エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

宮本浩次が一人で出ればドキドキ 俺はhigh

タイトルは「精神暗黒街」より、このフレーズ大好きなんです。


本日はパワフルドラマー、トミこと冨永義之の45歳の誕生日。
そして金沢でのライブ、Twitterを見ていたらメンバーとの目撃談はおろか遭遇談もあってドキドキ。
城好き、城下町好きとしては金沢は一度は行かなければ。



昨日のニュース、オフィシャルより。

JAPAN JAM 2011 出演決定!! (追加情報更新)
5月3日(火・祝) Dragon Ashのステージに 宮本浩次が参加します!

最近どんだけ蜜月なんだ。あの人数倍キムズカシイ宮本が。
他アーティストに対し「顔見知りは多いんですけど仲良くないんですよねえ」と言っていた宮本が。
(ただし勿論エレカシをリスペクトしているバンドは多数)。
余程相性がいいというか、「ウマがあった」んでしょうねえ。


そして注目すべきはやはり「宮本浩次一人」。
Dragon Ashメインのステージに男・宮本が一人で乗り込む(ようだ)。


違う意味でもドキドキ、俺はhigh。


この記事を見て、前に渋谷のO-Eastでのイベントで宮本浩次がソロ出演した時のことを思い出す。
いつごろだっけ、と調べてみたら2004年1月15日、もう7年前だ。
(このライブハウス、凄いいかがわしい通りに面していて、違う意味でドキドキしたのも思い出す)。
当時のことブログに書いてたかなあ、とさらに調べてみたら書いてた。しかし異常に短い(笑)。
http://d.hatena.ne.jp/mpdstyle/20040115(新宿コマライブの二日後という日程だった)。
文中にあるように、ソロとは言え舞台袖には石君が居て、会場にはトミと成ちゃんがいたらしく
エレカシファミリーそろい踏み」だった。

また宮本が尋常じゃ無く落ち着きがなくて、しきりに帰ろうとするわ、ステージで戸惑うわで
違う意味でドキドキしたのをよく覚えている、やっぱりメンバーが居ないとダメだ、と。


やっぱり良くも悪くも(ちょっと言葉が悪いけれど、本人も言ってるように)内弁慶なんだと思う。
家族ぐらいにやってるメンバーとだともうリズムが出来上がっていて、どこに出ても大丈夫なんだろうけど
じゃあいざ一人でライブ、となるといつものリズムが完全に崩れちゃって、「あれ?」みたいな
状況になっちゃうんじゃないかと勝手に推測。


果たして今回はどうなるのか、舞台袖に石君は居るのか(笑)、こうなったらもう
「相棒です」って言って石君一緒に出ちゃうのもありだと思う。
そして、ということは勿論Dragon Ashのなにがしかの曲を歌うわけですよね。
「アウェー」な場所に乗り込んでいって、どのような化学反応が起こるのか、色んな意味で楽しみです。
(ってJAPAN JAM行けないんですが、いきなり行っちゃったりして・・・)。



5月3日に上記出演で、5日に本チャンの「仲井戸”CHABO”麗市さんと泉谷しげるさん」とのステージ。
これはゴールデンウィークはドキドキが止まらなさそうです。
おそらく音楽専門チャンネルかWOWOWで放送されるでしょうが、早めの放送を期待したいです。



浜松行きは断念、裏の時間に地味な勉強会に出てきます。
今回のツアーのこれまでの様子を見ると、熱狂は間違いないと思われるので
レアチケットを取って行かれる方はドーンと楽しんできて下さい!