エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

冬支度済まぬ寒き街を、まだまだエレカシは進む

フジテレビ、きくちPさんのブログによると、『僕らの音楽』用のエレカシ×曽我部恵一さんのリハーサル収録が今日行われたとのことです。そして週末は収録との記載があります。
恐らく12月18日のエレカシトリビュートアルバムがらみでのコラボで、いつオンエアされるかは分かりませんが、早ければ年内の20日か27日にオンエアされる可能性があります。

2013/12/13『僕らの音楽エレファントカシマシ×曽我部恵一 生演奏本人リハーサル
http://otogumi.fujitv.co.jp/lovekp/E20131213002.html

今回のトリビュートアルバムでは、曽我部恵一さんは「デーデ」をカバーしているため、もしかすると「デーデ」が『僕らの音楽』で流れる可能性もあると思います。
・・・そうなったら俺はテレビの前で何かしらを叫んでしまいそうです。なんだか分からないですが、そのぐらいの勢いです。どの曲が放送されるかはまだ分かりません。


(追記)
僕らの音楽』オンエアは来年1月17日オンエア予定とのことです。

はじまりました、2本目は1月17日金曜夜23時30分予定。
エレファントカシマシ1曲目もちろん「あなたへ」このあと曽我部恵一さんと、もう1曲。
http://otogumi.fujitv.co.jp/lovekp/E20131215001.html

そして同様にきくちPさんのTwitterによると、さらに「俺たちの明日」も披露。さらにプラスして木村さんとの『今宵の月のように』もトラックダウンし直して放送。
また『僕らの音楽』名物の対談は、こちらもエレカシの大ファンにして激シブな男である大杉漣さんとの対談とのことです。新春ライブ後にもスペシャルな楽しみが待ってそうです。



そしてトリビュートアルバムについては、ロッキング・オンのサイト「RO69」にて特設ページが開設され、全曲試聴出来るようになっています。


http://ro69.jp/feat/elephantkashimashi201312/


やっぱりコメントとして一番面白いのはグループ魂で、暴動さん(宮藤官九郎)の文章は惹かれるモノがあります。

グループ魂からのコメント
初めて見た1990年大宮フリークスでのライブは異様な空気が充満していました。
ギュウギュウの観客は棒立ちで、ただ固唾を飲んでステージを見つめている。
当時エレカシのライブは「歓声を上げてはいけない」という暗黙のルールがありました。
ギターの石くんがボリュームペダルを踏んだ時のシャーっていう小さなノイズすら聞こえました。
衝撃でした。
以来、都内のライブはなるべく足を運びました。
毎回ただただ圧倒されて、おっかない先生に怒られたような気分で家路につきました。
ゆうぽうとホールでのライブのあと。
同行した奥さんと「今日もすごかったね」と話しながら歩いて駅のホームに着くと、乗ろうとした山手線のドアがちょうど目の前で締まりました。
なんとなく車内を見たら、ドラムのトミさんが吊革に掴まっていました。
客より先に帰路につくアーティストを僕は初めて見ました。
で、なんでしたっけ。
選曲の理由ですね。
今回20曲近く候補を挙げたのですが、やはり決め手は、
「裸で歩けば怒られる 逮捕される」
という一行が秀逸すぎるから。です。
どんなに偉大なバンドでも、トリビュートするからには必ずコントから始める。
これがグループ魂のマナーです。
今回も、全国のエレカシファンを敵に回すつもりで頑張りました。
暴動(グループ魂)

そして「ふわふわ」のカバー試聴にもそれが入っていて、『裸で歩けば怒られる 逮捕される(なんでだよ!)』、サイコーの合いの手!
これはこの調子で「ふわふわ」を勢いよくドスンとカバーしてくれないかなと期待しています。コメントでも「宮本」ではなく「先生」と呼んでいたりするのはさすが。
クドカンさんは本当にエレカシ好きで、2004年の新春新宿コマでもノリノリなクドカンさんを見ましたし、コラムでも奧さんに「花男」を熱唱してたりと書いたり、エレカシ愛が溢れすぎています。


また個人的に聞き入ったのはChara×THE NOVEMBERSの「月夜の散歩」。女性が歌うとこうなるのか、という新鮮な驚き、そして「浩次氏」と新鮮な呼び方でコメントするCharaさん。
この曲も個人的には期待しています。


しかし、『僕らの音楽』出演は物凄く嬉しくて(MUSIC FAIRとは違った質感がありますよね)相当期待しているんですが、反面新春のリハもあるだろうし、先生体調大丈夫ですか?と少し心配してしまいます。


ちょうど一週間前ですね、12月7日付けの朝日新聞の土曜版『be on Saturday』を読んでいたら、「倍返しの本特集」みたいなページがありまして、「のぼうの城」文庫本の紹介。
その下には映画「のぼうの城」の主題歌としてエレカシが取り上げられていました。

こういう、「知らないで読んでたら急遽エレカシが出てた」って結構ドキッとするんですよ。
ほら、買う雑誌も「エレカシが出るから買う(読む)」というパターンが多いので、「たまたま読んでたらエレカシが出る」のはいい意味でちょっとビックリします。
そしてこちらの映画「のぼうの城」のTBSでの地上波オンエアも近いとのことなので、テレビで響き渡る「ズレてる方がいい」にも期待大です。





(Amazonアソシエイト)