エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

スカパラのニューシングルに宮本浩次がゲストボーカルで参加!

こういう試みは初めてでしょうね、そして初見で「タイトルかっけえな」。『明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次』ですよ。ロックだ。

2018年11月28日(水)発売 東京スカパラダイスオーケストラ
ニューシングル「明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次
< 収録内容 >

  • CD -

M1. 明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次
M2. 新曲タイトル未定
M3. ライブ音源
3曲収録予定

  • DVD -

・明日以外すべて燃やせ feat.宮本浩次(Music Video)
・LIVE & ドキュメンタリー
収録予定

【 CD+DVD 】CTCR-40400/B 2,300円 (本体価格)+税

natalie.mu

谷中敦コメント
宮本くんをスカパラに呼ぶのは我々の長年の夢でした。今回、一曲の曲に対して向き合うその姿勢を、魂の込めかたを間近に見させて貰って、心の底から感動しました。頼んで、お願いして本当に良かった。スカパラ一同ミュージシャン冥利につきます。ありがとうございます!

こういうお誘いはこれまでいくつかあったと思うんです。声かける方も相当勇気がいると思うんですが(笑)。それが今回は宮本浩次がそれに応えた。その理由はそのうちインタビューなどで明らかになるでしょうが、どうして今回そのオファーに応えたのか、そして何よりその音源、声はどう映えてるんだろう。
・・・そしてそんなレコーディングが行われたスタジオの様子も見たいような見たくないような。いろんな人がドキドキしながら作り上げた作品を楽しみにしたいです。

  • ネクタイってやつは・・・。

今もおそらくネクタイに嵌まっている宮本浩次とは裏腹に、俺はネクタイが大っ嫌いで(首絞められてる気がしてどうにもたまらない)。それで10月1日になると世の中からクールビズなる風習も終わって、ネクタイをしなければならないような風潮も出てくる(出来るだけしないんですが)。ただこれは自分自身の弱さなんですよね。確かに「裸で歩けば怒られる 逮捕される」けれど、ホリエモンみたいにどこだってTシャツで行けばいいんだし、スーツにネクタイをしなくちゃいけないという風習(それもだんだんなくなってると思いますが)から逃れられない、あるいはある程度従わなくてはならない自分の立場がそうしているだけで。しかしネクタイ、何がいいんだろう。

  • やはり宮本浩次の「ライブでのつぶやき」は金言だ!

気分が乗らない時は「復活の野音」一日目の日比谷野音での『友達がいるのさ』を見返す。
orenomichi.hateblo.jp
アドリブでぶっ込んでくる『ビルの光、おい、人の温もり、木々の緑』。これが堪らなく好きで。宮本浩次もこんな台詞をぶっ込む予定はなかったはず。そう考えると宮本がライブで出す「アドリブ」というのは、(たまに歌詞が出てこなくてアドリブすることもありますが)、今まさに思っていることや、会場への道すがら、レコーディングの最中、寝っ転がって考えていること。「言うつもりはなかったけれど、無意識に考えていて、瞬間的に出た言葉」が多く、生きているロック歌手、エレファントカシマシ宮本浩次の今をよく知ることが出来ると思うんです。10年ぐらい前の新春ライブで放った「花男」での『遠くを歩いたっていい でも堂々と生きよう』も好きだ。

新春ライブの抽選結果も出始めたと思います。アドリブも含めて52歳のオッサンの生き様を来年も見たいと思います(もう来年の話かよ)。いや意外と「年末の例の歌合戦」も待ってますからね。