エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「水曜日のダウンタウン」で『翳りゆく部屋』エレカシVerがオンエアされた件。

水曜日のダウンタウン」自体はTBS系で毎週水曜夜10時からオンエアされているのですが、最近の俺の生活がおじいちゃんのように早寝早起きしなければならないので、リアルタイムでは見られず毎週HDDに撮りためて、ほぼ木曜日の夜に見てるんです。

それで木曜日の夜、プレゼンター光浦靖子さん(!)が登場し『スナックのママ ドラマみたいな恋してる説』という仮説の下に、再現ドラマ(この番組でそんなVTRが流れるのは相当レア)がオンエアされてたんです。あるスナックのママさんの「ドラマのような」悲劇の話だったんですが。それで途中から『翳りゆく部屋』のイントロが流れてくる。「ん?」と思って聞いていると、なんと宮本浩次の声も聞こえてくるではないか・・・。クレジットこそないものの、間違いなく「翳りゆく部屋」エレファントカシマシカヴァーバージョン。
これは相当ビックリしちゃって。そして「いいのか?」と。とどのつまりユーミンが原曲としてキチンとあるのに、エレカシのカヴァーバージョンが流れている。「ご本家」に対して「いいのか?」という思いと、でもやっぱり相当に嬉しい思いが錯綜する。まあ曲自体はカットされて編集されて、フルではなかったけど、サビまできちんと流れた。

この曲はユーミン以外にも色々なアーティストがカバーしている。手元にあるデータだけでも、都はるみさん、畠山美由紀さん、椎名林檎さん、島田歌穂さん、(この番組で所々いじられる)徳永英明さん。その中でもエレファントカシマシバージョン。TBS、水曜日のダウンタウンのスタッフさんは間違いなくエレカシを選んだ。


ここまでビックリしたのはもう一つ理由があって、この番組の演出の人の本も読んだばかりだったんです。

悪意とこだわりの演出術

悪意とこだわりの演出術

著者プロフィールもあまり見ないまま読み進めてると、「なんとなく同年代の匂いがする」と思い調べてみると、1980年生。2歳違い。読むと本当に徹底的にこだわりがあって、「低レベルな番組は流したくない」という信念がヒシヒシと伝わってくる。そして本の中には俺の好きなマック赤坂さんの記事もあり(笑)、『同年代がこれだけ仕事に信念と熱意持っているのだから、俺も頑張らなければ』、そしてこの人の番組はしっかりと受け止めねばと思っていたら、読了何週間かでこんなことに。この音楽チョイスが藤井健太郎さんかはさっぱりわかりませんが、不思議なつながり・縁・タイミングというのを感じられずにはいられませんでした。


そして、こういうオンエアがされた以上、水曜日のダウンタウン風に仮説を立てるならばこれしかないと思います。


『翳りゆく部屋』のカヴァー、エレファントカシマシバージョンが日本一説。


風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)