エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレファントカシマシ「Music Lovers」放送

一言で言うともう「宮本カッコいい!」なんですけどね(笑)。
録画したのを見ながら振り返ってみます。


最初に野音の映像がちょっと流れる。
GUEST Loversとして光浦靖子とインパルス堤下敦も登場。


大歓声の中4人が登場。あー,この歓声練習した!(笑)
「悲しみの果て」でテロップに「苦しいバイト生活の中・・・」
すみません,当時多分宮本浩次はバイトしてませんでした。
他のメンバーがバイトしてました。
(誰に言ってるんだ)。


ちょっと声が出てないかな,とも思う。
テレビを通じるとさらに迫力がもう一つ欠けてるかもしれません。
口パクで放送されるよりは死ぬほどいいんですけどね。
そしてスタジオ内を文字通り音を立ててギュオンギュオン
動いていたカメラは映像になるとこうなるのかあ,と
ボーッと思ってました。
必死にギターを演奏する石君が全国に放映されて素晴らしい。


トークに移行。実物でもテレビでも宮本かっけえ!(笑)。
なんかねえ,本当に芸術家的なカッコよさがありますよね。
光浦「石君とか,仏様のような顔をしてギターを弾いて
いらっしゃるなあと思って」。
そこでいつものように宮本が石君をピシャリ。
「やり返しなさいたまに!」というと石君が弱々しく
「ぺたっ」と叩く(笑)。これが放送されるとはレア。


「宮本が語る『粋』なバンドとは?」という質問で
いつもの宮本節。そして「今宵の月のように」へ。
丁寧に歌ってるなあ。バンドの波動がいいというか
今の「上昇気流」的な雰囲気がそのまま出ている印象。


トークへ。「宮本は落ち着きがない」という話。
また例によって宮本節,全然質問に答えてない(笑)。
回り回り回り回って結局「落ち着きがないって言われてました」。


そして「笑顔の未来へ」。
これはいいライブでした。単純に僕が「笑顔の未来へ」を
聴いたライブが少ないということもあると思いますが。
生で見たときにはずーっと見とれてたなあ・・・。
「あなたを」の部分を「オマエを」にしてるのはご愛敬。
やっぱりテレビ局の音楽番組というのは凄いですね。
カメラワークとか照明が。エレカシ輝きまくり。


サポートメンバーとして蔦谷好位置さんと昼間幹音さんの
名前がクレジットされる。


アンコールということで,再登場し「俺たちの明日」。
これは他でも書いたのですが,「笑顔の未来へ」も
いいけれど,男に訴えるには「俺たちの明日」をフルで
流してもらいたかったなあ,というのが正直な所。
でもあんまりワガママ言えません,はい。


という訳でMusic Lovers。もう三回見返してますが
やっぱ宮本浩次かっこえええ。
なんか女性目線ぽいですが(笑),男から見ても
カッコいいですよ。こんなオッサンになりたい。
到底無理だろうけど。せめて心意気だけでもと思う。


Music Lovers観戦記」,思い出したことをいくつか
追記しておきました。オンエアされちゃいましたけど。


そして火曜には「STARTING OVER」発売。
あちらこちらの予約チャートではかなりいいところに
つけてますね。ほんっとに名盤なので売れて欲しいです。



エレファントカシマシ STARTING OVER(初回盤)(DVD付) UMCK-9194