エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

お陽さまが昇れば・・・

1月13日の日本テレビ系「スッキリ!」、『クイズッス』のコーナー。ナレーションは「謎の男」こと山里亮太さん。


最初の映像はさいたまスーパーアリーナでの『悲しみの果て』。ただ恐らく単純ミスで冒頭の音がちょっとだけ流れず。

加「格好いい。行きたかったなー」
謎「一昨日、エレカシの25周年記念ライブがさいたまスーパーアリーナで行われました。
  何?加藤さん行きたかったなーってことは行けなかったんだ?
加「行けなかったのよー」

  • 映像は『桜の花、舞い上がる道を』でまさに桜が舞い上がってて、宮本が花道を前進する物凄い華やかなシーン。

謎「ねー、だってこれエレカシさん初の単独アリーナ公演だったんでしょ」
加「そうですよー」
謎「じゃせめてそこで感じてよ。大好きな歌、これ」

  • 映像『俺たちの明日』で宮本大熱唱シーン。

謎「いやー、格好いいですね!」
加「格好いい!」
謎「ちょっと加藤さん、悲しい顔しないで、この場で聞きたかった?生で聞きたかった?」
加「聞きたかったね−」
謎「オッケー、加藤さん。歌ってあげるよ」
スタジオ中『え、え、え?』の声。

  • 映像は『デーデ』で宮本が右に左に動き回るシーン。

加「天の声さんのはいらないですよ」
謎「今宵の月のように行こうか」
加「やめて下さい!やめて下さい!本当に勘弁してください。本当に止めて下さい」
謎「二回言うってことは本気なんだね」
加「歌い出したらすぐにVS(ボイスススタジオ・謎の声さんが声入れしている場所のことか)に走って行くからね」
杉「すぐ行く、すぐ行く(笑)」

  • 映像は花道の先端に立った宮本浩次が『あなたへ』を歌う姿。

謎「オッケー、ここで終わりにしておこう」
加「お願いします」

その後は怒髪天の武道館ライブ。この日の情報番組は怒髪天エレカシがセットで取り上げられることが多かったです。



フジテレビ、きくちPさんは勿論(?)参戦してました。
http://otogumi.fujitv.co.jp/lovekp/E20140111001.html




一枚だけ現地で拾った「桜の花、舞い上がる」花びら。



話は変わりますが、2002年にViewsicハービー山口さんの「the Roots」で取り上げられ、それ以来すっかりエレカシファンが行くようになった月島のもんじゃ焼き屋さん「ま乃」さんが一月一杯で閉店するとのことです。

これを見て、「もんじゃ焼きって美味しそうだな」って思い(笑)、初もんじゃ焼きも「ま乃」さん。事前に予約して「エレカシ宮本が座った席で」というとちゃんとこの映像で宮本が座ってた席を確保してくれて
それこそ本当にエレカシの曲をラジカセでかけてくれて。お世辞じゃなくてもんじゃも凄く美味しくて、毎回焼き方をお願いしてたら、店員さんが上手すぎるので焼き方も覚えることがありませんでした。
全国から(特に野音や武道館ライブの時に)ファンの方も沢山来て、本日女将さんから正式なお電話を頂いたんですが、11日前後も凄く賑わってたらしく、「四時間もやったんですね」とちゃんと覚えてらして。
・・・と「ま乃」さんの思い出話を書いてたらキリがないんですが、今月いっぱいで閉店するそうです。
ただ逆に今月中は事前に電話で予約をすれば、お休みとか貸し切りとかを除けば限定的に営業しますとのことなので、僕も行きたいと思ってます。


年のせいか、こういう話に昔以上に感傷的になっちゃうんですが。昇る太陽もあればお休みする太陽もあって、新しく生まれる太陽もあって、その繰り返しなんだと思います。


エレカシ抜きにしても本当に美味しい、月島の愛情と情緒がこもったもんじゃ焼き屋さんなので、今月、機会があれば電話予約の上、試してみて下さい。
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13041704/


(追記)
山崎洋一郎さんのブログより。

エレファントカシマシ宮本浩次と、さいたまスーパーアリーナ公演を語り合った
さいたまスーパーアリーナ公演の翌々日、さすがにすべてを出し切って疲れ切ってるかなと思ったが、宮本浩次は元気一杯だった。
1時間半、ノンストップで喋りっぱなし!次号JAPAN、全10ページでお届けします!

http://ro69.jp/blog/yamazaki/95581


次号は1月30日発売なので、18日の「僕らの音楽」、25日の「SONGS」に続き、今月は末まで「エレカシ祭り」開催のようです。