エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

ひょんなことから生まれ来る 凄く偉大なことがあるものさ

エレファントカシマシ「甘い夢さえ」より。


5/23は映像作家にして音楽ディレクターにして様々な伝説を残し
エピック時代からエレカシとも深く関わった故坂西伊作さんの一周忌とのこと。
エレカシ事務所社長さんはこう偲んでいる。
(最近引用しまくりでゴメンナサイ)。

月夜の散歩のミュージックビデオ、伊作監督だったなー…
宮本くんがグランドで球を投げるテレビスポットだけ撮るはずだったのに
急に撮るって言い出したなー…とか思いだして偲んでいる…

このビデオも伊坂さんだったのか、この作品大好きなんです。
何の変哲もないような夜のグラウンドで宮本が座って
ただギターを弾きながら歌う姿が輝いてて、シンプルで
見る度に「いいなあ」と深く頷いてしまう。
途中で切れてしまうのが謎だったのですが、これを見ると
伊坂さんは急に思いついてこれを撮ったので、元々PVにする予定はなく
テレビスポット用に撮ったためああなったのかなと勝手に推察出来ます。


誰しもが経験することだと思うのですが、計画的に練りに練った
プランよりも、その場のテンションと雰囲気で即興で決めたことの方が
ドッと受けたり、多いに盛り上がったり(仕事でも遊びでも何でも)
することが多く、このビデオもそのパターンなんじゃないかな、と
思えて来ます。そういうモノの方が絶対に受けますよねえ。
そんな傑作を遺してくれて、「熱い情熱」を傾けてくれた
伊坂さんに合掌。



22日は江戸東京博物館龍馬伝特別展を観に行く。
思ったよりも混んでなくて(でも人は多くてなかなか進まなかった)
割とじっくりと見て来れました。
手紙の実物が多く、平井収二郎さんの爪で書いた(!)遺書などが
あって、当時の情熱やら空気が伝わってきて良かったです。
終了後は友達と初のちゃんこ鍋、美味しかったです。


再来週の6/5はついに赤羽に行ってくる予定です。
次の日の6日は「今だから逆に」新選組!の跡地を巡りに
日野・調布あたりをぶらついて来ます。
生きてるからには仕事も遊びも全力でドーンと行きたいもんです。