エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレファントカシマシ 2017年9月18日 日比谷野外大音楽堂

「本編」前にテレビ朝日MUSIC STATION ウルトラFES』の『元気が出るウルトラソング』の43位に「俺たちの明日」がランキングされる。


タモリさん「野音にいるエレファントカシマシ」。
宮本浩次「こんにちは」
タモリさん「はいこんにちは、盛り上がってる?」
宮本浩次タモリさんお久しぶりです」
タモリさん「お久しぶりです。暑い?まだそっちは」
宮本浩次「暑いですね。天気がすごく良くて、ありがとうございます。良い感じでみんなも凄く盛り上がっています、はい」。
タモリさん「ライブ前なんだよね」
宮本浩次「よく聞こえませんすみません、ただグッと来てしまいました。43位にも入っているなんて。我々50位以内に入っているってことが、ミュージックステーションで。みんな拍手が沸き起こっております」
弘中綾香さん「エレファントカシマシで『俺たちの明日』この後披露して頂きます」

宮本浩次はシャツにネクタイ姿。そして石君は髪をバッサリ切り、サングラスなしで素眼(?)、この姿が全国放送で流れようとは。

CM明け、お客さんの全力の拍手と共に日比谷野音からのスタート。
そしてスタジオに戻り。
タモリさん「それでは参りましょう」
弘中綾香さん「エレファントカシマシで、日比谷野外音楽堂からお届けする、元気が出るウルトラソング、第43位にランキングされた『俺たちの明日』」


宮本浩次の「1234」カウントで始まる。が、やはりというか「どうだい近頃仕事は忙しいのかい」部分が抜かれ、いきなり「10代 憎しみと愛入り交じった目で世間を罵り」に飛ぶショートバージョン。
こうなると歌詞が飛んでしまい、テレビのテロップでは「季節は過ぎてそれぞれの空 オマエこの頃何想う」と二番の歌詞が表示されるも、宮本は「時は流れて もう立派な大人さ 今はそれぞれの道を行く」と思い切り一番の歌詞を歌う。逆にテレビ見てる人の方が歌詞間違いに気づくパターンでしょうが、会場は盛り上がってまあカッコいいんだからしょうがない(意味不明)。

まだ景色は明るいが、紛れもなく日比谷野音から「俺たちの明日」が全国に生中継されているという不思議さ、豪華さ、可憐さ。そしてそのままCM入り。ミュージックステーション出演はエンド。



【第一部】
M1 地元のダンナ
M2 悲しみの果て
M3 星の砂
M4 涙の数だけ
M5 Tonight
M6 おまえはどこだ
M7 九月の雨
M8 曙光
M9 too fine life
M10 秋-さらば遠い夢-
M11 真夏の星空は少しブルー
M12 珍奇男
M13 月の夜
M14 武蔵野
M15 男餓鬼道空っ風
M16 昔の侍
M17 シグナル
M18 パワー・イン・ザ・ワールド
M19 男は行く

【第二部】
M20 友達がいるのさ
M21 今宵の月のように
M22 ベイベー明日は俺の夢
M23 3210
M24 RAINBOW
M25 ガストロンジャー
M26 ゴクロウサン
M27 風と共に
M28 星の降るような夜に


en1 花男
en2 ファイティングマン

en3 待つ男


(俺は不参加なので、セットリストのみです。逆に感想ありましたらコメントで教えて下さい!)。

RESTART/今を歌え(初回限定盤)(DVD付)

RESTART/今を歌え(初回限定盤)(DVD付)

RESTART/今を歌え(通常盤)

RESTART/今を歌え(通常盤)

俺たちの明日 上巻―エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 上巻―エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 下巻―エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 下巻―エレファントカシマシの軌跡


エレファントカシマシ、両A面シングル&30周年記念ライブ映像作品を同時リリース (2017/09/18) 邦楽ニュース|音楽情報サイトrockinon.com(ロッキング・オン ドットコム)

「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」に日比谷野音から生中継出演へ

もう何が起きても驚きません。が、これは本当に素敵なニュースだと思います。

9月18日(月)放送、テレビ朝日系「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」に出演が決定しました!
エレファントカシマシは、日比谷野外大音楽堂から生中継出演となります。

【放送】9月18日(月祝) 12:00~ (予定)
【出演時間】16:20頃

www.tv-asahi.co.jp

素敵ですよ。都心のど真ん中の日比谷公園の野外大音楽堂、宝石箱のようなライブ会場にエレファントカシマシとお客さん約4000人。いつもても「いい光景だなあ」と思っていますが、その光景がテレビ朝日を通じて全国に生中継されるのを想像しただけで興奮してしまいます。昔まだエレカシファンじゃないときに「Viewsic(当時)」の生放送で日比谷野音ライブを見たときに「素敵な会場でコンサートやってるんだな」と強く印象に残ったことを覚えています。まさかそのバンド、そのライブ会場にここまで嵌まるとは思ってもみませんでしたが・・・。


この映像、またライブを見てファンになる人も多いと思います。どんなドームよりもアリーナよりも(少なくともエレカシにとっては)魅力的かつ数々の伝説が生まれた日比谷野外大音楽堂でのライブ。そこに立つ4人(プラスサポートメンバー)とそれを熱く見守る3000人。そこに目を奪われて、そのまま一目ぼれしてしまう人は沢山いると思います。


ただちょっと分からないのはその構成。

●開場時間 変更前 16:00 → 変更後 15:30 (予定)
●開演時間 「エレファントカシマシ 日比谷野外大音楽堂公演」は変更なく17:00 開演を予定しております。
●16:20頃より、テレビ朝日系「ミュージックステーション ウルトラFES 2017」への生出演(日比谷野外大音楽堂からの生中継)を予定しております。
 是非、お早めにご来場ください。

開場時間は前倒し、けれど開演時間は変わらず、生中継時間は開場と開演の間。これはタモリさんが「ここで日比谷野音でライブ開演前のエレファントカシマシを呼んでみましょう」的に中継をつなげて、開演前に「とびきりの一曲」を披露するのか。一旦16時20分に中継で呼び出して「予告」をして、開演後にさらに呼び出して「披露」するのかは分かりませんが(夜の日比谷野音は輝いてとびきりキレイなので、後者の「夜間日比谷野音生中継」を期待したいんですが)こればかりは当日見てのお楽しみでしょう。
前の記事じゃありませんが、MCがタモリさんならものっすごく落ち着いて対応するでしょうし(笑)、「日比谷から江戸の話」でもしてもらいたいぐらいの勢いです。


いや、しかしこういう素敵なキラキラな企画が実現するんだな、と素直に顔がほころんでしまうニュースです、今年の日比谷野音のお楽しみがまた一つ増えますね!


俺たちの明日 上巻 エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 上巻 エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 下巻 エレファントカシマシの軌跡

俺たちの明日 下巻 エレファントカシマシの軌跡

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

またもや新曲「RESTART」がフジテレビ27時間テレビの特別ドラマ主題歌へ

もう「怒濤!」「男稼業フル稼働」という言葉しか思いつきません。

NHKドラマ「全力失踪」で早速流れた「今を歌え」を昨日さらっと聞いて、(ドラマしょっぱなに「赤羽」と出て来たのも唸ってしまいましたが)、なんとなく「大地のシンフォニー」「約束」路線の激シブロック路線で、これは聞き応えがありそうだ、という感想を書こうとしたら、タイトルのようなニュース。

新曲「RESTART」がフジテレビ「FNS27時間テレビ にほんのれきし」特別ドラマの主題歌に決定しました!

フジテレビ
FNS27時間テレビ にほんのれきし」
9月9日(土) 18時30分 〜 10日(日) 21時24分 放送予定

【放送日時】
平安ドラマ『源氏さん!物語』< 9日(土) 22時57分〜 >
戦国ドラマ『僕の金ヶ崎』< 10日(日) 9時54分〜 >
幕末ドラマ『私たちの薩長同盟』< 10日(日) 25時6分〜 >

この記載からすると、「平安ドラマ」「戦国ドラマ」「幕末ドラマ」の三つのドラマの主題歌になるということでしょうか?しかももう今週末の話。「全力疾走」もリリースからオンエアまで日がなかったのですが、こちらも全く日がなく、数日またぎでのオンエア!


こんなにタイアップ連チャンというのは全く記憶にありません。「怒濤!」「男稼業フル稼働」という言葉がしっくりきます。「今を歌え」もマトモに聞き込んでいないのに、今週末にはさらに新曲オンエア(そしてそれが全国放送!)。もう俺もリリース読みながら「マジっすか」という感覚なのですが(笑)、マジにオンエアされるので、もうとりあえずオンエアを待つしかないようです。しかし今年は本当にライブから新曲からタイアップから、一般の人も「エレカシよく出てるなあ」という一年になってると思います。


www.zakzak.co.jp
これはTwitterでは書いたのですが、どうでもいいじゃないですか(笑)。出るかどうかも分からないですけど(ただ、「みんなのうた」「全力失踪」を見ると、今年出なければいつ出るんだ、というのが正直な感想です)。別にMC押そうが本質とは遠く遠く関係ない話で、出るんであればサイコーのパフォーマンスを期待するしかないし、やってくれる男達だと思います。今年の「怒濤!」「男稼業フル稼働」の〆は年末のこの番組・このパフォーマンスで総決算されると信じて、また期待しすぎないように期待しています。

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)