エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「RAINBOW」 店頭入荷日

しかし今日はタワーレコードも既に閉店済みで買えず。「あなたのやさしさをオレは何に例えよう」以来、Amazonタワレコで店頭入荷日に買っていたので、手に入れられなかったのは13年ぶり。明日こそは・・・。まあ明日が正式な発売日ですし。

これは今もライブレポートを書いているのですが、一言で言ってしまうとMr.Childrenは「ロックポップパッケージバンド」としてもう完成されていて、例えばCD音源を10とすると、8~12ぐらいは安定して出すんですよ。そしてone two threeという曲では、CDではアントニオ猪木の声が入っている部分をJEN(ドラマー)が叫んじゃうし、櫻井和寿は「友とコーヒーと嘘と胃袋」で『くだらねえとつぶやいて』『おはよう こんにちは』と絶叫してお客さんを楽しませるし(またこの「友とコーヒーと嘘と胃袋」でエレカシを被せてくる所にある程度の意図を感じてしまう。この曲には歌詞にはないけれど櫻井和寿が早口でセリフを入れてくるシーンがあります)。とにかく完成度・エンターテインメント度が高かった。
エレカシはもうとにかく不器用で(笑)、ただ「RAINBOW」の冒頭部分からの『それが俺さ』では本当に泣いてしまいましたし、「ガストロンジャー」の前振りで『和やかな雰囲気のなか・・・、おまえどう思う?』と会場のエレカシファンを一瞬にして燃えさせる技は天才肌の一言に尽きますし、まあそういう色々な刺激・衝撃も含めて書きためています。相当長くなりそうです。

  • RAINBOW!

その大阪ライブも無茶苦茶なスケジュールで行ってきたのですが(大阪名物なんて一切ありつけず、食べたのはコンビニのおにぎりのみ・・・)、今日午後は仕事でまあ非常にめんどくさい監査をみっちり受けてきたんです。今日のその監査のためにずっと準備してて。で、書類を揃えて会社のクルマに乗り、目的の駐車場について「おし」と気合いを入れようとしたら、垂れ流していたFMラジオから不意に「暮れゆく街のざわめきの中」。とんでもないタイミングでエレファントカシマシが切り込んできた。普段会社では隠れキリシタンのようにエレカシ好きを隠してるんですが(隠してる意図は特になし)、この時は思わず同乗していた同僚に「え、これ、この曲、昨日の夜大阪で聴いてきたんですよ」と思わず口走ってしまった。いくら店頭入荷日とはいえものっすごいタイミングで。そしてまあ長時間にわたる監査も無事終了し(ただエレカシを聴いているわけではなく、一応仕事もちゃんとやってます)、脱力して会社に戻る途中も「RAINBOW」が脳内再生されました。ただその仕事のせいで今日はアルバム買えなかったんですが。

  • 明日はスッキリ出演。

www.ntv.co.jp
もはや加藤浩次さんが未だにエレカシファンなのかもよく分かりません(笑)。ここ最近の流れからすると、お酒と蕎麦屋さんの話題はよく出そうですが、どうなるんでしょうか。


アルバム聴けてないので、とりとめの無い話題でした。明日こそはタワレコに出かけようか。


RAINBOW(初回限定盤)(DVD付)

RAINBOW(初回限定盤)(DVD付)


GOOD ROCKS!(グッド・ロックス) Vol.68

GOOD ROCKS!(グッド・ロックス) Vol.68




MUSICA(ムジカ) 2015年 12 月号 [雑誌]

MUSICA(ムジカ) 2015年 12 月号 [雑誌]