エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

宮本浩次ツアー、序盤4公演中止。

ここ3日くらいでしょうか、全国的に「イベント中止」の風が猛烈に吹き始め、宮本浩次ツアーも序盤4公演が中止に。

この度、新型コロナウイルス感染症に関連した政府および関係機関の方針等を受け、ツアー「宮本、独歩。」につきまして、以下4公演を中止とさせていただきます。
3月13日(金) 千葉・市川市文化会館 大ホール
3月15日(日) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月19日(木) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
3月20日(金・祝) 香川・サンポートホール高松 大ホール
該当公演につきましては、振替公演を実施すべく現在調整しておりますが、今後の情勢等により実施が困難となる可能性もございます。振替公演実施の有無が確定次第改めてお知らせいたします。

あと二週間を切ろうとしている中、何より何より残念なのはアルバム発売、メディア露出、そして今は練習、リハーサル、段取り確認を繰り返して居るであろう「チーム宮本浩次」でしょう(こういう名称を書くのも躊躇してしまうけれど)。希望と緊張と様々な想いをはせながら挑む予定が、ウイルス渦に巻き込まれてしまった。

俺も世の中も「中止」の嵐で、○○中止のお知らせといったメールばかりが来ていて、逆に無事に開かれるイベントがないんじゃないかと思うほど(しかし明日から数万人が集まるイベントには行かねばならぬ)。
この時期に中止となると、その先には(予定では)オリンピックが控えており、代替公演も出来るのかな、とも思ってしまいますが、そんなことは主催者にお任せするほか無く、25日以降のツアーが無事に開催されることを祈るのみです。



ただ最近はこうも思う、「全てのことは繋がっている」ということを。この悔しさ、残念さがいつか表現行為として返ってくるだろうし、特に宮本浩次の病気と復活劇からは「なんとかする男だ」という確信を持ってしまっている。

7年前、ダイノジ大谷さんがラジオで語っていたセリフを思い出す。

えー、エレファントカシマシ花男でございました。今はエレカシ活動休止という形になってますけど、絶対に戻ってくると信じています。
宮本さんが何度も何度もそういう所から這い上がってきている、エレファントカシマシというバンドが立ち上がってきているのはずっと見ているので。

orenomichi.hateblo.jp
(この下北沢シェルターと踏切の写真は、ラジオを聞きながら「撮りに行かねば!」と散歩がてらに撮ってきたものだった。どんだけヒマなのだ俺は)。

きっと「災い転じて福となす」だ。諺は本当に世の中のあらゆることを言語化している。