エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

十二月へと

  • 明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次 発売!

なんとも複雑です。そりゃメロディや歌詞は宮本とは違う世界観で、でも歌声は宮本浩次で、また椎名林檎さんとも毛色(?)が違っているので、なんと言えばいいんでしょう「いつもの馴染みのお店が華やかな場所に出店した」気分とでも言ったらいいんでしょうか。今日は「スッキリ!」にもインタビュー出演、そしてミュージックステーションに再度出演。これから十二月になって、両方のプロモーション、ライブ出演、そして紅白歌合戦宮本浩次は男稼業フル稼働。

今朝オンエアされた「スッキリ」での『スカパラ谷中敦さん・宮本浩次加藤浩次さん」のスペシャル対談の超ダイジェスト(敬称略)。

谷中「エレカシを好きなったきっかけは?」
加藤「本当に申し訳ないんですけど、本当に好きになったのは『俺たちの明日』。最近なんですよ。たまたま田舎に帰ったときに、高校時代の仲間に北海道で会って、一人が歌ったんですよ。僕が40代になったぐらいか30代後半ぐらい。そのときにあの歌詞が、野郎どもの『どうだいカミさんは元気か?』ってみんなの中の共通になったんですよね。それですげーいい歌だな、って、昔からのファンには悪いんですけど、そっからなんですよ」。
谷中「エレファントカシマシのトリビュートアルバムで『俺たちの明日』をスカパラ演奏で、高橋一生くんが歌って、発売前だったと思うんだけど、ショートメールで宮本君に『一生君の歌聞いた?よかったよね?』って送ったら『感動しました、彼は素晴らしいですね』って言いながら『羨ましいとも思ってしまいました』という一行が入っていて、それ読んだときに、もしかして俺らで歌いたいってことかなって舞い上がっちゃって、メンバーに話したら『それならやってもらおうよ』って。だから凄い大事な曲。『俺たちの明日』が僕らの今を作ってくれている」。

加藤「『俺たちの明日』で10代、20代、30代の歌詞が凄いグッと来ちゃって、40代50代を作って欲しい。先を作って欲しい、教えて欲しい。宮本さんに」。
宮本「男だったら両方出来ますよね。引きずり回して自由に向かう」。

加藤「宮本さん女性にもてたいってありますか?」
宮本「愚問っていうか当たり前っていうか・・」一同・スタジオも笑い。
宮本「例えば今日も電車に乗ってくるでしょ。原宿で降りると若い人がいっぱいいる。そうすっとね、年なのか分からないけれど、若い女の人って(肌が)ピッチピチですよ!あの美しさってもの凄いものがあって、それだけで若返る」


今後の夢・野望について
宮本「楽しい歌を歌えるよう一日一日やっていきたい。当たり前のことなんですけど」。
加藤「プライベートなことでは?」
宮本「あー・・・・・・、小金持ちになりたいですね」
加藤「十分、大金持ちじゃないですか。今、小金持ちには自分の中ではなってない?」
宮本「もうちょっとですよね、小金持ちまでには。もう一息努力が必要」

スタジオに戻り加藤浩次「宮本さんもうちょっと具体的に話してくれたんですよ、何平米の家に住みたいって」一同笑。「楽しかったですね、二人とも懐が広いですし、素直に入ってくれる。お酒入って無くて二時間こんなに話せるんだなって。カメラの存在忘れましたよ途中で」。

加藤浩次が「俺たちの明日」を絶賛(というか号泣) - エレカシブログ 俺の道
この「加藤浩次エレカシに嵌まる」ラジオが10年以上前とは!何度この書き起こしをセルフ引用したことだろう(そして、この音源は当時パソコンに保存してたのですが、買い換えの買い換えでデータがなくなってしまった・・・。極楽とんぼのファンなら持っているかもしれません。もしそんな方がいましたら是非連絡下さい)。

正直こんなに集まるとは思ってなかったんです。共同企画者(というより発案者)のまささんが専用サイトを使ってまとめてくれています。

note.mu

「シグナル」は自分でも一票入れたんですが(笑)、4票も入っている。他の方のオススメ曲、オススメ理由を聞いていると「なるほど!」とうなずくことが多いです。まだまだ、というかこれからドーンと募集していますので、ハッシュタグに#宮本からエレカシへ #林檎からエレカシへ #スカパラからエレカシへ #赤羽からエレカシへ か、このコメント欄でも結構です。教えて下さい!

これは痺れる!家のテレビに外部スピーカーでちびちび見ていますが、ドラムを叩く空気感、劇場のような色温度、生中継とは全く違うスイッチング(ちょっと頻繁な気もしますが)、ライブ映像化作品としては相当クオリティ高いと思います。またラストの「四月の風」での宮本浩次の涙で・・・。
そして嬉しいのがAmazonレポートだと、売り上げ比が7:3~8:2ぐらいでBlu-ray:DVDとなっていて、波が来た!と勝手に喜んでいます。寒い季節に熱い熱い映像はいかがでしょうか。

今年はいわゆる「獄中記」をいくつか読んでいますが、もれなく刑務所(拘置所)の大晦日はラジオ(テレビ)での紅白歌合戦が楽しめるらしい。そんな話を読みながら、この間も首都高から見える東京拘置所を見て考えてしまった。「何を思って聞いているんだろう」、そんなこと十人十色なのは分かってはいますが。泉谷しげるさんが2013年の紅白歌合戦

終盤の歌のサビで、観客らに「手拍子してんじゃね~」と睨みつけると、「テレビの向こうで紅白見てるお前ら、いいか。今年はいろいろあったろ。だから、きょうを自分のきょうにしろ」とテレビ越しに思いをぶつけた。
(中略)
最後はギターを投げる“パフォーマンス”も披露。歌唱後には手拍子について「あいつら、馬鹿だからさ! そんな恵まれた奴には歌いたくない。テレビの向こうで寂しく過ごしてる奴や、帰りたくても帰れない奴に歌ったんだから」と心境を告白。
【紅白】泉谷しげる「帰りたくても帰れないやつに歌った」 初出場で魂の熱唱 | ORICON NEWS

と叫んだ理由が今更分かった気がしたのだ。世界中どころか塀の中にも伝わる歌番組。去年は男たちの「今宵の月のように」、今年は椎名林檎さんとの「獣ゆく細道」。あらゆる人があらゆる場所であらゆる思いを持って聞く歌合戦、もう一ヶ月後です。

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて (新潮文庫)