エレカシブログ 俺の道

ロックバンド・エレファントカシマシのファンブログ

今更ながら「幸せよ、この指にとまれ」が無茶苦茶良い

10日も更新してなかったですね。


先週は風邪を引いていたら終わってしまったような感覚。
医者に行って薬貰ったらバカみたいに効くんですよ、恐るべきは西洋医学。
あとは仕事外でひらすらパソコンを直す作業。朝までオレくたくたよ・・・。


家にいてひらすら横になって本を読みながらHDDのエレカシの映像を見ていた。
もうね、「幸せよ、この指にとまれ」が光り輝いて見えるんですよ。
アラバキも、JAPAN JAMも、野音も、どのライブを見ても「幸せよ」が
ハッピーに、そして光って見える。
なんでしょうか、やっぱり「作ってる時の波動がいい」(C)宮本浩次、なのか
作り手が(恐らくは)幸せな時に作った曲はオーディエンスにもしっかり届いて
聞き手もハッピーになれるんじゃないか、そんな気がします。
NTT東日本のCMもすぐ終わっちゃいましたけど、もっと流してほしかったですね。



あとは最近「武蔵野」をとみに聞いています。
宮本は武蔵野、東京、昔の江戸の風景を思いながら作ったのかも知れませんが
これは日本の田舎の風景によく合うと思うんです。
『武蔵野の川の向こう 乾いた土 俺達は 確かに生きている』。
そんなメロディを流しっぱなしにしながら、自分が撮った神社仏閣の写真や
ネットに転がってる田舎のいい風景などを見て楽しんでたりします。
・・・年なんですかねえ。
毎年宮本が野音で「武蔵野」を歌いながら泣いているのを見て、昔はその意味が
あまり分からなかったのですが、もしかしたら最近少しずつ分かりつつあるかも
しれません。勿論作った宮本の何百分の一ぐらいしかその感覚は分からないでしょうが
年齢を重ねるにつれて、明らかに「武蔵野」がよく聞こえてきてます。


今週末開催のフジテレビFACTORYに行くかも知れません。
その時は(長丁場ですが)せめてエレカシの模様ぐらいは書きたいです。
が、まだ行くかどうかも未定なので期待しないで下さい。
【追記】
FACTORY行けなくなってしまいました。行ける方はドーンと楽しんできて下さい!