エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

どの道俺は行くしかあるまい

学校orバイトが終わって帰るともう夜なのですが
自宅の最寄り駅からアパートまでの距離はほぼ5分。


最近,駅に着くと決まって「シグナル」を再生している
自分が居ます。曲の時間が5分25秒なので,駅から流すと
ちょうど自宅のドアを開けるころに曲が終わるんです。


とまあ,もちろんそんな「時間がピッタリだからシグナル」
ではなく,「名曲すぎてシグナル」なんですけれど。


まず出だしからして「夜はふけわたり 家までの帰り道」
そして「はるか,かなた,月青く 俺を照らす街灯の下」
「子どもら帰りし公園 さうだろ?今さらどこへ逃げるのさ?」
もう研ぎ澄まされた歌詞。そして家路に帰るのに聞き手を
クールダウンさせるようなメロディ。
これにやられてしまう。


「どの道キミは,ひとりの男,心の花咲かせる,人であれよと」


もう誤解を恐れずに行ってしまえばエレカシの曲は
男・宮本浩次が男に向かって歌う歌。
だからこそ男にゃ深く染み渡る,と思うのです。
(これはあくまで僕が男であるからそう感じるのであって
 女の人がどう感じるのかは僕には分からない)


そして最後に「どの道俺は・・・」
結論が分からない終わり方。聴き方によってはどうとでも取れる。
マイナスに聞けるかもしれないし,プラスに聞けるかもしれない。
しかしやはり男ならば,「死ぬまで俺走るんだ」という気持ちになる。
「それがぼくらの,それがぼくらの未来だ」


どーんと行きましょう!