エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

サマータイムブルース

前回記事の終わり方がひどいですね。「以下追記」って結局追記しないままほぼ一ヶ月が経ってしまう。

  • NHKとの蜜月が過ぎる件。

NHK「2018ジャカルタ アジア大会」放送にて、ニューアルバムから表題曲『Wake Up』使用決定!

NHK「2018ジャカルタ アジア大会」放送にてニューアルバムから表題曲『Wake Up』が使用されることになりました。
放送予定日:8月18日(土)〜9月2日(日)
www1.nhk.or.jp

不勉強で「2018ジャカルタアジア大会」というのがどういうものか知らなかった。それで(エレカシきっかけで)こういう大会なんだ、と知る始末。ただまだNHKの放送内で「Wake UP」を聞くことは出来ず(聞いた方が居れば感想を教えて下さい)。しかしNHKとの共演、タイアップの嵐。もうNHKの高層幹部がガチファン説を唱えざるを得ません(笑)。というのは冗談で、昨年から去年の熱烈パフォーマンスが普遍的に広まってるんだと思います。これは「今年の年末の歌合戦も期待の冬」と思います。

  • 10分間一本勝負

シングル出たり、アルバム出たりするといつもそうなんですが、10分程度の空き時間が出ると「締めの2曲」を勝手に決めて勝手にかける。今は「いつもの顔で」と「オレを生きる」がサイコーに決まるんですよ。「いつもの顔で」は宮本浩次のボーカル力も爆発的に発揮されてて(というと宮本は「いつだって俺は歌が上手いんだ!」と言われるでしょうが)、力が抜けている前向きさで、そして最後に「オレを生きる」を10分弱で聞いて、次の気分への切り替えを図っています。

  • 空は満天の星でオーライ!

お盆は奥阿蘇の温泉に行ってきまして、男露天風呂で見ず知らずの「老若男」が満点の星空を見ながら「流れ星だ!」と言い合うというなかなか珍妙な体験をしてきました(笑)。しかしその星空を見ながらこうも思います。「昔の人の方が圧倒的に『星空生活』だったんだろうな」と。とどのつまり外に出て空を見上げれば「武蔵野中の電気を消さなくても」満天の星が出ている。そして昔の人は農業に漁業に実用的に星を・空を使っていた。観賞用ではなく実用的、いや生活に関わることだったので必死だっただろう。見ず知らずの人たちとお風呂に入りながら、「昔の人は星を見て、一体何を思っていたのだろう」とぼんやり考えていました。
f:id:mpdstyle:20180821092301j:plain
f:id:mpdstyle:20180821092252j:plain
f:id:mpdstyle:20180821092257j:plain

  • センチメンタルブルース

ここ最近、例えば食事用の肉を見たりすると「これは食用に殺されたんだよなあ・・・」とやけに感傷的になっています。道路で動物の死体なんかを見ても全く悲しくなってしまう。ただこれは生まれて何度か経験してきたことで、「今はこういう思考リズムなんだろう」と割と冷静に自分を見ています。これがずっと続いたり、身体に変調来すようなら別でしょうけど、「生きている限りこんなリズムもあるだろう」と割り切る日々。上がったり下がったりセンチメンタルになったり豪胆になったりの繰り返しの人生のはずだ。気負わずにドーンと行きましょう。


Wake Up(初回限定盤)(DVD付)

Wake Up(初回限定盤)(DVD付)