エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレカラ@新宿、宮本浩次44歳の誕生記念もついでに。

記事は12日付ですが、書いてるのは14日です。


新宿でエレカラしてきました。
12時から18時までの六時間、でもあっという間でした。
参加したのは(最大)10名、女性7名、男性3名。

とある方がもって来て下さったリストが凄かった。
これは全アルバム曲のうち、カラオケに入ってる曲リスト。
(入ってないのは赤字で書いてあります)。
右横にはアルバム未収録曲リストもあって完璧です。



そのリストの裏面は1990年からの日比谷野音セットリスト!
パッと見で「こんな曲やってたんだ」「2003年曲少なっ」とか
分かることが出来ます。このペーパー凄すぎです・・・。



全員初対面(のはず)だったので、ハンドル名を印刷した
ラベルを自分で印刷するはずが、時間がなくて断念。
ですが、とある方に頼んだところ、自分で作るよりも全然立派な
ネームプレートが出来てて大感謝。
右下には「Hiroji Miyamoto's 44th Birthday」とまで書かれる凝りよう。
これは下手に自分で作るより滅茶苦茶良かったです。
(自分ではテキトーに印刷して終わらせる予定だった)。



注文したケーキが巨大だけれど美味しかった。



このお店、新宿パセラ本店はあらゆるメーカーの
カラオケが横断して検索出来るので迷う迷う。




当日のセットリスト(?)を無造作にズラッと載せておきます。


おはよう こんにちは、今はここが真ん中さ!、化ケモノ青年
旅の途中、四月の風、今宵の月のように、絶交の歌
赤き空よ!、デーデ、今をかきならせ、新しい季節へキミと
浮雲男、部屋、愛の日々、せいので飛び出せ!、Sky is blue
漂う人の性、ふわふわ、ポリスター、何も無き一夜、おまえはどこだ
「序曲」夢のちまた、夢のかけら、夜と朝のあいだに...
あなたのやさしさをオレは何に例えよう、達者であれよ、男餓鬼道空っ風
凡人−散歩き−、sweet memory、あの風のように、流れ星のやうな人生
桜の花、舞い上がる道を、無事なる男、星の降るような夜に
覚醒(オマエに言った)、パワー・イン・ザ・ワールド、さよならパーティー
おかみさん、リッスントゥザミュージック、ハロー人生!!
日曜日(調子はどうだ)、東京ジェラシィ、道、シグナル
太陽の季節、漂う人の性



こ、ここで一旦休憩。他アーティスト部門に行きました。



戸川純「さよならをおしえて」
松田聖子赤いスイートピー
斉藤和義「ずっと好きだった」
イエローモンキー「楽園」
フラワーカンパニーズ「深夜高速」
RADWINPS「愛し」
中島みゆき「狼になりたい」



僕はせっちゃんを歌ったのですが、例のPVが流れて
それが格好良かったなあ(そこかよ)。


ここでまたエレカシ縛りに戻る、のだ。



幸せよ、この指にとまれ、東京の空、コール アンド レスポンス
それを愛と呼ぶとしよう、恋人よ、友達がいるのさ、ろくでなし
化ケモノ青年、笑顔の未来へ、珍奇男、この世は最高!
風に吹かれて、ゴクロウサン、OH YEAH!(ココロに花を)
俺たちの明日、花男


エレカシだけで62曲、でもそれでもトータルの1/3も歌ってないんだよなあ。
一番盛り上がったのは「俺たちの明日」のような気がする。
これは僕が入れたのですが、単にあのPVが流れて盛り上がっただけです(笑)。
そこの写真も他の方が撮って下さって、手元にあるのですが、今見ると
さすがに恥ずかしいだけなので自粛しておきます。


案外「ガストロンジャー」とか歌ってないんですよね、「愛と夢」からも少なめ。
近年のアルバムの曲が多かった気がします。


ただ皆様、エレカシが大好きってことは改めて確認出来ました。
あと二時間ぐらいは行けたんじゃないだろうか、と思うぐらいの勢いでした。


結局僕は幹事としてはあまりやらずに、日時と場所を決めてなんとなく
当日過ごしてしまったような気がします。
(凄かったのは上記に書いたお二人です)。
でもまあ滅茶苦茶楽しかったので、機会があればまたやりたいですねえ。


参加された方、お疲れ様でした。そしてありがとうございました!