エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

って「めんどくせえ(仮) 2013.7.8 = the day after the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版」??

7月15日、渋谷のTOHOシネマズで「the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版」の二回目を見終えて、22時半ごろエレベーターに乗ってると
エレカシのオフィシャルさんが「めんどくせえ(仮)」などとよく分からないことを言ってらっしゃる。

現在進行ドキュメント「めんどくせえ(仮) 2013.7.8 = the day after the 劇場版」映像UP!! (2013.07.15 UP)

エレファントカシマシ 現在進行ドキュメント
「めんどくせえ(仮) 2013.7.8 = the day after the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版 」
監督:山下敦弘
「the fighting men's chronicle エレファントカシマシ 劇場版」の撮影が終了したあの日の後も、男たちの戦いは止まっていなかった!


映画編集終了後、上映も間近に迫った7月8日、監督山下は、久しぶりにエレファントカシマシのスタジオを訪れた。
そこには、野音での復活に向けて、次の作品に向けて、創作と鍛錬を重ねる4人の姿が在った。

映画の中では、まだ全体像の見えていなかった作りかけの新曲「めんどくせぇ(仮)」の進化版を聴いた山下が、そのド迫力を目の当たりにして、急遽スタッフを招集!
そして、激撮!

劇場版の続編とも、野音のプロローグとも言える、これが、生のエレカシ現在進行形!!


7月8日から野音、新曲までの新たなドキュメンタリーの制作が開始されているようです。
そして7月8日というと、タワレコ渋谷店から一時的に「タンゲマン・ストラト」が使用中のため消えていた時期でもあります。その謎(?)も続編で明らかになるんでしょうか。
まさか「使用中のため展示を休止しております」という表示も続編への前振り・伏線だったのか?今のエレカシだとあらゆる可能性がありそうです。


しかし14日のトークショーでは山下監督そんな様子は微塵も見せてなかったなあ。って中途半端に言うわけにもいかないのは当たり前なんですけど。
「もう続編の製作は正式決定してるけど、ここで発表するわけにはいかない」「とりあえず撮影してるけれど、まだ正式なOKが出てない」どちらかだったんでしょうか。


あくまで「今読むと」、『エレカシはどんどん進化して行ってる』『総括しないで、まとめないように作った』『野音がクライマックス』という趣旨の発言はしていて
続編を作る余地はあったように見えますが、あくまで「今読み返すと」です(笑)。少なくとも僕は山下監督に完全に騙されました。
質疑応答の場で「続編は?」という質問あったらどう答えたのか、今更ながらですけど(その質問すればよかった・・・)。


しかし「めんどくせえ(仮)」ですか、そりゃ先生沢山言ってたけど、それをそのまま仮タイトルにしてしまうことに、今のエレカシの激烈なテンションを感じる。
「納豆売り(仮)」でもよかったように思うんですが、それだと逆にそういうドキュメンタリー映画になりそうだ。そしてそのタイトルの映画ならちょっと見てみたい。


下半期は野音や新作の、どちらかというと正統派な音楽活動をガーッとやるのかと思いきや、映像分野でも25周年のお祭りは続きそうです。激烈です。


・・・そして野音のチケット以前に、まずチケット申し込みのサーバーに繋がりますように(リアルなお願い)。



「JAPAN」にも宮本浩次が戻ってきます。インタビュー掲載!