エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

いい意味で「どの道俺は」

  • 誕生以来51年!

ミヤモトヒロジのハッピーバースデーも2日過ぎてしまいました。同じ日に上野動物園でパンダが生まれたというニュースを見て、せっかく上野に縁のある同士で「ミヤジ」という名を付けたらどうだろうか。きっと歌がうまく(?)目立ちたがり屋になるだろうなあ、とどうでもいい妄想を膨らませていました。

  • 「ライブ中の宮本浩次が表紙の」MUSICA明日発売。

<COVER STORY>エレファントカシマシ デビュー30周年にして初の47都道府県ツアーを今まさに敢行中のエレカシ、過去最強と言っていいその迫真のライヴに興奮し岐阜&四日市公演に独占密着!宮本浩次シングル最速インタヴューも奪取しての表紙巻頭大特集!!

デビュー30周年にしてバンド史上初の47都道府県ツアー「30th ANNIVERSARY TOUR 2017 ”THE FIGHTING MAN”」へと打って出たエレファントカシマシ。凄まじいまでにエレカシの本質を鮮烈に迸らせる迫真のライヴを前にいてもたってもいられず、岐阜と四日市での2公演に独占密着! さらにツアーへの現在進行形の想いに加えニューシングル『風と共に』の最速取材となる宮本浩次インタヴューも奪取し、エレカシの今を余すことなく捉えた表紙巻頭大特集! 更新され続ける生ける伝説=エレカシの本能に触れてください!

MUSICA(ムジカ) | 日本のロック情報満載の月刊音楽雑誌・電子書籍


ライブ写真が雑誌表紙を飾るのは初だそうです。そう言われてみれば無かった気がします。またMUSICAの宣伝文も凄い。『凄まじいまでにエレカシの本質を鮮烈に迸らせる迫真のライヴを前にいてもたってもいられず、岐阜と四日市での2公演に独占密着!』いてもたってもいられずですからね。この密着公演に行った人はラッキーだと思います。(いやいや郡山公演も凄く良かったぞ!)。

http://www.musica-net.jp/img/cover/paper/2017/7/large.jpg

MUSICA(ムジカ) 2017年 07 月号 [雑誌]

MUSICA(ムジカ) 2017年 07 月号 [雑誌]


  • 雨上がりの空とシグナルと。

今日、一人で新幹線に乗りながら「お気に入りプレイリスト」を聞いていると、凄い豪雨の中、トンネルを突き抜けたら青空だったんですよ(ホントの話)。そして青空になったら「シグナル」が流れ、『雨上がりビルの上には晴れた空。』の光景がリアルに目の前に広がって、そういう瞬間を目の当たりにすると、良い意味で「どの道俺はまだまだいけるかもしれないな」と思っちゃうんですよ、単純な思考ですけど。こうやって元気に動けて、エレカシ聞けて、目の前には雨上がりの綺麗な光景。これが下向いてコンクリートばかり見ている生活だとなかなかそうも行かないと思います。そのうち「エレカシのタイトルには『風』が多い説」を唱えたいと思うんですが、やはり自然に触れるということは大事なんだと思いました。

  • 4時18分の謎

ところが、最近夜中(朝方)カチッと4時過ぎぐらいに目が覚めてしまう。しかもキッカリと4時18分なんですよ。プラスマイナスがあっても10分くらい。なんという「オレのオレの体内時計カチカチ」by good morning なんでしょうか。そんな軽い悩みを持っていたら、先週号の週刊文春の睡眠特集みたいな記事で「夜中目が覚めても時計は見ない、それが習慣となって毎度起きてしまうから」という記述があり、「あ、見ないようにしないと」と思うんですが、今の朝4時18分だとある程度明るいので「もう起床時間か」と思わず時計を見てしまう。そうすると「効き過ぎてしまう体内時計」が4時18分に目覚めるのかもしれません。誰か治療法を教えて下さい(割と切実)。


今度から、この記事の下に「関連記事」が表示されていると思います。自動的に過去の似た傾向の記事を出すらしいのですが・・・、基本的に恥ずかしい。もし「邪魔だよ」てなことがありましたら、消せるらしいのでコメントでも頂けると幸いです。タイトルだけ見ても「昔、こんなこと書いてたんだ・・・」と思ったりします。


風と共に(初回限定盤)(DVD付)

風と共に(初回限定盤)(DVD付)