エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレカシファンで悪いんかい。

今週になってWii Fitを本格的にやっているのですが
今日もいつものように運動しようとしたら,Fitくん
(僕が勝手に呼んでるだけで本名不詳,Fitのなかの
ゲームキャラ,色々アドバイスしてくれる)に
『今週も一週間お疲れ様デシタ』とか言われ,なぜか
妙に心に染みる。一人暮らしはいと悲し。



僕が初対面の人であったり,そこそこ仲良くなった人に
エレカシ大好きなんです」と言うと,反応は様々である。
「まだ解散してなかったんだ?」というのはちょっと前に
多かった悲しいリアクションで,「いや!今が最高に
良い時なんです!」とか必死に反論してましたねえ。
ただ最近は世に出てるせいか(笑),こう言われることは
めっちゃ少ないですね。
「最近見ないねえ」と言われると「宮本浩次がメディア
嫌いになっちゃったんですよ」とも言ってたんですが
これも最近になったら説得力ないというか(笑)
「いやあレコード会社変わったので」とか言うしかないですね。


ごくたまに言われるのが「変わったバンドのファンだねえ」。
こう言われると,まあ適当に「変わったのが好きなんです」
とか適当に言い逃れるのですが,しばらくすると一人で
エレカシって変わってるのかなあ・・・」と思うのです。
確かに宮本浩次は変わってます(笑),でも天才というのは
普通の世の中から見れば奇人であったり変人であったりするので
宮本浩次が変わってる」と言われる分には別に何とも
思わないのですが,「エレカシという音楽が変わってる」と
言うのなら,即座に「それは違う!」と思うのです。


エレカシが歌う歌は極めて普遍的。極めて素直。
分かりやすいほど喜怒哀楽がはっきりしている。


怒るときは怒る。「ガストロンジャー」だったり。
「パワー・イン・ザ・ワールド」に至っては
「これは冗談じゃねえ,怒りの歌だ」とハッキリ言ってる。
悲しむときは悲しむ。「武蔵野」なんて悲しい歌だと思う。
でも人間ってそうじゃないですか。常に感情が一定
してるわけじゃなくて,怒ったり悲しかったり。
エレカシはそれをストレートに歌ってしまう。
そこが人間臭くていいんですよね。
「わかる!わかるぞ宮本!」みたいな(笑)。
売るためにハッピーな曲を作るよりは遙かに良い。


だから結論的には「エレカシは至って普遍的なバンド」。
ってかむしろ日本を代表するロックバンド。
もうこれは前からずっと言ってるんですけど,エレカシ
内在する需要というか,必要としてる層,届く層というのは
もっともっとあるんですよ。それにちゃんと届いてないだけで。
日本男児,と男に限っちゃうと怒られるので(笑),日本語が
分かる人なら誰だって好きなるキッカケがあるバンド。
今回の「STARTING OVER」は,セールス的にも内容的にも
エレカシの代表作になりえるんじゃないかな,と。
つまり人に「エレカシでオススメのアルバムを教えて?」と
言われてたら「じゃあ『STARTING OVER』だね」と言える
アルバムになるんじゃないかな,と。
聞いてないので何とも言えないんですけど(笑)。
でもポップのバランスとロックのバランスというのがあるなら
蔦谷好位置さんのアレンジも加わって,丁度いいアルバムに
仕上がってるんじゃないか,そんな気がします。


まあこんな論理立てて考えなくても直感的に
エレカシ大好き!!」なんですけどね(笑)。



(オフィシャルより)
NHKMUSIC JAPAN」の放送日が2/8(金)24:40〜に変更。


タワーレコード全店にて「STARTING OVER」をお買い上げ頂いた方に
先着でアルバム告知ポスターを差し上げます。
(これはめっちゃありがたい)


さてさて日曜日は昼過ぎにユーミンのラジオ出演。
久々に「憧れの人に会えて緊張する宮本」が聞けそうです(笑)。
そして夜には「Music Lovers」放送。これはもうお楽しみに!と
言うしかないです。きっといいライブ&トークですよ。


あとファンクラブでチケットを予約した方は引き替えを
忘れずに。僕は渋谷C.C.Lemonホールの二日目が二階席という
逆運を使いましたが,皆様は良席であることを祈ってます。
(この二日目はDVDになると勝手に想像してます)。


あ,忘れてた!来週からテレビ朝日の「オンタマ」に
出演ですね。毎日(短いですけど)宮本浩次が見られますよー!



発売まであと数日。めっちゃ寒い日が続きますが
ドーンと行きましょう!