読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

『4000年のスタートです、エブリバディ』

1月5日朝フジテレビ系「めざましテレビ」より。

宮本 「はじまるぜー!2015年!もう始まってますが・・・」。
ナレーション 「こんな感じに幕を開けたのが、エレファントカシマシ恒例の新春ライブ。今年は会場が四年ぶりの日本武道館。2Daysに至っては15年ぶり。ということで宮本さんのテンションは上がりっぱなし!」
宮本 「2015年でも3000年でも何でもいいから!4000年のスタートですエブリバディ!行くぜ!」
ナレーション 「彼らにとって西暦は関係ないようなんですが、今年は『稼ぐ!』という目標を発表。これは『稼ぐ=ヒット曲を出す』ということなので、今年のエレカシに注目です」。

世間の人から見れば、「相変わらずの珍奇男」なのかもしれないが、動画でこの男が本気でがなっている姿を見れば、『この男の作品に触れてみたい』という人は必ず出てくるはず。
そしてそんな人たちの結晶が去年のさいたまスーパーアリーナスペシャルライブであり、3日4日の武道館であり、『オレからあなたへ続く道 言うなれば愛のかたまりさ』(C)ワインディングロード、なんだと思います。さすれば100万枚かは分からないけれど、『稼ぐ』という目標もいずれは達成できる、そう思います。

・・・ただ先生は間違いなくお金儲けは下手そう(笑)。そんな不器用っぷりも好きなんですけど。



(以下追記)
同じく1月5日朝の日本テレビ系「スッキリ!」クイズッス!、天の声は相変わらずの山里亮太さん。そして加藤浩次さん(ライブもっと来て下さい)。

(WOWOW提供の武道館の映像が流れる中)
加藤 「やったんだよね、武道館でね。恒例だからね」
宮本 「はじまるぜー!2015年!もう始まってますが、エブリバディ!」 そして『俺たちの明日』
テリー伊藤さん 「声がいい!声が」
天の声 「格好いいでしょう!こちらエレファントカシマシの新春ライブが日本武道館で二日間行われました」
テリー伊藤さん 「男性のファン多いね」
天の声 「そうですね、見た限り結構多いんですよ」
加藤 「男性の方結構多いんですよ、女性も多いんですけど」
天の声 「エレカシにとっては四年ぶりの武道館で2Daysとなると実に15年ぶりですって。そしてエレカシさん、このライブ中に今年の目標を発表しております」
宮本 「お正月! 俺にとって『今年は稼ぐ』という目標を立てました。ヒット祈願でね、ゲンのいいこの曲をみんなお正月に聞いてくれよ」 そしての『今宵の月のように』
加藤 「懐かしいですねー」
天の声 「目標が『今年は稼ぐ』ってのがね!」
加藤 「言い切るところが格好いいね!」
天の声 「格好いいでしょう!」
テリー伊藤さん 「わかりやすくていいね」
天の声 「ゲンがいいのは『今宵の月のように』は一番売れたシングルということです」
加藤 「いい曲はいっぱい作ってるんですよ!いい曲はいっぱい作ってる!ただヒットということなんでしょうね。そこにこだわるって仰ってるんでしょうね」
テリー伊藤さん 「声がいいからねえ」
天の声 「私とか加藤さんのようなしゃがれ声にはこういう歌がねえ」
加藤 「こう曲が流れてるとテレビで歌いたくなっちゃうね」
天の声 「なっちゃいますね」
加藤 「お酒が入ってくると歌いたくなっちゃう(笑)」
天の声 「なっちゃうんですよね、風に吹かれたくなっちゃう」
加藤 「後半戦だよね(笑)」
天の声 「はい、後半戦(笑)、酒と合えばいい声になるんですよね」

「スッキリ!」の打ち上げ若しくは加藤浩次さんと天の声さんの飲み会ではエレカシ、特に「俺たちの明日」「今宵の月のように」「風に吹かれて」は頻出のようです。


MUSICA (ムジカ) 2015年 02月号 [雑誌]

MUSICA (ムジカ) 2015年 02月号 [雑誌]

15日発売の「MUSICA」ではその1月4日の武道館ライブレポート掲載、そして1月30日発売の「ROCKIN’ON JAPAN」では『新春武道館2Days公演後、宮本浩次直撃“新作待望”インタビュー』こちらはインタビュアーは渋谷陽一さんとのことです。果たして何が飛び出すやら。


・・・三連休は風邪でずっと寝込むという生活を送っていました。皆様も体調には十分お気を付けて下さい。
(追記以上)。