当。中身も相当にダンディーですよね。


たゆまずに、成長していくしかないですね。


来週にかけてコットンクラブスペシャルライブの映像化実現運動を
やっていきます。
有料か無料か、初回特典のようなオマケか販売かPAO会員限定か
いろんな実現パターンがありそうですが、そこまでニッチに絞ると
逆に身動きとれなくなるので、まずは「映像化」というところに
フォーカスを絞ってドーンとやってみたいと思っています。
ある種シングルイッシューにしてしまうというか、どういう形であれ
「映像化」して欲しい、という一点に絞ってみます。
来週は色々あってそんなことをやってる時間があるのかよ、状態なのですが
上記の通り僕は怠け者なので、自分で自分にある程度縛りをかけないと
なかなか動けない、という背景があったりします。


コットンクラブのライブから一ヶ月超、今エレカシはニューアルバム制作に
男稼業フル稼働中ということは、ある程度方針というかどういう動きに
なるかは決まってると思うんですが、そういう方針とか動きとは別に
「こちとらファンの熱い想い」を届けたい!といつものように後先は
あんまり考えずにやってみます。


最近変に図太くなってきたというか、周りの陰口や冷やかしの声は
どうだっていいや、それよりも自分のやりたいことをやってみようと
半ば開き直りのような形で色々とやってみます。
裏で色々言いたい人は言ってればいいさ、みたいな。
そうやって色々言われることのマイナスよりも、実際に行動を起こしてみて
返ってくるリアクションだったり化学変化だったりを感じる方が
圧倒的に楽しいというか、明らかにプラスになります、何事にも。



ただやるからにはちゃんとした形でサイトやフォーム等々を整備する
必要があるので、しばしお待ち下さい。
こんな状態で「枯れてゆく俺」記事へのコメント全レスやれるかどうか
怪しいですが、今は自分で自分を追い込んでみます。これも近いうちに。
どなたかHTMLやCSSとかに詳しくて、ちょっとしたサイトなら言ってくれれば
すぐに作っちゃうよ、みたいな人が居ましたら是非連絡下さい。
こういう作業はもう苦手も苦手なので、毎回タグを凝視しながら
色んなサイトを作ったりしてます。目が疲れた、肩が凝る!みたいな。



んなこと書きながら、今日は秩父で友達とBBQしてきました。
たまにはこんな一日もいいさ。友達がいるのさ、俺もまた頑張ろう。

あ、誰かカメラに向かってピースサインをしてる。
パソコンに取り込んでみて初めて気がついた(笑)。