エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレカシ ライブブートレグCD-BOX シークレットトラックについて(仮)

ブログの日付は2012年5月8日となってますが、これを書いているのが2013年5月12日です。
シークレットトラックについて書くと言うことのネタバレ的な意味と、この記載自体に100%の自信がないので、日付をあえてずらしてます。


今回のライブブートレグCDは6枚組で、パソコンで取り込むと総勢92曲。
そしてエレカシのオフィシャルからは、マスター音源完成の報告と共に「いくつかのシークレットトラックを追加しました」というお知らせ。
これを読んで、最初はアルバム「俺の道」におけるシークレットトラック「心の生贄」方式だと思っていたんです。
つまり公式には11曲収録だけれど、いざCDを再生してみると12曲目が現れるという方法。
けれどいざブートレグCDを見てみると、紙のクレジット曲数自体は一致。どうやら曲の途中からシークレットトラックが現れるという仕組みのようです。


まずシークレット一曲目は、DISC2の2曲目「夢を見ようぜ」後半。
宮本の「新しいメンバーを紹介しよう。石君ですイェー!ウソです。貧乏人のみんなに捧げよう。俺の愛の歌を聞け。デーデだ」。そして「デーデ」。


DISC2の「ファイティングマン」のラストにちょっとだけ「孤独な旅人」が流れますが、これは短すぎて『トラック』とは呼べないと勝手に判断します。
(「野音 秋」「日本 夏」にも同じようなパターンが多数あるためというのもあります)。選者の方がこういう編集方法が好きなのかもしれません。


次は一気に飛び、DISC6の5曲目「ファイティングマン」。これは曲のちょうど真ん中から「俺の道」が始まります。
これはフルで収録されているので、堂々とシークレットトラックと言えると思います(堂々とシークレットというのも変な話なのですが)。
この「ファイティングマン」は2008年12月30日のCOUNTDOWN JAPAN 08/09バージョンですが、同日のフェスでは「俺の道」は演奏されていないので
どこかの「俺の道」を持ってきたのと思われます。情報がありましたらお願いします(手元にある音源集からも探してみます)。


・・・これで終わり、かもしれません。
二曲は確認できたので、「いくつかのシークレットトラック」という複数形のお知らせとは矛盾しないのですが、もうちょっと多いと思ってました。


というわけで、「他にここにシークレットトラックがあるよ」などありましたら、是非教えて下さい。すぐさま確認して追記致します。


このブートレグCDの最大のシークレットは「謎の選者」にあると思うのですが、選者の方も自ら名前を出すような感じではありませんし
ガチガチに「この人じゃないか?」と探すのも無粋なのかも知れません。
もっともそのうち復活した宮本がインタビュー等で「○○さんが熱心に選んでくれてね」とあっさりバラす可能性もあるかもしれませんが(笑)。


6枚組、92曲、約7.6時間(!)を丹念に聞き込むのには、まだまだ時間がかかりそうです。






(Amazonアソシエイト)