エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「横浜の夜景を撮る男」

後半部分の写真はあんまり見なくてもいいです(笑)。

行かないライブのセットリストを見るというのも、「嫉妬」まではいかなくとも、いささかに寂しいというか、「盛り上がった!」ってな話を聞く度にエレカシのステージを想像したり、それに呼応する多くの人々を想像したり、片方で「俺何やってるんだ」と思ったり(行けないのは行けないでしょうがないんですが)、なんとも微妙な気分になりますが、とりあえず教えて頂いたセットリスト。

一生に一度くらい「今年一年は全エレカシライブ参戦(出演フェスも)」ということをやってみたいんですが、人生そんなうまいことになるわけもなく、当面は隙間と時間をみつけてのライブ参戦ということになりそうです。ってか何よりも生きていてライブに行けるというだけでも物凄く幸せなんですよね。
また仕事なりなんなりをこなしての「エレカシライブ」に辿り着く喜びというのも絶対にあって、そう考えると・・・。


話が長くなりそうなので、直近のフェス2つのセットリスト。

2014年5月3日 新木場STUDIO COAST「JAPAN JAM 2014」エレファントカシマシ
M1 俺の道
M2 悲しみの果て
M3 星の砂
M4 風に吹かれて
M5 笑顔の未来へ
M6 今宵の月のように
M7 Destiny
M8 ズレてる方がいい
M9 俺たちの明日
M10 ガストロンジャー
M11 ファイティングマン


en1 花男
en2 涙

ロッキング・オンによるクイックレポート
http://ro69.jp/quick/japanjam2014/detail/101277


2014年5月4日 さいたまスーパーアリーナ VIVA LA ROCK エレファントカシマシ
M1 ドビッシャー男
M2 悲しみの果て
M3 かけだす男
M4 デーデ
M5 風に吹かれて
M6 笑顔の未来へ
M7 今宵の月のように
M8 Destiny
M9 ズレてる方がいい
M10 俺たちの明日
M11 ガストロンジャー
M12 ファイティングマン

有泉智子さんによるライブレポート
http://vivalarock.jp/2014/report/day2/elekashi.html


(追記)
5月6日朝オンエアのフジテレビ系「めざましテレビ」VIVA LA ROCK独占特集内のエレファントカシマシのコメント部分。
埼玉でのフェスということで、来場者の「近所だから早く帰れる」的なコメントの流れでの四人登場。宮本白シャツ黒ジャケット、石君は茶色目ロングに帽子。トミと成ちゃんはいつものテイスト。

宮本 埼玉県は近所でいいですね。浦和から来ましたし、私、あのー。『何がなんでも楽しむぞ!』という感じでお客さんは来ているし(この辺は握り拳振りかざしながらのコメント)、エレファントカシマシを知らない人たちにも、僕らはいい歌を歌っているんだ!っていうところを第一義に考えて・・・。あっ、いい答えが出来たような気がします。はい。

その後「今宵の月のように」演奏シーン、「Destiny」演奏シーン(それぞれ一部分)がオンエア。


「Destiny」をドラマや着うた以外、そしてライブ映像で見るのは初めてだったんですが、「あ、これはCDやライブでは凄い盛り上がるかも」というのが第一印象。大音量でハイパフォーマンスで聞くことが出来れば、最近で言うところの「ズレてる方がいい」ぐらいの盛り上がりが期待出来るかも、とぱっと見の瞬間で思いました。

(Amazonアソシエイト)


http://www.nhk.or.jp/hirubura-blog/2014/05/05/


  • 三脚をかついで横浜港でカメラ片手に色々撮る。

三脚+一眼レフで写真を撮ると(当たり前ですが)カメラが安定するので、シャッタースピードを遅くしても平気になり、チャレンジも出来ます。




画面下、海部分の横方向の光は、通った船の灯り。開放時間1分くらい。



同じく船の灯り、青色の船だったので、軌跡も青色になります。



「オレの未来へとつづく道」かもしれない。こころからそう言える日が来るまで頑張りましょう。


Photograph Special Thanks to studio9さん。
http://photo-studio9.com