エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

同時代に生きている幸せ

宮本浩次はこの平成の現代の日本に生きている男である。


生きている以上、日々のニュース、その日の機嫌、思ったこと感じたことやらをレコーディングに、ライブに費やしている。
それらのアウトプットが聞いてる人は勿論、聞いてない人にも影響を与えて巡り巡って本人に返ってきて、それらがまた
巡り巡って世の中動かして、それらの循環の繰り返しで日常が巡って、それの延長線上に歴史があるんじゃないだろうか。


例えば宮本が良いライブをして「ドーンと行け!」と叫ぶ。それを聞いていた喫茶店の店長さんが「おし、ドンと行こう」と思う。
次の日のミーティングでハキハキと「今日も元気に行こう」と言う。それを見ていた店員の人が「店長の言うとおりやってみよう」と元気よく働く。
するとたまたまお客さんとして来ていた宮本浩次が「この店員さん応対いいなあ、俺もいい歌歌わなきゃな」と思ったりする。
(前回のサ店の続きじゃないですが、よく宮本は「こないだのサ店の店員さんの対応良くて嬉しくてね」とか言ったりする)。
そしてさらに張り切った宮本がさらにいい歌をライブやレコーディングで発揮して、それを聞いたお客さんが(以下とめどなく続く)。


こんな話は経済の流れの勉強として昔聞いた気がするんですが、世の中だってロックミュージシャンだって、数字でカウント出来ないだけで
こういう循環の繰り返しだと思うんです。誰かが誰かに影響を与えて、それが巡り巡って社会を作っていく。
上では喫茶店の店長さんを例に出してますが、誰だっていい。どんな人だって他の人に影響を与えない人なんていないんだから
その影響は人へ人へと巡って誰かに何かを届けるはず。


話を一番最初に戻すと、宮本浩次は生きている人間なのだから、今の作品や行動も日常や誰かの影響の積み重ねのはず。
「ワインディングロード/東京からまんまで宇宙」も「悪魔のささやき〜そして、心に火を灯す旅〜」からの日々の思いの集大成。
さらに次に出る新曲も、日々の思いの集大成のはず。宮本の想いが籠もりに籠もっているはずです。


これはお互い(歌い手と聞き手)両方が同時代に生きていないと味わえない醍醐味。
宮本が日常や恋人や家族やメンバーや社会等々から影響を受けてリアルタイムに曲を作り、ライブに精を出す。
生きている僕らも色んなものに影響を受けながら、CD聞いたりライブに行ったりして、エレカシから影響を受ける。
その影響の結果が社会に影響を与えるかもしれないし、それこそ宮本自身に影響を与えるかもしれない。それは誰にも分からない。


この循環の連鎖の結果が未来なんだと思うんですが、勿論嫌な循環もあれば良い循環もあり、時に泣けるほどに感動する循環もある。


まだこの循環は見ていたい。宮本がどんな影響を受け、どんな作品を世に出して、それがどう循環して連鎖していくか、まだまだ見ていたい。
そのためにはまだ生きて(エレカシに限らずなんですが)色んな作品を見聞きして、色んな人に会っていろんな循環を見たい。


なんだか堅い文章になってしまいましたが、たまたま今日で一年ということもあり、そんなことを思っていました。


生きられるだけは生きて、さらには気力体力あるうちは日々目一杯ドーンと行きたいです。


「宮本赤本」こと「明日に向かって歩け!」の序文部分より。

『俺たちは生きている。
 とりあえず俺は死ぬまで、すなわち寿命が果てるまで生きようと思っている。
 あなたはどうですか?
                         宮本 浩次』

(Amazonアソシエイト)