エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

まあいいさどうだっていいさ 行けオレよ


とは(多分)宮本浩次お気に入りの「未来の生命体」より。


この台詞が大好きというか、心の中で口癖となっています。
(心の中の口癖ってのも変な言葉なんですけど)


なんか理不尽なことや不満や、情けない事やら反省やら
まあ色々ことあるごとにこの台詞を心の中や、一人の時は
ボソッと口に出して言っています。
「まあいいさ、どうだっていいさ 行けオレよ・・・」


世の中理不尽なことばっかり、うまくいかないときも沢山あれど
そこは日本男児!次に進まなきゃならない。
いつまでも留まってはいられない、そういう時にこの歌詞が胸を打つ。


逆算するとレコーディングの時期が真冬とは考えにくいけれど
「真冬の風突き刺すこの東京で・・・」という冒頭は
今日あたりの寒い夜にさらにリアリティを増すんですよねえ。


また歌い方がいいんですよねえ、本当に色々なことがあっても
「まあいいさ 行け、ほら行け!ドーンと行け!」と言ってるようで。
世の中の殆どが人生にとっちゃ「どうだっていいこと」。
ならば「行けオレよ」という心意気でなんとか日々過ごしてます。


あーやっぱり「DEAD OR ALIVE」はいいなあ、革命アルバムだ。
今月の26日は誕生7周年ですか、早い!この頃産まれた子どもは
もう小学生ですよ。
・・・うーん、「まあいいさどうだっていいさ行けオレよ」。
でもとりあえず「『DEAD OR ALIVE』発売記念七周年パーティー」は
やりたいな、いややろう!
・・・一人でやるミニアルバムの発売記念パーティーってどんなんだよ(笑)。


DEAD OR ALIVE
DEAD OR ALIVE
  • ASIN: B002HJ5WRS
  • [CD]
  • 価格: ¥ 1,500
  • EMIミュージックジャパン
Amazon.co.jp で詳細を見る
Amazonアソシエイト
CCCDじゃなくなったから安心して人に薦められますねえ。




コメントやメール、掲示板のレスが遅れまくってます。
特にメール!ごめんなさい、週末になってしまうかもしれませんが
待たせてしまった分ドーンと返すので、しばしお待ち下さい。