エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

『漲る』夢を追う旅人

やっとこさ解禁になった日比谷野音はこの後の記事で!


ピストン西沢さんのGROOVE LINE Zで「夢を追う旅人」がフルオンエアされ、そればっかりを聞いてるんですが、「申し訳なかったエレファントカシマシ。白旗です」状態。というのも、あまりに「明治」「広告代理店」「ひとくちの力」の情報が多く、またCMもさんざん見たので「この状態で素直に曲を楽しめるだろうか?」と自問自答をしていたのですが、すっかり楽しんでいます(笑)。

聞きながら「漲ってるな!」というフレーズが頭に浮かびます。もうサンズイに張るです。もぎたての果実のように水分が溢れているような瑞々しさ。声のメリハリがハンパではない。落とすところは落として、漲るところは漲って、盛り上げるところは盛り上げる。「POWER」一フレーズとっても色々な歌い方をしていて飽きない。


また間奏のギターソロがカッコいいんですよ。最近「美味しいギター」はヒラマミキオさんが弾いていますが、ここばかりは(特に野音では)石君にカッチョいいソロギターを決めて欲しい。数度繰り返される「唇から~」はつい『友達がいるのさ』の「唇から宇宙流れてく日々に 本当の俺を見つけたいんだ」が思い浮かぶ(しかし何度見ても「友達がいるのさ」の歌詞は美しい)。


そして個人的には「久々にカラオケで堂々と歌える歌」がやってきました。ここのところのシングル曲はしんみりとした情緒曲、そしてそうタイアップもついてないので、「やけくそRAINBOWで空気をぶちこわす」という妄想しか出来なかったのですが、これはもう文句なく盛り上げられる曲。明治のチョコでも持ち込んで(笑)、ひさびさにかっ飛ばしたいもんです。


いやはや、ラジオ音源でこれなんですから、CD音源を聞いたら、そしてライブで絶好調な場面を見たら・・・、と想像は止みません。

今日のめちゃイケSP、本当に数年ぶりに見てたんです。極楽とんぼ山本圭壱出演というので、「相変わらずの感動バラエティ路線だなあ」とやや冷静に見ていたら、エンディングに堂々と「俺たちの明日」。
最近のフジテレビとめちゃイケの不調っぷり、そして山本圭壱出演ということで、まあ色々言われるでしょうが、このエンディングは見事でした。恐らく選曲したスタッフさんも「このエンディングはエレファントカシマシの俺たちの明日しかない」という熱気が伝わってくるようで。そしてちゃんとエンドロールにも「エンディングテーマ エレファントカシマシ/俺たちの明日」と流れる。
これも憶測ですが、恐らくテレビで見ている極楽とんぼ加藤浩次さんも号泣してますよ(笑)。そのくらいバシッと決まっていた。いやでもこの記事を書きながら、「夢を追う旅人」でも全然合うな、と。「男の熱気」と「エレファントカシマシ」はこれ以上無いくらい相乗効果を生むんだと思います。

www.tfm.co.jp


ジョージさんは滅茶苦茶いい人なんですよ。・・・ご本人の承諾も得てないのに書いていいのか迷うんですが、3年前、「復活の野音」一日目、本当に宮本浩次エレファントカシマシが戻ってくるという初日に、まあ日比谷野音の汚い男トイレで用を足して出ようとしたら、目の前にジョージさんが居たんです。思わず「あ、あのベスト盤のPV集のインタビュー凄く良かったです」的なことをボソボソと話すと、ジョージさんはやおら力強く握手をしてくれて、握手したまんまで(勿論全くの初対面なのに)、『ありがとう!今日!この日比谷野音の光景。沢山のファンの皆さんの前にいよいよ宮本さんが戻ってくるんですよ。この光景を見ただけでも僕は凄く嬉しくて。今日も宮本さんならきっといいライブにしてくれると思います!お互い楽しみましょう!』。怪しげなアラサー初対面の男にこの対応っぷり。すっかりファンになったことは言うまでもありません(笑)。ジョージさんのラジオを聞いて、そしてこのサイトの記事を見て、思わず3年前を思い出してしまいました。エレカシに関わる男は何故だか熱気を帯びるくらいに熱くて温かい。


夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)

夢を追う旅人(初回限定盤)(DVD付)

MUSICA(ムジカ) 2016年 08 月号 [雑誌]

MUSICA(ムジカ) 2016年 08 月号 [雑誌]

Talking Rock! 2016年 08 月号 [雑誌]

Talking Rock! 2016年 08 月号 [雑誌]