エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

寒き日に俺は人とすれ違う,駅の前で

タイトルはエレカシ「寒き夜」より。


こう寒くなると「DEAD OR ALIVE」が聞きたくなりますね。
ということを冬になるといっつも言ってます(笑)。
今年も連発すると思いますがご寛恕を。


宮本浩次は名曲(というより魂曲)「ラスト・ゲーム」で
「一日のそう どこかにリアルなオレが存在してるだけでいい」
と歌ってますが,最近とみにこれを実感するんですよ。


iPodを聞いている僕も,携帯をいじっている僕も,本屋で
何だか知らない本を立ち読みしたり買っている僕も「リアルな」
僕ではない。あくまで世を忍ぶ仮の姿(なんだそりゃ)。


でも,腑抜けた生活を送っている中でも,生きている実感が
持てる瞬間,例えば僕だと「本業」で資料や何やらを見ながら
うーーんと考えたり,試したりしていると,その瞬間は中々
苦しいのですが,さんざん苦しんで終わった後になると
「ああ,充実した時間だったなあ」などと感じるんです。
それが「リアルなオレ」なんじゃないかな,と。
緊張と弛緩。その一瞬の緊張に「生きている証」を感じてます。
後から「その時間は幸せだったなあ・・・」と実感するんですよね。


最近僕の家の前で鉄道の工事をやってます。
あれは日中に電車を動かすために真夜中にやるんですよね。
寝る頃になると「ドガガガガ」と少しうるさいんですが
「ああ,今も働いてリアルな瞬間を感じている『オッサン』が
居るんだよなあ」と思うと,さして気にもならないのです。


工事してる人がオッサンかどうかは不明です(笑)。



ユニバーサルミュージックにて「俺たちの明日」のPVが
公開されてますが,解像度や使われてる技術の関係もあって
YouTubeの方がキレイに見られたりするんですよね。
時代の流れというのは凄いなあ,と変なところで感心。