エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

エレカシ、「Destiny」PV絡みでちょっとだけ「スッキリ!」出演

本題に入る前にエレカシのオフィシャルサイトの記載が相変わらずよく分からない件。

新曲「Destiny」についてのページで、今現在だとこのような記載になっています。

新曲「Destiny」4/14着うた先行配信スタート、6/11 シングル発売予定!
(※着うた配信について、i-Phone並びにPCユーザーの方はサービスをご利用頂けません。予めご了承ください。)
http://www.elephantkashimashi.com/news.html

いやいや、iPhoneでも出来ますって。PCの方は確かに出来ないようですが、少なくともiPhoneでは今現在でも購入・ダウンロード・再生が出来ることは確認済みです。
TBSのオフィシャルサイトで配信が始まり、そこでは確かにAndroidのみの対応です。ですが前に紹介したとおり、「ドワンゴ」のサイトでは今も変わらず配信・再生が可能であり、俺のiPhoneでも今でも出来ます。

http://music.dwango.jp/i/artist/562
スマートフォン用「ドワンゴ」、アーティスト「エレファントカシマシ」へのリンク。

http://orenomichi.hateblo.jp/entry/2014/04/14/003924
エレファントカシマシ「Destiny」着うた配信開始&「ホワイト・ラボ」放映開始(過去記事)

iPhoneをご使用の方で、上のやり方でダウンロード・再生出来ないという方が居ましたら是非ご連絡下さい。

(制作者・配信者・権利者側の都合で、今後「ドワンゴ」などの配信サイトで購入できなくなる可能性はあると思います)。


オフィシャルが昔から訳が分からないのは、こういう記載をしてしまうと、せっかくドラマ「ホワイト・ラボ」を見て、『Destiny』に興味を持って、じゃあちょっと着うただけでもダウンロードしてみようかな、というお客さんを逃してしまいかねない書き方をしてしまうこと。
オフィシャルでこういう記載をしてしまったら、そりゃ「ちょっとダウンロードしてみようかな」というiPhone使用のお客さんはまず諦めますって。どうしてこうもわざわざお客さんを逃がしてしまうような記載をするのか。ちょっとチェックしてみれば分かることも、なぜこう『誤記載』をするのかさっぱり分からない。こういう例が昔から結構多いのが本当に残念。
今回の件も恐らくTBS公式サイトで配信していることについての利権関係の大人の事情と、ドワンゴなどの他の配信サイトでのiPhoneによるチェックをしてない結果だと思いますが、こういうミスは何とかして欲しいです。



マイナスな話題は置いておいて、今朝(5月15日)の日本テレビ系「スッキリ!」のエンタメコーナー、『クイズッス』にエレカシが間接的に登場。「Destiny」MVが完成ということで、メイキング映像兼本編ちょっとオンエア、そしてエレカシにまつわるクイズを出題していました。
TBSドラマの主題歌なのに日テレの情報番組が真っ先に取り上げてしまっていいのかとも思いますが(笑)、「加藤浩次さんのエレカシ愛」が乗り移って「スッキリ!のエレカシ愛」になってしまったんでしょうか。世の中は愛のかたまりで出来ている。


「謎の男」こと山里亮太さんがPVメイキングシーンを紹介し、完成バージョンもちょっとだけ流れる。


謎「加藤さん、次はあのグループの話題です。加藤さんテンション上がっちゃうな-」。

四人での演奏シーン、宮本浩次は白シャツ黒ジャケット、石君は髪が肩までかかるロング。監督は番場秀一さんで、言われてみれば『明日への記憶』の雰囲気に近い重厚な演奏シーンがメインとなっています。

宮本、映像をチェックしながら「これ格好いいもん」と自画自賛するシーンよりスタート。

『時計回りの日々 優しさの数だけ歩いてゆく あなたに会いたい気持ちだけでよかった』

謎「加藤さんお酒入ったら確実に二回ぐらい歌うでしょ」
加「出ないんだよ宮本さんは。キーが広くて」
謎「結構しゃがれた声だから加藤さんでも行けると思ったら、しゃべりの声とはちょっと違うのよね」
加「出ないの、声が」
謎「かっこいいでしょー」

ここで画面は「撮影された映像をチェックする宮本・メンバー」に。宮本浩次はメガネを掛けて、ペットボトルに入った水を飲みながらの映像確認。


謎「ここでエレカシにまつわるクイズを出しますが、加藤さんはエレカシが好きなのですぐ分かってしまうので、その他の出演者の皆さんへの出題です」


Q. エレカシがデビュー当時に行った変わったスタイルのライブとは?


出演陣が色々答えるも、次々と不正解のブザー。その間にも画面は「Destiny」のPVが流れる。「絆」のPVを思い出してしまうようなシーンも。

謎「ヒント・『観客はライブに集中できない』。これやられちゃうとお客さんはライブに集中出来ないから。お笑いでもこういうことはちょっとあり得ない」「さらにヒント・『ステージより隣の人が気になる』」。
しかし出演者が次々とはずれ、遂にコーナー史上初の「ギブアップ」。

謎「正解はこちらです!」

映像は伝説の渋谷公会堂の客電つけっぱなしでの『ふわふわ』。

謎「客席の電気をつけっぱなしにしたのよ。普通ライブって真っ暗でしょ」
加「若いね-!」
謎「若いでしょ、だって22歳とかだからね。でね、この頃は『何か変わったことやろう、俺らは』ってとがってたんだって。とがってたときの映像はこちら』」

映像はこれまた伝説の富士ハイランドでの『おはよう こんにちは』。ご丁寧に「宮本-!」と声を掛ける観客の声と、にっこり笑う宮本、それに「笑うんじゃねーよ!」と答えるお客さん。反応して「うるせぇなバカヤロウ! バカ相手にやってらんねえよ」と答える宮本の部分まで文字テロップにしてくれてます(泣)。
その後も『奴隷天国』を歌いながらスピーカーを倒す映像や、マイクを投げる映像まで、丁寧すぎる。

謎「今はもう『丸くなったよ』とご本人も『こんなことやってちゃいけないよね』と笑っていましたが、そんなエレファントカシマシさんでした」。


以上、「スッキリ!」でのPVメイキング、本番映像紹介、クイズコーナー部分。


最近のテレビマンの方にはエレカシファンがさらに増えてるんでしょうか(笑)、NHK、TBS、フジテレビ、そしてこんな特集までしてくれる日本テレビと、縦横無尽に(本人が出たり出なかったりですが)かつ唐突に出演するので、HDDレコーダーがパンパンです。


また、こうメイキングシーンと本編シーンが流れたからには、本当に近いうちに音楽専門チャンネルでの公開も近いものと思われます。そしてシングル発売まで一ヶ月を切っております。
未だに「Destiny」初回特典版の付属DVDの中身が明らかになっていませんが、今日のような映像があることを見ると、DVDに本日オンエアのメイキング映像が入る可能性もあるのではないかと思われます。


エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994 [DVD]

エレファントカシマシ EPIC映像作品集 1988-1994 [DVD]

(Amazonアソシエイト)


(追記)
MUSIC ON!TVサイト内の「エレファントカシマシ ミュージックビデオリスト」の中に既に『Destiny』が入っており、リクエストも出来る段階なので、もう近いうちに(初回はSSTVかもしれませんが)オンエアされるのは時間の問題だと思われます。
http://www.m-on.jp/artist/id/315/

SSTVでも正式に登録されています。クレジットも番場秀一さんと記載されています。
http://www.spaceshowertv.com/search/detail.cgi?mu=0101390&ch=0


(追記2)
19日(月)朝7時30から8時のSSTVの「NEW CUTS」でオンエアが決まっています。