エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

来年へ来年へ積み残し

タイトルは「流れ星のやうな人生」より。

  • 年末になっていた。

ブログは2週間ぐらい更新していないと思ったら一ヶ月更新していなかった。もう明日明後日で今年も終わってしまう。
本職(サラリーマン稼業)が忙しく、宮本浩次が出演しているテレビも録画だけしてほっとんど見ていない。年末年始に見てみよう。ただ一方エレカシのことは別所で書いていて、来年にも紹介できるやもしれません。


  • 赤羽台団地

そのことで赤羽台団地について少し調べていたら、団地のうちスターハウス3棟は登録文化財として保存、公開予定ということを今更初めて知りました。
www.nikkei.com
https://www.ur-net.go.jp/aboutus/press/lrmhph000000zic3-att/ur2019_press_0719_akabanedai.pdf

俺、日経新聞読んでいるはずなのに全く気がつかなかった・・・。ただ、どんどん破壊される赤羽台団地が一部でも残るというのは非常に嬉しい。もはや赤羽台団地といえばエレカシ宮本浩次なのですから(いささか強引ですね)、一般公開されるなら「ここでエレカシ宮本浩次さんが育ちました」てなリリースも出来るでしょうし、一室に火鉢とギターを置いたらもう宮本の(ほぼ)自部屋ですよね。さすがに団地内の中までは見たことがなかったので、公開されたら見てみたい。こういう風景で宮本浩次は育ち、テレビを前に歌謡曲を聴き、ロック歌手が生まれ、ROMANCEも生まれ、歴史は続いていく。

  • 歌は世につれ

世は歌につれとつくづく思う。今年はコロナ禍であっという間に終わってしまいましたが、それがなければ宮本浩次単独ツアーがあり、宮本も小金持ちになっていた(おい)。ところが緊急事態宣言となり、ツアー中止→ROMANCE誕生。ツアーが開催されれば宮本浩次ファン、エレカシファン、ロックファンは歓喜したかもしれませんが、ROMANCEが生まれたことによって別の波動が生まれたというか、思わぬ層の方が宮本浩次の歌声を聞くことになった。誰もが予想だにしなかった今年の展開、人生というのは不可思議かつ一寸先は誰も分からない。

『世の中変わるんだ昼から夜 でも好きなんだろう 生きてることがよ』 クレッシェンド・デミネンド~陽気なる逃亡者たる君へ~

冬ということもあってか、そんな歌詞とメロディがグルグルと頭を回る。要は人生は受け止め方だ。



  • 庄司さんのインスタが胸を打つ。

毎日コロナウイルスのニュースで、恐らく当面は好転する兆しがなく、どんよりとした日々を送っていると、こんな投稿が素直に胸に刺さる。


鮮烈な写真ですよね、こちらも思わず明るい気持ちになってしまう。

宮本浩次がソロ活動のすべてを語った単行本、2021年春にロッキング・オンより発売決定!

宮本浩次のソロ活動の軌跡をまとめた単行本が、2021年春に発売されることが決定しました。
本書には、宮本浩次のソロ活動開始前夜から現在に至るまでの歩みのすべてを、本人の言葉で語ったインタビューの数々に加え、雑誌『ROCKIN’ON JAPAN』『CUT』に掲載した撮り下ろし写真、さらにこの単行本のために撮り下ろした最新フォトを収録。最新フォトの一部は、12月28日発売の「ROCKIN’ON JAPAN」2021年2月号にも掲載されます。

タイトル、発売日、価格等の詳細は決定次第、「ROCKIN’ON JAPAN」誌面、もしくは音楽情報サイト「rockin’on.com」でお知らせいたします。

ロッキングオンカウントダウンジャパンも中止になってしまい、大変な模様。あんな豪華なオフィスビルに引っ越すから・・・。

ROMANCE(初回限定盤)(2CD)(特典なし)

ROMANCE(初回限定盤)(2CD)(特典なし)

  • アーティスト:宮本浩次
  • 発売日: 2020/11/18
  • メディア: CD