エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

春と夏のあいだに...

「いやもう夏だよ!」と言われそうですが。

  • 「風と共に」のジャケットが非常にかわいらしい。

結局『みんなのうた』のアニメーターである加藤久仁生さんがそのまま担当ということで、これは文句なくエレカシ史上一番可愛いジャケットになりそうです。

http://www.elephantkashimashi.com/image/disco/jakimg/kazetotomoni_JK.jpg

【CD】
M-01.風と共に
M-02.ベイベー明日は俺の夢
M-03.風と共に(Instrumental)
M-04.ベイベー明日は俺の夢(Instrumental)


【LIVE ALBUM】※初回限定盤のみ収録
~新春ライブ2017セレクション日本武道館
M-01.新しい季節へキミと
M-02.悲しみの果て
M-03.星の砂
M-04.はじまりは今
M-05.笑顔の未来へ
M-06.夢を追う旅人
M-07.俺たちの明日
M-08.東京ジェラシィ
M-09.i am hungry
M-10.so many people
M-11.ファイティングマン
M-12.涙
全12曲収録

C/Wのタイトルも同時に発表されています。これまでのパターンですと、発売日からすぐのライブは・・・。「一旦お休み」になっていて、ap bank fesが現時点では直近のようです。そこでの初披露なんでしょうか。そうすると夏フェスは新曲2曲をひっさげての活動になりそうです。

またDVDの方は「東京ジェラシィ」が収録されているのが何気に嬉しい。これは良い選曲だ!と勝手に思っています。ただこれが単独で商品化されないとなるということは(以下略)。
(追記 DVDではなくライブ音源ですよとコメントで教えて頂きました。俺の確認ミスです)。

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)

  • 何度も繰り返す「夜と朝のあいだに...」

ALL TIME BEST ALBUMのユニバーサルミュージック版に特典として付いていた昨年末の下北沢シューティングライブのうち、「夜と朝のあいだに...」を繰り返し見てしまう。これは歌詞が(特に後半が)ぐちゃぐちゃで、基本的に失敗してるんですよ。ただ何故だか、おじさんが汗だくで必死で歌っている姿なのか、そもそも「夜と朝のあいだに...」が好きで、めったに映像化されないので好きなのか分からないけれどよく聞いています。もう昼休みに職場のパソコンに突っ込んでイヤフォンで聞いてるくらい。あなたにもないでしょうか?。「歌詞や演奏が良くないけれど、妙にココロに訴えかけてくる曲」というのが。そういう曲なのかもしれません。

  • 何度も繰り返してしまう「さよならパーティー」

こちらは繰り返さなくてもよろしい。この間も政治家のパーティーに頭数集めみたいに行ってきたんです。20年以上前の自分はこういう大人(頭数揃えに政治家パーティー行くような人たち)を蔑んでいたというか、あざ笑っていたというか。まあ全然良く思ってなかったんです。
ところが大人になってみると・・・、やはり馬鹿らしい!もうそこらの子どもに蔑まれてもしょうがない。仕事のために、生活のために好きでもない、理論主張も合わない政治家のパーティーに出てしまう悲しさよ。いい大人ならば「割り切りなよ、それが大人なんだよ」と言うでしょうが、少なくともこのポイント、つまり「つまんねえパーティーに出る自分」というのにいつまでも(少なくとも)違和感を感じていたい。


そんなパーティー出てるなら、紙面から熱が伝わってくるようなMUSICAでも読んでいるべきなのである。ツアー中ということもあってか、異常にテンションが高くていつも以上に会話が噛み合わない、「八百屋業界」宮本浩次の熱い話を読むんだ。


前記事で快眠へのアドバイスを貰って「なるほど」と思いつつも、今朝も4時25分に起きてしまった「男」でした。


MUSICA(ムジカ) 2017年 07 月号 [雑誌]

MUSICA(ムジカ) 2017年 07 月号 [雑誌]