エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

平常心

土曜からテレビを見て、新聞読んで、ネット(Twitter)を見て、の生活。
被災地からぽつぽつと届くメールや電話だけが支え。
そりゃテレビを消してエレカシでも映画でも聞いたり見たすれば良いんだろうけど
それはそれで不安になってしまうという生活。



実家の台所はこの程度で済みました。
今は電気も水道も復活して、電話も徐々に繋がるようになり、足りないのはガソリンとのこと。


月曜は職場は自宅待機でしたが、今日はぼちぼち仕事をしてきました。
こういう言い方はあれですが、仕事をしてると少しは気が紛れるというか、不安は消える。
けれどニュースを見ると原発で避難地域が拡大とのこと。実家も近い。
実家の避難のお話も頂いたのですが、父親は仕事もあり動く気は無いらしい。
(というかガソリンがないのでそもそも物理的に動けないらしいけれど)。


もうこうなったら東京に居る以上、節電をして、でも経済活動はして募金でもするしかない。


被災地以外の皆様は是非「必要以上の買いだめ」、特にガソリンは買わないで欲しいです。
製油所も復興の動きが出てきて、来週になれば需要と供給のバランスはちゃんと取れます。
生活物資とガソリンは被災地に廻るよう何とかしてほしいです。


被災地が復興されてきたら、岩手・宮城・福島のモノをガンガン買って欲しい。
特に農産・海産物は風評被害が出るでしょうが、安全と証明されたら躊躇なく買って貰いたいです。


すっかり「普通の日々」は消え去ってしまったけれど、少しでも平常心を持って
「明るい明日」を願ってやまないです。



ポスター貼っておきます。



エレカシ話。
GO!FES!はあえなく中止となりました。
「悪魔のささやき」ツアーも日程と場所を見ると開催が厳しいかもしれません。
でも、会場の安全と節電その他諸々が解決したらむしろドーンとやって欲しい。
特に4月5日の水戸、7日の盛岡、9日の青森なんかは一見厳しいだろうけれど
ここで宮本始めエレカシが現れて、「みんな、負けるなよ!」なんて言いながら
生命力に溢れる歌を歌ってくれたら現地の人はどんなに励まされるだろうか。
(これを書いてその絵を想像しただけで自分で泣いてしまった・・・)。
宮本は職業ロック歌手、エレファントカシマシは本業がロックバンドなのだから
変な自粛・不謹慎ムードに惑わされずに、プロとして使命を全うしてほしい。
そうなったら俺はもうチケットのモギリでも会場整理でも何でも駆けつけます。


今が力の出しどころだ。
頼んだ、エレファントカシマシ宮本浩次石森敏行高緑成治冨永義之
(ツアーに来るか分からないけど)蔦谷好位置ヒラマミキオ
(上の二人は初めて呼び捨てにしてしまった・・・)
フェイスミュージックエンタテインメント、ユニバーサルミュージック
持ち前の才能と力強い気合いで最高の音楽を掻き鳴らしてくれ。