エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

「日比谷で呑んだくれる男」@日比谷バルナイト編

エレカシとは全く関係ない記事です。

学生時代の先輩から「おい、日比谷で面白いイベントがあるらしいぞ」と『友達がいるのさ』風に誘われ、開催日の5月7日に日比谷に行ってきました。

日比谷バルナイトというイベントで、「映画と演劇とグルメの街を食べ飲みつくそう!」なるサブタイトルがついてるんですが、事前に公式サイトを見てもシステムがよく分からない。

http://www.hippopotamus.jp/hibiya/


「実際行ってみたらなんとかなるかな」と思って行ってみたんですが、パンフレットを読んでも今ひとつ分からない(笑)。

スタッフの人に聞いてみるとようやくシステムが分かって、「3200円を払うとチケットが4枚貰える」「日比谷シャンテを中心とする23のお店がこのイベントと連携していて、お店に行ってチケットを渡すと、そのお店の名物料理と飲み物(アルコール・ソフトドリンク)が出てくる」。そうすると一つのお店あたり800円で4店舗渡り歩ける。



やっとシステムが分かって改めてパンフレットを見てみると、結構なジャンルのお店があって、和洋中その他の料理とドリンクが4店舗分楽しめることが分かる(但し高級店だとチケット複数枚使う所もあり)。システムが分かって、料理も選択肢が多いことが分かると俄然テンションがあがる(笑)、単純なもんです。


地図とお店と料理を必至に見比べる男。



ふと見上げるとゴジラの銅像(?)がある。なんでこんなところにあるんだろうと思ったら、目の前が映画会社の東宝本社で、その縁で置いてあるようでした(ゴジラって『東映』じゃなかったけ、と勘違いしてたのは内緒)。それとWikipediaによると昔、ゴジラはこの辺一体(日比谷・有楽町)を既に「破壊済み」だそうです(笑)。


ゴジラ像の後ろでチケット販売中。



さらにその後ろでこのイベント用のフリーライブも開催中。今ぐらいが一年でちょうど一番いい季節で、いい風吹いてました。このイベント観戦用にドリンクなりがあったらいいなと思ったり。


目的のお店は決まったものの、ここら辺の土地勘がないし大丈夫かな、と歩いてみると・・・。

お店の店頭にデカデカと「バルトナイト参加店」と書いてあるから分かりやすい。このお店の『カウンター優先』なのは回転を速めるためもしれません(笑)。

チケットを渡すと「待ってました」とばかりに快く注文を受けてくれる。

ビールと餃子の巻。カロリーを気にしてたら食べられません。

俺は酒に弱いので(笑)、四軒分のチケットを貰っても、お店ごとに呑んでたら潰れかねない。勿論ソフトドリンクも沢山あるので三軒目からはそっちを呑んでたと思います(あんまり記憶にない)。


呑みながら歩いていると、周辺はイベント加盟店が沢山あり、店頭にポスターが貼ってあって「こんなお店でもチケットで入れるんだ」と思うようなお店も結構あります。これで一軒あたり800円はコストパフォーマンス高いかもしれません。


そしてお店に入ると「日比谷バルナイト専用メニュー」があるので、逆に迷うことなくサッと食べられて(呑むことが出来て)、その割に結構な高級店も参加してるので、お買い得感はあります。


呑んで日比谷シャンテ前に出ると、まだライブをやっていて、酔い覚ましに聞いてました。



飲み過ぎて焼き鳥の写真も凄いブレてますね(笑)。



さらに呑んでまた外に出ると、違う方がライブ開催中。


最初はシステムもよく分かりませんでしたが、3200円で4枚のチケットを貰えて、そのチケットと引き替えに4軒のお店を回れる(一軒あたり800円)、さらにそのお店も結構いい所なので、3200円で日比谷・有楽町の色んなお店を回りたいという方にはうってつけかもしれません(次に開催されるかどうか分からないんですが)。



それと一緒に行った先輩、俺がチケット立て替えたまんまなので、万が一このブログを見てたら至急連絡を下さい(笑)。


もう一つだけ「写真を撮る男」シリーズを書くことがあるかもしれません。

そしてついに日本でも「iTunes Match」サービスがはじまったので、エレカシがどれだけ対応してるかも調べてみたいと思います。