エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「人生は長い 世界は広い」

タイトルはドラマ「カルテット」の主題歌『おとなの掟』より。深い意味はないです。世の中ブログでウソ記事を書く悪い人がいるらしいので気をつけて下さい。

おとなの掟

おとなの掟

  • Doughnuts Hole
  • J-Pop
  • ¥250

ここからは本当の記事です、ただこれもエイプリルフールのネタにあってもおかしくないかもしれないですね(笑)。

www.barks.jp

ただこれは本当に凄いことだと思うんです。10歳でヒットを飛ばし、その後ロック歌手としてデビュー。30年が過ぎ、「みんなのうた」からは40年が過ぎて、そのロック歌手として再登場。「こういうことって本当に現実にあるんだな」と呆気に取られるレベルです。40年歌い続けて原点へ。NHK史どころか日本音楽史に輝いてもいいくらいの奇跡の軌跡だと本当に思います。エレファントカシマシ宮本浩次という歌手のファンで良かったと本当に思います。そして曲自体も『自身の半生を振り返った書き下ろし』ということで、オンエア・リリースが非常に楽しみです。ツアーの目玉となる曲だと思います。

www.nhk.or.jp


  • 週刊文春の「新 家の履歴書」の中身が濃い件。

これは3月30日号に掲載されていました。20年来の週刊文春ファンなのに見逃すという・・・。言い訳すると最近はニコニコ動画のブロマガで「週刊文春デジタル」で文春の特集記事を読んでたんです。ネット版なので権利の関係が複雑なのか、連載系は載ってないことも多く、こういう週替わりの連載は特に載ってない。それで「面白いですよ」という話を聞いて慌てて紙で読むという体たらく。

「3歳から住んだ赤羽台団地17号館409号室」を再現したイラストも載っていて、幼少期の宮本浩次がどういう家で育ったかが視覚的に分かって面白い。また実名がバンバン出てるんですよ。前記のように住んでた号室から、お父さんの過去の勤務先、地名、固有名詞。5ページのインタビュー記事でここまで濃縮にかつ赤裸々に語っているのは珍しいし、また音楽雑誌でもなく、一般雑誌なので「人物と音楽」の記述のバランスが取れているんだと思います。今年に入っての雑誌記事ではダントツに濃いと思います。オススメです!文春の回し者ではありません(笑)。

一応Amazonへのアフィリエイトリンクも貼っておきますが(Kindleでもこのインタビューを読むことが出来ます)、まだ発売されて間もない一般雑誌なので、そこらの図書館でも読めると思います。「宮本浩次の50年間を5ページで振り返りたい」という方は(そんな方なかなか居ないでしょうが)オススメです。

なぜ昨年出なかったのでしょうか(笑)。それは冗談としても、こんな47都道府県ツアーをやって、夏フェスにも出るとなるとどうしても身体が心配になりますが・・・。メリハリをつけて乗り切って欲しいです。無理はしすぎずに(んなこと言うと宮本から「うるせえよ!オマエこそ頑張れよ」と言われそうですが)。

orenomichi.hateblo.jp


オハラ☆ブレイクといえば蔦谷好位置さんを思い出してしまう。前の記事はただただ涙でしたが、いつでも戻って来て欲しい。「彼」がもしエレファントカシマシのステージにまた登場したら、「私たち」は、これまでのどんなサポートメンバーよりも大きな歓声と声援と期待を、「彼」に送ると思う。そんな確信があります。


B-PASS ALL AREA (ビーパス・オール・エリア) Vol.5 (シンコー・ミュージックMOOK)

B-PASS ALL AREA (ビーパス・オール・エリア) Vol.5 (シンコー・ミュージックMOOK)

YMMプレイヤー 2017年 05 月号 [雑誌]

YMMプレイヤー 2017年 05 月号 [雑誌]