エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

煙が霧にはなかなかならない。

週末は山中湖の奥に篭もって過ごしていました。

タバコをくゆらすロゴ先輩。どんだけ交友関係狭いんでしょうか俺は。
この光景を見ながら「煙が雲になるわけないよ」とか呟いてたらロゴ先輩は「おお、浮雲男か」「なんで知ってるんですか?」「SINGLESは全部知ってる」。


修理してたカメラが戻ってきて、一番に撮りたかったのは山中湖周辺によく出る霧。朝霧をバシッと撮りたいと思っていたら・・・。

いつもは霧で苦労するぐらいなのに、今回は基本的に天気よかったんです。じゃあ朝、早起きしてウロウロして写真撮ろうと思ったら、一緒に行った友達がスズメバチに刺されてしまい
調べてみると宿泊拠点の周りにスズメバチの巣が出来てまして、あまりウロウロ出来ず。友達は刺されたところをずっと冷やしていたら大事には至らずに本当に良かった。



山中湖は高速道路からも近く、この時期でも涼しくて、空気も綺麗で、いろんな合宿が行われるのも頷けます。
エレカシの数多くの楽曲もこの山中湖周辺で作られてますよね。またエレカシには「合宿」という言葉がよく似合う気がします。
メンバーやスタッフの方々の男臭い面子が(笑)、楽器ならして歌入れしてご飯食べて騒いで寝て練習して、肉体的に曲が出来ていくイメージです。
『ワインディングロード/東京からまんまで宇宙』プロモーションのためにMUSIC ON!TVのジョージさんの番組に出てきたときも山中湖からの帰りと言ってましたね。


ただ湖水は(大雨の影響もあったのかもしれませんが)そんなには澄んではなく、我が故郷、福島の猪苗代湖の方が圧倒的に綺麗だと思います。



切りたてのスイカ。



あっという間になくなるスイカ。



山中湖花の都公園なる所で。なんだか電器屋さんでよく見かけるデジカメかプリンターのサンプルのような写真ですね。
でもいいレンズやいい撮り方だと花粉の細かい所まで映るはずなんです。同じ花でもいいカメラといいレンズといい腕を持った蔦谷好位置さんが撮れば凄く綺麗だと思います。




撮っておいて何の花か調べるのを忘れてしまいました。ヒマワリも植えてあったのでこれからがシーズンのようです。



この状況の中では中々言いづらいんですが、野音は何とか中に入って聞くことができそうです。
コメント欄やTwitter見るだけでも競争率が凄くて、PAO先行予約で4日間やってもこれだけ落ちちゃう人が居るのか・・・、と思ってしまうんですが。
今回は東阪同時抽選でしたが、2010年に日比谷野音落ちた方を後日抽選だった大阪野音に優先的に割り振ってくれたように、今回も二次抽選的な何かが起こることを期待しています。


日比谷野音の一般発売は8月4日の午前10時から、大阪野音の一般発売は8月31日の午前10時からとなっています。
http://www.diskgarage.com/ticket/detail/no066632 (日比谷野音一日目)
http://www.diskgarage.com/ticket/detail/no066633 (日比谷野音二日目)
http://www.kyodo-osaka.co.jp/schedule/E011551-1.html (大阪野音両日)


明日は「JAPAN」発売日で「エレカシ宮本、復帰第一声!」というもう『待ちに待ってた見出し』が本屋さんに並びます。
またPAO会報も発送とのことで、タイトルの段階で笑みがこぼれるようないい特集のようです。


(Amazonアソシエイト)


まずは8月は活字媒体で宮本節復活の月になりそうです。そういう意味では明日から復帰の第二段階的な位置づけになるのかもしれません。